ヘッダー

ストレートネック

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック矯正・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしん

(鍼灸整骨院いっしん併設)です。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は

「いっしん 長崎支店を出してください!」

 

こんな会話が出たのは

1リーグ V・ファーレン長崎

で活躍している中原 彰吾選手を治療している時。

 

ゴールデンウィークに行われた

長居でのセレッソ大阪戦の為に

大阪へ来ていた中原選手。

 

 

試合に向けて

コンデション調整と

体の軸を調整するために

骨格矯正を受けに来られました。

 

昨シーズンの終盤も

前所属チームのガンバ大阪で先発出場も多かったですが、

今シーズン移籍した長崎でも

レギュラーを勝ち取っています!!

 

ご縁のある選手が活躍してくれるのは

嬉しい限りです♪

 

 

中原選手いわく

骨格矯正を当院で受けてから

体の軸が安定しやすくなり

足の痛みも感じなくなった

との事。

 

冒頭の

「いっしん 長崎支店を出してください!」

いう会話は、

練習や試合で

なかなか当院まで来る時間を作れないからだそうです。

 

 

こんな事を言ってもらえるのは

治療家冥利に尽きる!

というもの。

 

 

今すぐご期待に沿うことはできませんが

ご来院頂いた時は

全力でサポートさせてもらいますよ!!

 

 

これからも私達は中原選手を応援しています!!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん(はり・きゅう・整骨院併設)

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック矯正・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしん

(鍼灸整骨院いっしん併設)です。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は

「寝違いが治りました!(ガンバ大阪 初瀬 亮選手)」

 

まずは、写真を。

おしゃれなメガネをかけて写っているのは

ガンバ大阪に所属するJリーガー

初瀬亮選手!!

U21日本代表でもあり

一度 フル代表にも召集されました。

 

現在 当院で治療中なのですが

初めて来院された時に

”寝違い”を患っており

首の痛みが強い状態でした。

 

 

骨格のバランスを検査してみると

全体的な歪みが確認されました。

 

そこで、歪みを正すために

骨格矯正を施しました。

 

その初回の治療前後の写真が↓

写真のポイントは            

耳・肩峰(肩の外側)・大転子(股関節の外側)・腓骨頭(膝の外側)・外くるぶしの5点。             

正しい姿勢というのは、地面に対して外くるぶしを通る垂直な線(青色の線)に、この5点が全て乗っている状態です。                

 

 

姿勢が変わっているのが分かりますよね!

 

骨格が歪むと、関節や筋肉に掛かる負担が大きく

寝違いの原因にもなります。

 

特に、寝違いが癖になっている方は

骨格 特に頚椎(首)の歪みを

専門家に診てもらってください。

 

頚椎の歪みが改善されると

癖になっている寝違いもなくなる可能性が高いですから!

 

 

初瀬選手も、治療を重ねるたびに

歪みが整ってきてくれています!

 

これからの日本サッカーを頼んだぞ!!

いっしんは、全力でサポートさせてもらいますよ!

 

 

骨格矯正サロンいっしん(はり・きゅう・整骨院併設)

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック矯正・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしん

(鍼灸整骨院いっしん併設)です。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は

「めまい と 首の関係」

 

めまいには、様々な原因があります。

めまいが発症すると

まず耳鼻科を訪れる人が多いでしょう。

 

耳鼻科での診断として多いのは

・良性発作性頭位めまい症

(耳石が三半規管へ落ち、めまいが起きる病態)

・メニエール病

(めまいや吐き気が繰り返し起きる病態で、耳鳴りや難聴を併発する場合が多い)

この2つが多いのでは?

 

上記の2疾患も含めて

めまいは首との関係が非常に深いのをご存知ですか?

 

頚性めまい

と呼ばれたりします。

頚とは首と同義語。

 

首の関節や筋肉が原因で起こるめまいを

頚性めまいと呼びます。

 

頚性めまいは

首の関節の歪みから起きるものと

首の筋肉が緊張状態(固くなる)になって起きるものとあります。

 

①首の関節が歪むと

 三半規管など平衡感覚を司る神経が圧迫され

 平衡感覚が崩れてめまいが起きます。

 

②首の筋肉が緊張すると

 周囲の血管が圧迫され

 耳への血流が悪化し

 三半規管が正常に働かなくなり

 めまいが起きます。

 

このどちらのケースも、

当院で施している骨格矯正が非常に有効です。

 

先日も山口県から

めまいと耳鳴りでお悩みの方が来院されました。

4回の骨格矯正で

めまいも耳鳴りも消えて

山口県に帰られました。

 

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

めまいが気になる方は

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

頚椎矯正・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

少しずつメジャーになりつつありますね!

”ストレートネック”という

頚椎の歪み。

 

このストレートネックとは、

頚椎(首)を側面から見た際の

歪み方の一種。

↑の写真がストレートネックと呼ばれる状態。

 

ちなみに↓の写真が歪みの無い正常な頚椎の配列です。

違いが分かりますか?

 

歪みの無い頚椎は

側面から見ると前方にカーブしています。

 

なぜかというと

重たい頭をバランスよく支えるため。

 

頭の重さって結構重たいんですよ!

