ヘッダー

椎間板ヘルニア

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ギックリ腰専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしん

(鍼灸整骨院いっしん併設)です。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は

「明日から海外旅行なのに、腰が痛くて・・・何とかして下さい!」

 

先月の夏休み期間中に多かったのが

上記のようなご相談。

 

「来週から実家に帰省するのですが、急に腰が痛くなって…」

「明日から子供を連れてキャンプに行くのに、腰の調子が悪くて…」

日々のお仕事を頑張って、

やっと近付いてきた夏休み。

 

前々から計画を立てて、

そろそろ準備をしなければ!

そんな矢先に襲ってきた腰の痛み。

 

これでは、せっかくのイベントも楽しめない…

どころか

行く事すらできないのでは!?

 

 

そんな状態で来院される方が5名続きました。

 

この方達の急性腰痛の原因は、それぞれバラバラでした。

・仙腸関節(骨盤の関節)のズレ×2名

・腰部の筋肉を傷めていた筋肉性のギックリ腰

・頚椎(首)のズレ

・冷房の冷気により胃腸の不調からの腰痛

 

 

上記2つの原因は想像しやすいと思いますが、

頚椎のズレと胃腸の不調が原因のギックリ腰は

あまり聞いた事がないかもしれません。

 

 

この根本原因を見極めなければ

早期回復は期待できないんですよね。

 

 

ご来院された5名の患者様は

それぞれ楽しみにしていたイベントを

満喫できた!

と報告してくれました。

 

 

原因を見極める事が

早期回復の最短ルート!!

 

 

 

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

急に腰が痛くなった方は

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

腰痛治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしん

(鍼灸整骨院いっしん併設)です。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は

「サッカー選手の定期メンテナンス(腰痛 鈴鹿アンリミテッドFC)」

 

先日
サッカー東海1部リーグ

鈴鹿アンリミテッドFCで活躍中の
小西洋平選手が
来院
されました!


小西選手は高校時代に
腰痛でサッカーがプレー出来なくなり、
来院されたのが、初来院でした。

 

様々な医療機関に通うも

腰痛が完治しなかったと

初来院時にご相談を受けたのを思い出します。

腰痛が完治し、今でもサッカー漬けの

毎日が送れているとのこと!!


腰痛が治った今でも、
定期的にメンテナンスに
来院されています!


そして、今日は今までもらい忘れていたサインを書いてもらいました!


また待合室にサインが1つ増えました(^^)


皆様、小西選手と鈴鹿アンリミテッドFCの応援お願いします!

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

お体の不調のご相談は

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック矯正・腰痛治療専門の

骨格矯正サロンいっしん

(鍼灸整骨院いっしん併設)です。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は

「なぜ ギックリ腰が癖になるのか?」

 

ギックリ腰って聞いたことはありますか?

地域の違いなどで

きっくり腰

ビックリ腰

などと呼ばれることもあるようです。

 

ギックリ腰は、急に痛くなった腰痛の俗称です。

西洋では

「魔女の一撃」

なんて呼ばれる事もあるほど

ギックリ腰の痛みは辛いんです。

 

実は、私もこの業界に入ったきっかけが

このギックリ腰。

後の師匠になる先生に

治してもらった事でご縁が出来たんです。

 

この辺りのお話は、またの機会に…。

 

 

「ギックリ腰を何とかして!!」

と来院される方も多いのですが、

ほとんどの方が

「ギックリ腰が癖になってるんですよね。」

とおっしゃいます。

 

なぜ癖になるのか?