だいたい体重の1割といわれています。

 

体重40㎏の方の頭の重量は約4㎏。

体重60㎏の方の頭の重量は約6㎏。

 

2ℓのお水のペットボトルは約2㎏。

これを2~3本片手で持っているのを想像してください。

結構 重たいですよね。

 

これだけの重たさを頚椎で支えている訳です。

 

寝ている時以外

立っていても座っていても

頚椎で重たい頭を

重力に逆らって支えています。

 

この時に、頚椎に前方へのカーブがある事で

頭の重みを逃がしているんです。

 

 

しかし、ストレートネックになってしまうと

頭の重さを逃がすことができません。

この影響で、

骨や関節への負担が増えてしまう上に、

その負担を支えるために

首~肩の筋肉の頑張り度が上がってしまうんです。

 

結果

首や肩の筋肉への負担が大きくなり

慢性的な首・肩のコリが出来てしまうんですね。

 

 

 

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

肩こり・ストレートネックが気になる方は

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は前回の続き

「朝起きたら首や肩が痛い!」

 

     

このケースの場合 原因として考えられるのは

大多数が以下の2つだと前回のブログに書きました。

①ストレートネックなど頚椎に歪みがある

②枕が合っていない

 

本日は②枕が合っていない。

 

について書いていきます。

 

 

睡眠時間は人それぞれだと思います。

が、1日の中でも結構な割合で

睡眠の為に時間を費やしていますよね。

 

睡眠という行為には様々な役割がありますが

その中でも最も大切なのが

身体機能を回復させる(休ませる)事。

 

休ませるという事は

出来るだけリラックスできる環境を

作ってあげるのが大切です。

 

その為に寝具選びも重要になってきます。

 

首や肩に関して特に重要なのが枕。

枕は、睡眠時に首や肩を支える役割をしています。

これが上手くできないと

せっかく身体を休めているのに

休められません。

 

枕に関しては、

どの枕が良い?

ではなく

どの枕が自分に合っているか?

が重要になってきます。

 

枕で重要なのは、

自分に合った

形状

素材。

 

特に形状が重要です。

首や肩をリラックスさせるためには

頚椎

後頭骨

頭全体

を支える必要があります。

 

この3点をバランスよく支えるには

あなたの頚椎や頭の配列や形に合っていなければなりません。

 

枕を選ぶ際は、

上記の事が分かっている専門家に

作ってもらってください。

 

また、頚椎の配列などは

日常生活の癖や

交通事故などの衝撃

で変わる事もしばしば。

 

なので、できれば

高さの調整ができるタイプの枕がお勧めです。

 

 

当院でも、オーダーメードの枕を

作ることは可能です。

お気軽にご相談ください。

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日のブログは

「朝起きたら首や肩が痛い!」

 

朝起きた時から首や肩が痛く、

起床後も痛みが引かず

首や肩を動かせない状態は寝違えと呼ばれます。

 

寝違えに関しては以前のブログにも書いたので

それをご参照下さい。

 

本日は、

朝起きた時に首や肩が痛く

起床後 動いていると少しずつ痛みが

軽くなってくるケースについて

書いていきますね.

        原因は?      

このケースの場合 原因として考えられるのは

大多数が以下の2つです。

①ストレートネックなど頚椎に歪みがある

②枕が合っていない

 

①に関しては、このブログをお読みの方は

分かり易いと思います。

 

頚椎に歪みがあると

首や肩の筋肉や関節にかかる負荷が

大きくなります。

 

そんな状態と合わせて

体温も関係してきます。

 

体温は睡眠に入ると

段々下がってきます。

 

そして、起床前の体温が

一番低くなっているんですね。

 

頚椎の歪みにより

首・肩の筋肉や関節が柔軟性を失っている上に

体温が下がっている事で

更に柔軟性が無くなっているんです。

 

この為 起床時に首や肩の痛みを感じます。

起床後に動いていると痛みが軽減してくるのは

体温が上昇してくるから。

 

体温の上昇と共に

首や肩の筋肉などの柔軟性が回復し

痛みが軽くなっていくんです。

 

 

次に②の枕が合っていない。

 

これに関しては、次回のブログに書いていきますね。

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

肩こり専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は前回に引き続き

『巻き肩』に関するお話を。

 

 

上写真の左側が巻き肩の状態です。

(詳しくは前回のブログを参照して下さい)

上の写真は、J1リーグで活躍しているプロサッカー選手の

1回目の施術前後を比較したもの。

 

巻き肩になると

健康・美容面で様々なトラブルを引き起こす

可能性が出てくるんですね。

 

では、なぜ巻き肩になってしまうのか?

 

大きく分けると2つの原因が考えられます。

1:交通事故や転倒などの衝撃

交通事故や転倒など何らかの衝撃があると

頚椎が歪みます。

ストレートネックや前頭などの歪みがあると

頭が前方に出るような歪みになり

肩も前方に出てきてしまいます。

 

2:日常姿勢での不良姿勢

日常姿勢で多いのが

ソファーの肘置きを枕にして仰向けに寝る

高い枕を使っている

スマホやタブレット使用時に頭を垂れ下げて見ている

というような体勢・姿勢です。

仕事をしている時だと

パソコンの長時間使用。

パソコン使用時は、腕を前方に出して

作業をしますよね。

この姿勢が続く事で巻き肩になってきます。

 

事故や転倒は気を付けていても

防ぎきれない時もありますが、

日常姿勢は気を付ける事が出来ます。

 

このブログを読んだことをきっかけに

その辺りを気を付けて頂けると幸いです。

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

巻き肩や姿勢の悪さが気になったら

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

肩こり専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は『巻き肩』に関するお話を。

 

巻き肩とは

横から見て肩の位置が前方に入っている

不良姿勢の一つです。

 

簡単なチェック方法として

ご自身で鏡を見てもらうか

身近な人に下のように

写真を横から撮ってもらって下さい。

上写真の左側が巻き肩の状態です。

本来 側面から見ると

地面から外くるぶしを通る垂直の線(青色の線)

の真上に肩も乗っていないといけないんです。

 

この青色の線よりも前側に来ている状態が

いわゆる巻き肩と呼ばれる状態です。

 

上の写真は、J1リーグで活躍しているプロサッカー選手の

1回目の施術前後を比較したもの。

 

右側を見てみると

まだ若干肩の位置が前方に残っていますが

かなり青色の線に近づいているのが分かると思います。

 

この巻き肩になると

・肩こりが酷い

・腕が挙がりにくい

・背中が痛む

・呼吸が浅くなる

など症状が起きる原因になります。

 

またこれら健康面での不調だけでなく

美容面でも様々なトラブルが出てきます。

・姿勢が悪く、自信がないように見える

・ポッコリお腹になり易い

・お尻が垂れやすい

・下半身太りになり易い

などの原因になる事も。

 

次回は、なぜ巻き肩になるのか?