 

それは、根本原因からの改善が出来ていないから

なんです。

 

ギックリ腰は、大きく分けると

・筋肉を傷める

・関節を傷める

の2つ。

 

安静にしていると

だんだん筋肉や関節の炎症が治まり

痛みも少なくなってきます。

 

それから数カ月経つと

また再発…

これを繰り返すのが、いわゆる

癖になっている状態です。

 

 

一般的な整骨院や病院では

傷めた関節や筋肉など

患部のみのアプローチをします。

 

なので、癖は治りません。

 

 

当院では

「なぜ その関節や筋肉に負担がかかって炎症を起こしたのか?」

と根本原因を細部まで分析していきます。

 

そして、その根本原因に対する治療を施すので

癖はなくなるんですね。

 

ギックリ腰が癖になってお悩みの方は

当院までご相談ください。

 

なぜギックリ腰が癖になっているのか?

を見極めてギックリ腰とオサラバしましょう!!!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん(はり・きゅう・整骨院併設)

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

※土日も14時まで診療しております!

 

さて、本日は

「腕が痛くて眠れない・・・」

 

腕の痛みは、大きく分けると2つに分類されます。

1つ目は

・腕自体が原因で痛みが出ている

これには、腕の打撲や肉離れなどの急性疾患。

それ以外に五十肩や腱鞘炎などの慢性疾患があります。

 

この場合は、腕自体の状態に対しての治療がメインになります。

 

 

もう1つは

・首が原因の腕の痛み

首が原因で、なぜ腕に痛みが出るのか・・・?

それは、頚椎(首)から出ている神経が

腕に繋がっているから。

 

何らかの原因で首から腕に繋がる神経が圧迫されると

その神経に沿った痛みが出てくるんですね。

 

この場合、痛みだけではなく

”しびれ”も出てくることがあります。

 

腕に繋がる神経が圧迫される疾患には

頚椎椎間板ヘルニア

頚肩腕症候群

などが代表的です。

 

これらの場合

整形外科だと

首を引っ張る牽引

ブロック注射

あと

痛み止めなどの投薬治療がメインになるでしょうか。

 

 

当院では、首から腕に繋がる神経の圧迫を取るために

頚椎の歪みがあれば

それを矯正していきます。

 

ほとんどの場合

頚椎の矯正で腕の痛みも取れてきます。

 

 

腕の痛みやしびれでお悩みの方は

すぐに当院までご相談ください!

腕に繋がる神経が圧迫されないよう

根本からの施術を施していきます!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

腰痛専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※土日も診療しております(9:30~14:00)

 

「病院で注射を打ってもらっていたのですが

全然 痛みが変わらなくて・・・」

 

こんなご相談を頂いたのは70代の女性。

長年 腰痛で悩んでおられたようで

様々な医療機関に通われたそうです。

 

整骨院で骨盤矯正やマッサージを受けても

その場は少し楽になるものの

すぐにいつもの痛みに戻る。

 

ご友人などから

「あそこの整骨院は良いよ」

と勧められた治療院などに4軒ほど通い

思い通りの結果が出ない。

 

ご家族の勧めから

「ちゃんと整形外科で診てもらった方が良いのでは?」

と言われ、整形外科を受診。

 

整形外科のドクターからは

「注射を打って様子を見ましょう。

合間に電気治療やリハビリをしていくと

良くなってくるはずです。」

と言われ2年ほど通われたそうです。

 

しかし、一向に良くなる兆しが見えない・・・

 

そんな時に、当院の噂を聞いたそうで

「色々な所に通ったのですが、なかなか良くならないんです。

正直 私の腰痛は治るのか?とすら思っています。

先生 治りますか?」

 

と不安そうにご相談いただいたのを覚えています。

 

ちなみに、現在は10km以上のウォーキングも

出来るほどに回復されています。

 

整形外科やペインクリニックなどで打たれる注射は

筋肉や神経を狙って麻酔薬を注射するものです。

 

しかし、この患者様には効果なし。

 

それは、なぜだったのか?