その辺りの説明を書いていきますね。

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

巻き肩や姿勢の悪さが気になったら

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

交通事故専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

当院は、整骨院も併設しております。

また、交通事故専門の施術も行っているので

交通事故に遭ってしまった患者様も

来院されています。

 

この時期になると、

交通事故によるケガで来院される方が

増えてくるんですね。

 

年末は、忙しい方が多いからか

運転中の不注意や

スピードの出し過ぎ、

凍結時のスリップ

などが増える影響でしょう。

 

交通事故時のケガで多いのが

『むち打ち』

と呼ばれる首の捻挫です。

 

なぜ『むち打ち』と呼ばれるか?

車に乗っている時に追突される、

自転車に乗っていて車と追突、

歩いている時にバイクと衝突

など、様々な交通事故がありますが、

この際に首を捻挫してしまうんですね。

 

 

頭の重量って、とっても重たいのはご存知ですか?

だいたい体重の1/10の重量があるといわれています。

体重が60kgの人で6kg

体重が50kgの人で5kg

の重量が頭にあります。

 

これだけの重たさがあるので、

事故時には頭の重みで

首にムチがしなるような

負担がかかるんですね。

 

これから『むち打ち』

と呼ばれるようになったんです。

 

 

この『むち打ち』を患った際は

大なり小なり頚椎(首)に歪みが生じます。

この歪みを専門家に矯正してもらわないと

一時的にむち打ちの痛みが落ち着いても

将来的に何らかの症状を誘発する根本原因になってしまいます。

 

 

事故後すぐに痛みが出なくても、

骨格の専門家に頚椎の状態を診てもらって下さい。

痛みが酷くなくても、頚椎に歪みがあれば

将来的にあなたの健康を脅かす可能性が高いです。

 

もちろん

当院は頚椎の専門家ですので

その辺りの検査や治療をさせて頂きます。

お気軽にご相談下さいね!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回は『子供の頭痛』についてのお話を書きました

 

頚椎が歪むと下記の2種類の原因から頭痛が発症する事があります。

・椎骨動脈の血流悪化による頭痛

・ストレートネックによる首・肩の筋緊張による頭痛

 

今回はストレートネックによる首・肩の筋緊張による頭痛について書いていきますね!

 

ストレートネックってお聞きになられて事がありますか?

頚椎(首)は、横から見ると前方(顔側)にカーブしているのが正常な配列です。

ストレートネックは、前方へのカーブが無くなり

真っ直ぐになっていう歪みです。

 

首を含めた背骨は、真っ直ぐが正しいんじゃないの?

なんて声が聞こえてきそうですね。

 

確かに背骨を正面から見た時に

真っ直ぐになっているのは正しい配列です。

しかし、側面からみた際は

頚椎で前方へのカーブ

胸椎で後ろ側へのカーブ

腰椎で前方へのカーブ

というS字カーブが正常な配列なんです。

 

 

これは、重力という垂直にかかる力に対して

二本足で立ったり歩いたりする為に

S字カーブが必要なんです。

 

側面から見て背骨が真っすぐだと

身体の重みがダイレクトに関節や筋肉などにかかってしまいます。

 

この重みを逃がす為にS字カーブが必要という訳です。

 

 

 

ストレートネックになると、ほとんどの場合

猫背もセットで出てくる歪みです。

 

 

ストレートネックや猫背という歪みが発症すると

首や肩の筋肉に対する負担が大きくなってしまいます。

 

この為、肩や首の筋肉に異常なコリが出来て

脳を含めた頭部への血流が悪化し頭痛が発症するんです。

 

最近は、姿勢の悪い子供達が増えています。

スマホやタブレット・ゲーム機などの影響も大きいでしょう。

それ以外に、運動不足も関係してきます。

この辺りは、またの機会に書こうと思いますが、

お子さんの姿勢には十分気を付けてあげて下さい。

 

私も一時の父なので、お子さんが辛い思いをしているのを

見ていられない気持ちが分かります。

 

もし、あなたの大切なお子さんが頭痛がちょくちょく出るようであれば、頚椎の歪みを専門家に診てもらって下さい。

 

もちろん当院でもご相談は承ります!

お気軽に書きお電話番号におかけ下さいね!!

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『子供の頭痛』についてのお話。

 

当院には、幼稚園児や小学生も来院しています。

その中でも病院で原因不明だった

頭痛を改善するためにやってくる子が多いですね。

 

お子さんが

頭が痛い!』と訴えて

すぐに当院に来るケースは少ないですね。

 

子供の頭痛』というと

インフルエンザ風邪などの病気が原因のケースが多いですし

蓄膿と呼ばれる副鼻腔炎なんかのケースもあります。

 

それ以外にも急性脳炎や髄膜炎・脳腫瘍など

非常に怖い病気の可能性も少なからずあります。

 

 

なので、お子さんが頭痛を訴えたら

小児科や頭痛外来などを受診するのが

最初に取らなければいけない親御さんの行動です。

 

 

これらの病気の可能性が検査の上でなく

「特に異常は見つからない」

と医師から診断された場合は

当院が大切なお子さんの頭痛を改善する

サポートができる可能性が高いです。

 

 

病院で原因が見つからないのに

「何でいっしんで治るの?」

と思われる方も多いのでは?

 

 

これは、お子さんの頭痛が

骨格の歪みに根本原因があるケースが多いからなんです。

当院は、骨格の歪みを正すのが専門です。

 

病院では、骨格の歪みを専門にされている先生が

非常に少ないんですね。

なので「原因不明の頭痛」

なんて言われたりする訳です。

 

 

お子さんの頭痛では、

日常の姿勢の悪さや

転落や転倒時の衝撃による

頚椎(首)の歪み

が根本原因になっているケースが多いんです。

 

お子さんの頭痛を取り除くためには

ここの歪みを徹底的に分析する事が

スタートラインです。

 

 

分析結果上 お子さんが頭痛に悩まされる原因として

・椎骨動脈の血流悪化による頭痛

・ストレートネックによる首・肩の筋緊張による頭痛

この2種類が多いです。

 

少し長くなってきたので

詳細は、次回のブログに書いていきますね!

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回のブログで

睡眠の質が下がるのは

自律神経のバランスが崩れる

事が最も多い原因だと書きました。

 

 

当院の施術を受ける事で

「夜中に目が覚めなくなりました!」

「寝つきが良くなりました!!」

「朝 スッキリ起きれるようになりました!!」

など睡眠の質が上がるご感想をたくさん頂きます。

 

 

では、なぜ当院の施術で睡眠の質が上がる方が多いのか?

 

 

それは、

首(頚椎)の歪みを矯正するのが

当院の専門分野だからです。

 

頚椎と自律神経は密接な関係にあるんです。

特に上部頚椎と呼ばれる

頚椎の上の方が歪むと

自律神経のバランスが崩れてくるんですね。

 

 

当院の施術で頚椎の歪みが改善してくると

自律神経のバランスも安定し

睡眠の質が上がってくるという訳です。

 

やはり質の良い睡眠がとれなければ

疲労が取れないだけでなく

集中力が落ちてきたり

イライラし易かったり・・・

ビジネスマンの方なんかは仕事の効率も下がってしまいます。

アスリートは、疲労が回復しきらない環境だと

ケガもし易くなりますし

集中力の欠如からパフォーマンスも下がってしまいます。

 

 

当院に来院しているJリーガーなんかも

睡眠の質が上がりパフォーマンスが上がってきた

と喜んでくれています。

 

 

最近は睡眠の質を上げる為に

寝具を変える

寝る90分前にお風呂に入る

スマホなどのブルーライトを出来るだけ浴びない

など様々な方法がメディアなどで言われていますが

これらの方法を試しても変化がない場合は

頚椎の歪みを専門家に診てもらって下さいね!

 

もちろん当院でもご相談を承っております。

お気軽にご相談下さい!!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

皆さん しっかりと寝ていますか?

皆様もご存知の通り

睡眠って健康の為にはとても

大切なファクターですよね。

 

肉体的な疲労・精神的な疲労が蓄積すれば

健康を維持する事が難しくなってきます。

 

 

この肉体的・精神的な疲労を回復するのには

良質な睡眠が必須です。

 

 

最近多くの患者様方から

「寝ても疲れが取れないんです。」

「夜中に何回も目が覚めるんです」

「寝付くのに時間が掛かって・・・」

「お昼間に眠たくて・・・」

などのご相談を頂きます。

上記のような睡眠にまつわるお悩みは

自律神経との関係が深いんですね。

 

質の良い睡眠をとる為には、

自律神経のバランスを

交感神経優位から副交感神経優位

に変わっていく必要があるんです。

 

 

以前にも書いたと思いますが、

自律神経に関して簡単に説明しますね。

 

自律神経には、前述の

交感神経と副交感神経の

2種類に分類されます。

 

それぞれの役割として

交感神経:身体機能を活発に働かせる

副交感神経:身体機能を休めて回復させる

が大きな役割になります。

 

なので、就寝前から

交感神経優位から副交感神経優位

に変わっていく必要があるんです。

 

このサイクルが失われると

質の良い睡眠が取れず

寝ても疲れが取れなくなってしまうんですね。

 

当院の施術を受ける事で

上記のようなお悩みが改善される事が多いんです。

それはなぜか?

詳細は次回のブログに書いていきますね!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087


 

「自転車でこけてしまって治らなかった腰痛がいつの間にか軽減していきました!(全身の歪み)」

  M.K様 (33歳 男性)

拡大は↑click

  

①年齢・性別・お名前もしくはイニシャル・お住まい・ご職業を教えて下さい。

33才・男・M.K

 

②最初は、どの様なお悩み(症状)がありましたか?

自転車乗っている時に転んでしまい

腰に痛みがありました。

 

③当院に通院されて痛みなどのお悩みは、どのように改善(変化)してきましたか?

腰の痛みがいつの間にか軽減していきました。

 

④お悩みが改善されて良かった事や嬉しかった事はありますか?

痛みを気にせず運動が出来るようになり嬉しいです。

 

⑤同じようなお悩みをお持ちの方にメッセージやアドバイスをお願いします。

レントゲンの画像を用いて説明して下さるので、

自分の体の経過がわかり易くおすすめです。

 

⑥当院に通院されてのご感想やご意見があればお書きください。

腰以外にも全身の歪みが多数ある事が判明しましたが、

今度はこれらを改善していきたいです。

引き続き宜しくお願いします。

 

 


 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回は『ストレートランバーのリスク』について書きました。

 

本日は『ストレートランバーになる原因の考察』について書いていこうと思います。

 

原因は、大きく分けると3つ考えられます。

①   衝撃

②   重量物を持つ事が多い

③   日常姿勢の癖

 

まず①の衝撃ですが、

これで最も多いのが『尻もち』。

 

尻もちをつくと、骨盤の後傾方向に負荷がかかります。

この為、骨盤の後傾と共にストレートランバーの歪みになると考えられます。

 

次に②重量物を持つ事が多い。

重量物を持つ時は、どうしても腰が前傾姿勢になります。

この時にかかる負荷が続くと、

腰椎の前方へのカーブが段々と少なくなり

ストレートランバーになってしまいます。

 

最後に③日常姿勢の癖。

これで、最も多いのは

イスに浅く座る姿勢。

地べたに座る際にも、ソファーや壁にもたれる時など

もそうですが、

この様な姿勢になると骨盤が後傾した状態になります。

 

骨盤の後傾姿勢が続く事で

ストレートランバーになるリスクが上がってきてしまいます。

 

 

前回のブログにも書きましたが

ストレートランバーが原因で

腰椎椎間板ヘルニアや腰痛・膝痛を患うリスクが高くなってしまいます。

 

上記の3つには気を付けて

ストレートランバーにならないように気を付けて下さいね!