 

 

その最たる理由は、

根本原因が腰部に無かったからなんです。

 

ちなみに、この患者様の腰痛は

頚椎(首)の歪みにありました。

 

 

痛い所に原因があるとは限りません。

 

あなたが痛みやシビレなどで悩んでおられるなら

患部しか診ない医療機関は選択肢から外してくださいね。

 

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

腰痛でおなやみであれば

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

※土日も診療しております(9:30~14:00)

 

先日 当院に初めて来院された患者様。

お悩みの症状は

首や肩の痛み

めまい

 

問診をしていると

「首や肩のコリが慢性的にあって

友達が通っている整骨院?整体?に

私も通っていたんです。

そこに通い出してから

首や肩はこっているって感覚から

痛みに変わってきて・・・

最近は、めまいも出るようになって・・・」

と患者様。

患者様

どのような施術を受けていたのか?

と聞いてみると

「マッサージと

首や腰をボキボキ鳴らす整体を受けていました。」

との事。

 

今度は逆に患者様からのご質問

「ボキボキ鳴らす整体って悪化する事ありますか?」

 

これの回答に関して

私は声を大にして言います!

「YES!!」

 

 

ボキボキ鳴らす整体は、

百害あって一利なし!

だと当院では考えています。

 

実際 首を捻ってボキボキ鳴らす整体は

禁じられているんですね。

それは なぜか?

 

『危険』

だからです。

 

実際に首を捻る施術を受けて

手足の麻痺などが出てしまったケースが

何件も確認されています。

 

 

ちなみに提携病院で撮ってもらった

上記の患者様のレントゲンを診せてもらいましたが

歪みが改善しているどころか

かなり複雑に歪んでいました。

 

当院で行っている骨格矯正は

ボキボキ鳴らすような危険な施術ではありません。

 

上記の患者様も

数回の施術後に首などの痛みやめまいは

治まってきました。

 

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

もしあなたが

ボキボキ鳴らす整体で不調にになってしまったら

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

腰痛専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※土・日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は前回の続き

「朝起きたら腰が痛い!

でも動くと楽になる…」

 

というお悩みに関するお話の続きになります。

 

これには、大きく分けると2つの原因が考えられます。

 

①寝具が合っていない

②腰以外に原因がある

 

①に関しては、前回のブログに書きました。

 

本日は②腰以外に原因がある。

起床時に腰が痛む・・・

症状を聞くと原因は腰周囲を疑う医療機関がほとんど。

 

しかし、腰が痛い=腰に原因がある

とは限りません。

 

確かに骨盤を含む腰周囲に原因がある場合もありますが、

上記のような症状のほとんどは

頚椎(首)にあるんです。

 

これ 医療関係者でも知っている人はごく僅かだと思います。

 

頚椎の歪みと腰の痛み・・・

ほとんどの方はイコールだと考えられないんですよね。

 

しかし、当院でも上記のような症状で

頚椎の歪みの矯正のみ施しただけで

起床時の腰痛がなくなった例が多数あります。

 

 

患部=原因ではありません。

あなたが、もし何らかの症状でお悩みの場合

患部=原因

と安易な考えで施術している所は避けるべきです。

 

頚椎の歪みと腰痛の関係性は、

またの機会に書かせてもらいますね!

 

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

起床時の腰痛が気になる方は

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

腰痛専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は

「朝起きたら腰が痛い!

でも動くと楽になる…」

 

上記のようなお悩みも

来院される患者様からよく聞きます。

 

これには、大きく分けると2つの原因が考えられます。

 

①寝具が合っていない

②腰以外に原因がある

 

①の寝具が合っていない

に関しては分かり易いですかね?