 

もし、すでにストレートランバーになってしまっている場合は

すぐに当院にご相談下さい。

 

早期の治療が早期改善への近道です。

骨格矯正の専門家である私達が

あなたの骨格の歪みを矯正し

健康を取り戻すサポートをさせて頂きます!!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回のブログでは

『ストレートネックじゃなくストレートランバー!?』について

書いてきました。

 

頚椎同様 腰椎も側面からみると

前方にカーブしている配列が正常です。

 

この前方へのカーブがなくなり

真っ直ぐになっている状態を

ストレートランバーと呼びます。

 

本日は、ストレートランバーという歪みを患ってしまった際の

リスクを書いていきますね。

 

ストレートランバーになってしまうと

腰への負担が大きくなってしまい

腰痛や椎間板ヘルニアを患うリスクが高まります。

 

腰椎が前方にカーブしている事で

腰への負担を逃がす事が出来るのですが

ストレートランバーになってしまう事で

上半身の負担を逃がす事が出来なくなってしまうんですね。

 

この為、椎間板への負荷が大きくなると

椎間板が飛び出て“腰椎椎間板ヘルニア”を患うリスクが高まります。

 

 

また、腰にかかる負担を逃がす事が出来なくなると

腰の筋肉が頑張らなければ

上半身を支える事が出来なくなってしまいます。

 

頑張り過ぎた腰の筋肉は、柔軟性を失い

硬くなってしまうんです。

これが、腰の重さ(鈍痛)や痛みの原因になってきます。

 

また、ストレートランバー=骨盤の後傾

となります。

骨盤が後傾していると膝への負担も大きくなってきます。

この為、膝痛の根本原因になってしまう事も・・・

 

これら以外にもストレートランバーを患った際のリスクは

色々と考えられますが、

代表的なものを書いておきました。

 

当院では、ストレートランバーによる

腰痛・椎間板ヘルニア・膝痛の治療を行っています。

 

早期回復の為には早期治療が最も大切です。

現在、ご相談は無料でさせて頂いております!

お悩みの方は、当院にすぐご相談下さい。

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『ストレートネックじゃなくストレートランバー!?』について。

最近は、メディアなどでも取り上げられる事が多くなってきた

ストレートネック。

 

頚椎(首の骨)は側面からみた際に

前方へカーブしていなければいけません。

 

ストレートネックとは、この前方へのカーブが消失し

側面からみた際に真っ直ぐの配列になっている状態です。

 

 

頚椎の前方へのカーブが必要な理由で

最も大切な事が

頭をバランスよく支える事。

 

 

人間が二足歩行をする為には

重力に逆らって二本脚で立つ必要があります。

 

重力は、地面に対して垂直にかかる力。

ストレートネックという歪みを患うと

頭の重みを逃がす事が出来ず

ダイレクトに頚椎や椎間板へかかってしまいます。

 

この為、様々な症状の根本原因になってくるんです。

 

 

この流れから、表題にもある

ストレートランバー

のご説明も。

 

ランバーはLumbar

と表記します。

 

医学英語で“腰椎”を表します。

 

ストレートランバーは、ストレートネックと似た意味で

側面から腰椎をみた際に

真っ直ぐになっている歪みをいいます。

 

 

腰椎も側面からみると

前側(お腹側)にカーブしているのが正常です。

 

これは、頚椎と同じで二足歩行する際に

上半身の重みを逃がす為に

前方へのカーブが必要なんですね。

 

前方へのカーブがなくなり

ストレートランバーになってしまうと

腰への負担が大きくなってしまいます。

 

 

ストレートネックとストレートランバーに関する簡単な説明は以上です。

 

次回は、ストレートランバーになってしまった際に

どの様なリスクがあるのか?

について書いていきますね。

 

 

 

当院にもストレートランバーでお悩みの方が多数来院されています。

早期回復の為には早期治療が最も大切です。

お悩みの方は、当院にすぐご相談下さい。

現在、ご相談は無料でさせて頂いております!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

先週のブログでは

『手の痺れ 頚肩腕症候群』について

書いてきました。

 

この『頚肩腕症候群』の原因を

骨格矯正の視点から考察していきたいと思います。

 

最近では、お仕事上で

パソコン・タブレットを使用する方が増えていますね。

 

これ以外にも、プライベートを含めて

スマートフォンの利用者も増加し続けています。

 

これらの使用時の姿勢が原因になっている事が非常に多いんですね。

 

パソコン使用時に関しては、

腕を常に中途半端高さで挙げています。

これが大きな負荷に。

 

腕の重量って結構重たいんです。

その重たい腕を挙げた状態で支える為には

肩甲骨周囲の筋肉が頑張らなければいけません。

この積み重ねが頚肩腕症候群を発症させる事もあります。

 

 

次にスマホやタブレットですが、

これも使用時の姿勢が関係しています。

 

電車などに乗っていると

上の写真のような姿勢でスマホ・タブレットを

使っている人を見ない日はありませんよね。

 

 

この姿勢の何が悪いかというと

『頭を垂れ下げた』姿勢。

 

 

頭って、かなり重たいのは聞いた事がありますかね?

体型などによっても異なりますが

平均すると体重の1/10の重量だといわれています。

 

体重が50kgの人で5 kg。

体重が60 kgの人は6 kg。

 

生まれたての赤ちゃんの体重は約3 kg前後だと考えると

2人分の重たさ・・・

こう理解して頂くと頭の重さがわかると思います。

 

それだけ重たい頭を上写真のように垂れ下げた際に

負担がかかるのが首~背中。

もちろん、負担が大きくなれば首~背中の筋肉が疲労し

頑固なコリの原因になってきます。

 

また、頚椎(首の骨)への負荷も大きくなる事で

ストレートネックという歪みを発症する原因にもなりえます。

ストレートネックに関する詳しいお話は、

また今度書いていきますが

頚肩腕症候群の根本原因は

このストレートネックに由来する事も多いんですね。

 

当院では、ストレートネックを含めた

頚椎の歪みと、首~肩の筋肉バランスを整える事で

頚肩腕症候群の治療を行っていきます。

 

当院にも頚肩腕症候群でお悩みの方が多数来院されています。

早期回復の為には早期治療が最も大切です。

お悩みの方は、当院にすぐご相談下さい。

現在、ご相談は無料でさせて頂いております!