 

マットレスが硬すぎると、

就寝時に身体を”面”ではなく”点”で支えられてしまいます。

また

マットレスが柔らかすぎると、

身体が沈み込みすぎて

マットレスが支えてくれないために

常に緊張状態で寝ている状態になります。

 

このように寝具が合っていないと

リラックスして眠れず

筋肉や関節の柔軟性が失われ

起床時の腰痛の原因になってくると考えれます。

 

起床後に動いていると

体温の上昇や

動かす事で筋肉や関節が柔軟性を取り戻し

痛みが段々と引いてくるんです。

 

 

次に②腰以外に原因がある。

これに関しては、次回のブログに書いていこうと思います。

 

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

起床時の腰痛が気になる方は

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

腰痛専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日お題は、

「腰が痛くてゴルフができない!」

そんな方に向けての記事を書いていきますね。

 

当院にも、

「腰痛が出てからゴルフを我慢している」

なんて患者様が来院されます。

 

ゴルフで腰を痛める原因の1つに

同方向ばかりに腰を捻る

事が挙げられます。

 

これ以外にも様々な原因があるのですが、

本日はこの1点について。

 

 

同じ方向にばかり腰を捻ると

それが原因で骨盤や腰椎が歪んでしまうことがあります。

 

その結果、骨盤や腰椎の関節を痛めたり

その周囲の筋肉を傷めたりしてしまうんですね。

 

という事は、

根本原因である骨盤や腰椎の歪みを

矯正してあげれば

痛みが取れてくるんです。

 

当院にお越しの患者様達も

この辺りの矯正を施してから

ゴルフを再開できるようになった方が

非常に多くいらっしゃいます。

 

中には

「以前より体の軸がしっかりして

よく当たるようになった」

というご感想を頂く事も。

 

これは、骨盤などのバランスが取れたことで

スイング時の軸がしっかりしてくるからなんです。

 

ゴルフをプレーしたいけど

腰のせいで再開できない

そんな方は、当院に一度ご相談ください。

 

またゴルフを楽しめる身体にしていきましょう!!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は前回の続き

「朝起きたら首や肩が痛い!」

 

     

このケースの場合 原因として考えられるのは

大多数が以下の2つだと前回のブログに書きました。

①ストレートネックなど頚椎に歪みがある

②枕が合っていない

 

本日は②枕が合っていない。

 

について書いていきます。

 

 

睡眠時間は人それぞれだと思います。

が、1日の中でも結構な割合で

睡眠の為に時間を費やしていますよね。

 

睡眠という行為には様々な役割がありますが

その中でも最も大切なのが

身体機能を回復させる(休ませる)事。

 

休ませるという事は

出来るだけリラックスできる環境を

作ってあげるのが大切です。

 

その為に寝具選びも重要になってきます。

 

首や肩に関して特に重要なのが枕。

枕は、睡眠時に首や肩を支える役割をしています。

これが上手くできないと

せっかく身体を休めているのに

休められません。

 

枕に関しては、

どの枕が良い?

ではなく

どの枕が自分に合っているか?

が重要になってきます。

 

枕で重要なのは、

自分に合った

形状

素材。

 

特に形状が重要です。

首や肩をリラックスさせるためには

頚椎

後頭骨

頭全体

を支える必要があります。

 

この3点をバランスよく支えるには

あなたの頚椎や頭の配列や形に合っていなければなりません。

 

枕を選ぶ際は、

上記の事が分かっている専門家に

作ってもらってください。

 

また、頚椎の配列などは

日常生活の癖や

交通事故などの衝撃

で変わる事もしばしば。

 

なので、できれば

高さの調整ができるタイプの枕がお勧めです。

 

 

当院でも、オーダーメードの枕を

作ることは可能です。

お気軽にご相談ください。

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日のブログは

「朝起きたら首や肩が痛い!」

 

朝起きた時から首や肩が痛く、

起床後も痛みが引かず

首や肩を動かせない状態は寝違えと呼ばれます。

 

寝違えに関しては以前のブログにも書いたので

それをご参照下さい。

 

本日は、

朝起きた時に首や肩が痛く

起床後 動いていると少しずつ痛みが

軽くなってくるケースについて

書いていきますね.

        原因は?      