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『手の痺れ 頚肩腕症候群』について書いていこうと思います。

 

まず『頚肩腕症候群』がどんな病態か?

について書いていきますね。

 

まず症状として首(頚部)・肩・背部・腕にかけての痛みや異常感覚を感じます。

異常感覚の代表的なのが『痺れ』。

痺れとは、ピリピリした感覚と感じる方もいれば、ビリビリした感覚、虫が這うような感覚という表現をされる方もいます。

長時間 正座をした後に「足がしびれた・・・」

あの感覚も痺れに該当します。

 

これらの症状を感じる他の疾患でいうと

・変形性頚椎症

・頚椎椎間板ヘルニア

・胸郭出口症候群

などがありますが、上記のような疾患が該当しない場合を

頚肩腕症候群と呼びます。

 

 

 

また、頚肩腕症候群は男性よりも女性の方が羅漢率が高いとされています。

 

職業でいうと、デスクワークの方が圧倒的に多いんですね。

最近は、パソコンやタブレットを使わないデスクワークは皆無と言って良いでしょう。

パソコンやタブレット、これ以外にもスマートフォンの使用過多も原因に挙げられます。

 

現代病と言っても過言ではないでしょう。

 

首(頚部)・肩・背部・腕にかけての痛みや異常感覚

以外でも、様々な症状が併発する可能性があります。

 

頭痛

めまい

耳鳴り

集中力低下

思考減退

睡眠障害

冷え症

倦怠感

握力・筋力の低下

などの症状が発症する事も。

 

 

当院にも頚肩腕症候群でお悩みの方が多数来院されています。

早期回復の為には早期治療が最も大切です。

お悩みの方は、当院にすぐご相談下さい。

現在、ご相談は無料でさせて頂いております!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『“寝違え”た時にしてはいけない事・すべき事』について書いていこうと思います。

 

まず『寝違え』になってしまった時に、絶対にしてはいけない事。

それは

温める事。

寝違えの状態では、首周囲の筋肉や靭帯に炎症を起こしています。

炎症を起こしている時にお風呂やカイロなどで温めると・・・

更に炎症が酷くなり症状も悪化する事も多いです。

 

もう1つは、痛いのを我慢して

動かす事。

 

これも症状を悪化させてしまいます。

 

 

では、寝違えになった際にすべき事。

出来れば、当院のように首の矯正を専門としている治療院で診てもらうのが良いですが、時間が取れない時などは

患部を冷やす!

これを行って下さい。

 

冷やし方は、ビニール袋に氷をたくさん入れて

水を少し入れます。

 

それを痛い所に直接当てて下さい。

 

気温の高いこの時期であれば15分~20分冷やしてもらうのが良いです。

※冷やす際に凍傷にはお気を付け下さい。

 

これは大事な事なのでもう一度同じ事を書きますが

絶対に温めない!

上記の方法で冷やす!

 

これは寝違いに限らず、

捻挫や打撲など急性のケガの対処として応用できますので

忘れないようにして下さいね!

 

早期の治療が早期改善への近道です。

万が一 『寝違え』を患ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

即効性のある施術であなたを『寝違え』から解放するお手伝いをさせて頂きます。

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『“寝違え”が癖になってしまうのは なぜ?』について書いていこうと思います。

 

『寝違え』という辛い症状が癖になっている

という方って意外と多いですよね。

 

『寝違え』が癖になっている方の根本原因は

頚椎(首の骨)の歪み

にある事がほとんど。

 

頚椎が歪んでいると、首の関節や筋肉が硬くなってしまいます。

 

前回のブログで、不自然な寝姿勢から寝違いになってしまう

という事を書きました。

 

頚椎が歪み、首の関節や筋肉が硬い状態で

不自然な寝姿勢が続く事で

『寝違え』を起こしてしまうんです。

 

根本原因である頚椎の歪みを矯正しなくても

ほとんどの『寝違え』は安静にしていると

首周囲の筋肉や靭帯の炎症がおさまることで

痛みも引いてきます。

 

しかし、頚椎の歪みがあると

また上記のような流れがあると

『寝違え』を再発してしまうんですね。

 

『寝違え』が癖になっている方は、

頚椎の歪みの有無を専門家に診てもらう必要があります。

 

 

早期の治療が早期改善への近道です。

万が一 『寝違え』を患ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

即効性のある施術であなたを『寝違え』から解放するお手伝いをさせて頂きます。

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『寝違えの原因』について書いていこうと思います。

 

『寝違え』は、首周囲の筋肉や靭帯の炎症だと前回のブログに書きました。

 

では、なぜ寝ている間に炎症が起きてしまうのか?

 

これは、睡眠時の姿勢が大きく関与しているといわれています。

睡眠時は、寝返りを度々うっていますが

この時に首や肩甲骨の動かし方・位置が不自然な状態になってしまう事があります。

通常は、この不自然な状態から再度の寝返りなどで脱却されるのですが、

疲れが溜まっている時や睡眠中の身体の冷え・泥酔状態の時なんかは、

寝返りの回数が減り不自然な状態のまま長時間経過し

首周囲の筋肉や靭帯への負荷が大きくなってしまい炎症を起こします。

 

その結果『寝違え』になってしまうと考えられています。

 

早期の治療が早期改善への近道です。

万が一 『寝違え』を患ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

即効性のある施術であなたを『寝違え』から解放するお手伝いをさせて頂きます。

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『寝違え』について書いていこうと思います。

 

まず『寝違え』がどんな病態か?