このケースの場合 原因として考えられるのは

大多数が以下の2つです。

①ストレートネックなど頚椎に歪みがある

②枕が合っていない

 

①に関しては、このブログをお読みの方は

分かり易いと思います。

 

頚椎に歪みがあると

首や肩の筋肉や関節にかかる負荷が

大きくなります。

 

そんな状態と合わせて

体温も関係してきます。

 

体温は睡眠に入ると

段々下がってきます。

 

そして、起床前の体温が

一番低くなっているんですね。

 

頚椎の歪みにより

首・肩の筋肉や関節が柔軟性を失っている上に

体温が下がっている事で

更に柔軟性が無くなっているんです。

 

この為 起床時に首や肩の痛みを感じます。

起床後に動いていると痛みが軽減してくるのは

体温が上昇してくるから。

 

体温の上昇と共に

首や肩の筋肉などの柔軟性が回復し

痛みが軽くなっていくんです。

 

 

次に②の枕が合っていない。

 

これに関しては、次回のブログに書いていきますね。

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

腰痛専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

毎年この時期になると

「急に腰を痛めてしまって・・・」

と急性の腰痛である

ぎっくり腰を訴えて来院される

患者様が急増します。

 

 

ぎっくり腰とは、俗語であり

急に腰が痛くなった状態をいいます。

 

この時期に多いのが

大掃除や片付けでかがむ事が多く、その後から痛めた。

”くしゃみ”をした瞬間から腰が伸びなくなった。

床に落ちた物を拾おうとした瞬間に腰を痛めた。

などをきっかけにぎっくり腰を患ってしまいます。

 

万が一 上記のように急性の腰痛を患ってしまった際に

絶対にしてはいけないのが

お風呂やカイロなどで

「温める」事!!!

 

そして、絶対にすべき事は

アイシング!!

 

身体に痛みを感じると

「温めた方が良い」

と勘違いしている方がたくさんいらっしゃいます。

この行為は、良くならないどころか

悪化させてしまう危険性もあるんですね。

 

すべき事の1つにアイシングと書きましたが、

これは痛めた患部を冷やす行為。

 

ご自宅で出来るアイシングの方法は

大きめのビニール袋に

”氷”をたくさん入れて下さい。

氷と一緒に少量の水を入れて

直接患部に当ててもらうのが効果的です。

 

ただし、凍傷にならないように

気を付けて下さいね!

 

 

冷やした後は、骨格の専門家に診てもらうのが

早期回復の為に必須。

 

急性の腰痛は、

骨盤

特に

仙腸関節と呼ばれる骨盤の関節

がズレて起こる事が多いんです。

 

この関節を当院を含めた骨格の専門家に

正しい位置へ戻してもらう事で

ぎっくり腰は改善方向に向かいます。

 

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

万が一 ぎっくり腰になってしまったら

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『姿勢による椎間板への負担』について。

 

椎間板(ついかんばん)って聞いた事がありますか?

椎間板とは、背骨と背骨の間にある

繊維輪とゲル状の髄核から出来た円盤状の軟部組織です。

背骨への衝撃を吸収するのと

関節が滑らかに動くサポートをする役割があります。

 

椎間板と聞くと

『椎間板ヘルニア』

を連想される方が多いのではないでしょうか?

 

椎間板ヘルニアを簡単に説明すると、

椎間板が飛び出してしまい

それが神経に当たって痛みや痺れを引き起こす病態です。

 

 

今日は、姿勢による椎間板への負担の大きさ

について書いていこうと思います。

 

 

真っ直ぐに立った状態での椎間板への圧力が10とした場合、

前屈み(中腰)になると椎間板への圧力は15と圧力が増えます。

また、

前屈みの状態で重い物を持つと22の圧力に増加します。

 

重たい物を中腰で持ち上げようとした時に

ぎっくり腰や椎間板ヘルニアを患うケースが多いのですが、

その理由として椎間板への圧力が増えている事からも分かり易いですね。

 

 

椎間板の特徴の1つに

垂直圧には比較的耐えられるのですが

捻じれ(捻転)圧には弱いといわれています。

 

前傾姿勢で身体を捻るゴルフなどのスポーツで

腰を痛める事が多いのも納得です。

 

 

先程までは、立った状態での椎間板への圧力に関するお話でしたが

次は座っている状態での圧力を考察していきます。

 

垂直に立っている状態での椎間板への圧力が10.