 

それは、朝目覚めた時に

首に痛みを感じ、

特に首を動かした時の痛みが強い、

また首の動く範囲が狭くなっている状態をいいます。

 

当院にも『寝違え』を治しに来られる方が多数いらっしゃいます。

 

私も過去に何度か経験がありますが、

痛みが辛いのはもちろん、

気分も億劫になってしまいます。

 

この『寝違え』は、首周囲の筋肉や靭帯などで急性の炎症を起こしている状態です。

 

早期の治療が早期改善への近道です。

万が一 『寝違え』を患ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

即効性のある施術であなたを『寝違え』から解放するお手伝いをさせて頂きます。

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

交通事故というと様々なケースが考えられます。

車 ― 車

車 ― 歩行者

自転車 ― バイク

自転車 ― 歩行者

車やバイクの単独事故

・・・・・

挙げればきりがないのですが、どの事故に関しても

ケガがつきもの。

 

また、事故の衝撃で歪んだ骨格は

放っておくとそのまま歪んだままになり

後々様々な症状の根本原因になる事があります。

 

 

事故後は、出来るだけ早急に専門家による治療を受けるべきです。

交通事故によるケガは、基本的に保険を適用できるので

患者様の負担額は¥0

でお受け頂けます。

 

ただし、事故に遭ってから数カ月痛みを我慢して医療機関に行っていない

なんてケースでは、事故によるケガかどうかの判断が出来ない為

保険での治療を受ける事が出来なくなってしまいます。

 

事故に遭ったらすぐに医療機関を受診する事をお勧めします。

 

当院は、むち打ちの根本原因である頚椎の歪みの矯正も専門として施しております。

万が一 交通事故に遭ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

※整骨院も併設していますので、自賠責保険も取扱しております。

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)

《交通事故専用フリーダイヤル》

0120-140-886

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

梅雨時は、車やバイク乗車中に雨でスリップの危険性が高まります。

皆さん気を付けて運転お願いします。

 

本日は、交通事故によるケガ(むち打ち)の痛みが

遅れて出てきた場合

どの様に対処するのが良いのか?

について書いていこうと思います。

 

事故直後に「ケガはない」と思って

帰宅後や翌日以降に痛みが出てくる事が多々あります。

 

これは、炎症が起こるメカニズムに起因する

という場合と

事故直後は興奮状態でアドレナリンが出ていて痛みを感じない

というパターンが考えられます。

 

どちらにしても、事故によるケガを放置しておくと

後々後遺症で苦しめられてしまうかもしれません。

 

 

この場合の対処法としては

①   事故に遭ったら、痛みが無くても病院を受診しておく

②   痛みを感じたら、すぐに病院に行き診断書を書いてもらう

この2点が必須になってきます。

 

①   の対処が最善です。

事故直後に痛みが無くても、後々痛みが出てくる事が多いです。

痛みが出る前でも病院を受診しておけば、自賠責保険でその後の治療もスムーズに受ける事ができます。

 

また②の場合、事故日から日数が経ち過ぎてから病院を受診しても

「事故による痛みではない」

と保険会社に判断されて、自賠責保険で治療を受けられなくなるケースもあります。

 

交通事故によるケガの治療は、基本的に病院での診断書が無いと受ける事が難しいんですね。

なので、まずは病院で診断書を書いてもらってから当院にお越し頂けると

身体を治す事に専念できます。

 

当院は、むち打ちの根本原因である頚椎の歪みの矯正も専門として施しております。

万が一 交通事故に遭ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

※整骨院も併設していますので、自賠責保険も取扱しております。

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)

《交通事故専用フリーダイヤル》

0120-140-886

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

前回のブログでは

『むち打ち』に関して簡単な説明を書きました。

 

今回は、『むち打ち』の影響で引き起こされる症状に関して書いていきますね。

 

最も多いのが、首~肩の痛み

これは、皆さんも想像し易いですよね。

 

これ以外にも、背中や腕にも痛みが出てくる事も多いです。

また、背中や腕に“しびれ”が出てくる事も。

 

 

他には、

・頭痛

・めまい

・ふらつき

・耳鳴り

これらも『むち打ち』による訴えとして多い症状です。

 

『むち打ち』だけではありませんが、

早期回復の為の必須条件は『早期治療』になります。

 

我慢が美徳とされたりしますが、けがや病気は例外です。

 

当院は、むち打ちの根本原因である頚椎の歪みの矯正も専門として施しております。

万が一 交通事故に遭ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

※整骨院も併設していますので、自賠責保険も取扱しております。

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)

《交通事故専用フリーダイヤル》

0120-140-886

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある
ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の
骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

もう5月も終わりが近づいてきました。
6月に入ると梅雨入りも近くなってきますね。
ジメジメと鬱陶しいですが、雨が多い時に気を付けて頂きたいのが
人も車も“滑らない”事。
人であれば“転倒”。
車であれば“スリップ”からの事故。

 

どちらの衝撃も骨格が歪む原因になります。

 

 

特に、交通事故は大きな歪みが生じてしまいます。

交通事故のケガで最もメジャーなのが
『むち打ち』
むち打ちとは、簡単に説明すると
“首の捻挫”です。

むち打ちという言葉は、交通事故による首の痛みの総称として使われるています。
この語源は、事故による衝撃で首から上の動きが
鞭を打つ動きと類似しているから。

 

頭の重量ってご存知ですか?
だいたい体重の1/10といわれています。
体重60kgの人の頭の重量は約6kg。
6kgというと、お水2ℓのペットボトル3本分。
これを片手で持った時を想像して下さい。
かなり重たいのが分かりますよね・・・。

 

これだけ重たい頭が、事故の衝撃で振られると
首が鞭を打つようにしなる訳です。
その際に、頚椎に大きな歪みが発生します。
また首の関節周囲に炎症が起き痛みが出てきます。

これが『むち打ち』の簡単な説明です。

 

当院は、むち打ちの根本原因である頚椎の歪みの矯正も専門として施しております。
万が一 交通事故に遭ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。
※整骨院も併設していますので、自賠責保険も取扱しております。

 

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)
《交通事故専用フリーダイヤル》
0120-140-886

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

骨盤矯正・交通事故治療専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

 

『足の長さが違う?』

について前回書いてきました。

 

エステや整骨院で

「足の長さが違う=骨盤が歪んでいる」

と言われても、間違っている事もあるんですね。

 

その理由は2点。

①ベッド

②先天性

 

前回①について書きました。

 

次に②先天性。

 

先天性とは、生まれつきに近い意味です。

 

先天的に左右の足の長さに違いがある事。

 

片側の脚が伸び過ぎたのか?

それとも片側の脚が伸び切らなかったのか?

これは誰にも分からない事ですが、

実際にそのような方もいらっしゃいます。

 

人体の骨の数は約200個。

(※子どもと大人では骨の数が違います。詳細は、またの機会に。)

 

骨格医学の観点でいうと

約200個ある骨のうち

誰でも2か所以上は奇形がある

といわれています。

 

奇形とは、簡単に言うと教科書通りではない形や数の骨があるという事。

 

例えば、頚椎は教科書通りだと7個あるとされています。

しかし、6個の人がいたり8個の人がいたりします。

 

足の長さに左右差があるように見えた場合も、

同様の事がいえるんです。

 

例えば右足が短く見えた場合

右足の骨の長さ自体が左足より短い。

こんな奇形もある訳です。

 

これは、ちゃんとした科学的検査をしなければ分かりません。

 

ほとんどのエステや整骨院では科学的検査をせずに

ぱっと見の足の左右差のみで判断しています。

 

 

これは”推測”でしかありません。

推測では、正確な情報は得られませんよね。

 

なので、当院では基本的に骨格の状態を正確に分析する為に、提携病院の協力を得て科学的検査を行っております。

 

皆さんも骨格の状態を正確に知りたい、

ちゃんと歪みを治したい、

と思った際は、科学的検査をしてくれる所を選んで下さいね!

 

推測ほど恐ろしい事はありませんから・・・・

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

先日 約2年ぶりに来院された患者様Kさんとのお話をご紹介。

 

患者様Kさんが2年前に来院されていた時は、

不運な交通事故による怪我を治したい

と、

滋賀県から電車を乗り継ぎ

約2時間かけて治療を受けに来られていました。

 

事故後から発症した首や腰の痛み、

これを地元の整形外科で治療を受けておられたようですが

一向に改善の兆しが見えず・・・

そんな時に、当院の事をご友人に聞いたそうで

「何とか治してほしい!」

と来院されたのがきっかけでした。

 

 

遠方ながらも治療に通って頂いたおかげで

首や腰の痛みも無くなりました。

 

 

先日 久し振りに来院されたのは

骨格のメンテナンスの為。

 

「あの時 先生に出会っていなかったら

今も事故の後遺症で辛い想いをしていたと思います。

いっしんを紹介してくれた友人には、今でも感謝しています。

もちろん先生にも。」

と嬉しいお言葉を頂戴しました。

 

当院は、整骨院を併設しているので

交通事故による怪我や痛みは

自賠責保険で患者様負担¥0で治療させて頂く事ができます。

 

交通事故による痛みは

事故の衝撃による骨格の歪みに

根本原因がある事が多いのが実際の所。

 

万が一 交通事故に遭ってしまったら

すぐに骨格の専門家である当院にご相談下さい。

根本からの改善をサポートさせて頂きます。

 

 

それにしても、お元気な顔を見れて何よりです。

これからも日常の姿勢など気を付けて

骨格の歪みが出ないようにして下さいね!

 

 

 

 

 

 

最先端骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

 

 

前回のブログで

「この前 初めて治療してもらった翌日に

スポーツジムに行ったんです。

そしたら、いつもしんどかったバーベルの重量が

軽々上がったんです!!

骨の歪みが治ると、元々持っている筋力を発揮できる

とは、こーゆー事なんですね!!」

というご感想を頂いた話を書きました。

 

 

では、なぜこの様な現象が起きたのかについて書いていきますね!

 

 

その為には、まずバーベルを上げる為に腕の筋肉がどの様に動いているかが大切です。

 

人間が動作を行う為には、脳からの指令が必要です。

脳から

「このバーベルを持ち上げる為に、腕の筋肉を動かすぞ!」

という指令が出ます。

 

その指令は、神経を伝って腕の筋肉に伝わります。

そして、筋肉が収縮しバーベルを持ち上げる

という動作が出来る訳です。

 

 

ここで、頚椎と腕の筋肉の関係がバーベルを楽に持ち上げられた

という事に繋がります。

 

 

頚椎から出ている神経は、腕の筋肉に繋がります。

 

頚椎に歪みがあると、腕に繋がる神経の流れが阻害され

脳からの指令が100%届かなくなってしまうんです。

 

この為、本来持っている筋力を100%発揮できなくなってしまうんですね。

 

 

逆に、頚椎が歪んでいた状態から正常な位置に戻ると

脳からの指令が阻害される事が無くなるので

本来持っている筋力を100%発揮できるという訳です。

 

 

要するに

骨格が歪むと、身体の潜在能力が発揮できなくなってしまう

という事です。

 

 

この患者様は、たまたまスポーツジムに行かれていたので体感され易かったのでしょうね!

 

患者様に喜んで頂き何よりです♪

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・頭痛治療専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

先日 首や肩のコリ頭痛でお悩みの患者様が

初めての治療後に

こんな体験をされたとご報告頂きました。

 

「この前 初めて治療してもらった翌日に

スポーツジムに行ったんです。

そしたら、

いつもしんどかったバーベルの重量が

軽々上がったんです!!

骨の歪みが治ると、元々持っている筋力を発揮できる

とは、こーゆー事なんですね!!」

gatag-00003149

 

骨格に歪みが生じると、身体に様々な悪影響が出てきます。

 

この患者様は、特に頚椎(首)で大きな歪みが確認されました。

側面から見た頚椎は、ストレートネックと呼ばれる歪みがあり

これが頭痛や首・肩のコリの根本原因になっていたんですね。

 

では、なぜいつも以上にバーベルを軽々持ち上げる事が出来たのか?

 

その理由は、頚椎と腕の筋肉の関係にあります。

 

 

その当たりの詳細は、次回に!!!

 

 

 

いっしん


大阪府豊中市蛍池東町にお住まいの方で 痛みや歪みなど心身のお悩みをお持ちの方はお気軽にお越しください。
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930