これに対して座っている状態だと14の圧力がかかります。

更に座ったまま前屈みになると18.5の圧力に増加。

 

腰痛というと、肉体労働の職業病という

イメージが世間的に強いみたいですが

デスクワークや運転手などの座っている時間が長い

職業の人にも多いんです。

これも、椎間板の圧力をみてみると分かりますよね?

 

ちなみに、椎間板への圧力が最も少ない姿勢が

仰向け(上向き)で寝ている状態。

この姿勢は、椎間板への圧力が2.5になります。

側臥位(横向き)での椎間板への圧力は7.5

と仰向けよりも大きくなります。

 

 

仰向けで寝るのは、椎間板を休ませるにも良い寝姿勢という事になります。

 

ちょっとした姿勢の違いで

ご自身の椎間板を痛めつけているかもしれません。

 

上記を参考に

日常の姿勢には気を付けて下さいね!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回は『ストレートランバーのリスク』について書きました。

 

本日は『ストレートランバーになる原因の考察』について書いていこうと思います。

 

原因は、大きく分けると3つ考えられます。

①   衝撃

②   重量物を持つ事が多い

③   日常姿勢の癖

 

まず①の衝撃ですが、

これで最も多いのが『尻もち』。

 

尻もちをつくと、骨盤の後傾方向に負荷がかかります。

この為、骨盤の後傾と共にストレートランバーの歪みになると考えられます。

 

次に②重量物を持つ事が多い。

重量物を持つ時は、どうしても腰が前傾姿勢になります。

この時にかかる負荷が続くと、

腰椎の前方へのカーブが段々と少なくなり

ストレートランバーになってしまいます。

 

最後に③日常姿勢の癖。

これで、最も多いのは

イスに浅く座る姿勢。

地べたに座る際にも、ソファーや壁にもたれる時など

もそうですが、

この様な姿勢になると骨盤が後傾した状態になります。

 

骨盤の後傾姿勢が続く事で

ストレートランバーになるリスクが上がってきてしまいます。

 

 

前回のブログにも書きましたが

ストレートランバーが原因で

腰椎椎間板ヘルニアや腰痛・膝痛を患うリスクが高くなってしまいます。

 

上記の3つには気を付けて

ストレートランバーにならないように気を付けて下さいね!

 

もし、すでにストレートランバーになってしまっている場合は

すぐに当院にご相談下さい。

 

早期の治療が早期改善への近道です。

骨格矯正の専門家である私達が

あなたの骨格の歪みを矯正し

健康を取り戻すサポートをさせて頂きます!!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回のブログでは

『ストレートネックじゃなくストレートランバー!?』について

書いてきました。

 

頚椎同様 腰椎も側面からみると

前方にカーブしている配列が正常です。

 

この前方へのカーブがなくなり

真っ直ぐになっている状態を

ストレートランバーと呼びます。

 

本日は、ストレートランバーという歪みを患ってしまった際の

リスクを書いていきますね。

 

ストレートランバーになってしまうと

腰への負担が大きくなってしまい

腰痛や椎間板ヘルニアを患うリスクが高まります。

 

腰椎が前方にカーブしている事で

腰への負担を逃がす事が出来るのですが

ストレートランバーになってしまう事で

上半身の負担を逃がす事が出来なくなってしまうんですね。

 

この為、椎間板への負荷が大きくなると

椎間板が飛び出て“腰椎椎間板ヘルニア”を患うリスクが高まります。

 

 

また、腰にかかる負担を逃がす事が出来なくなると

腰の筋肉が頑張らなければ

上半身を支える事が出来なくなってしまいます。

 

頑張り過ぎた腰の筋肉は、柔軟性を失い

硬くなってしまうんです。

これが、腰の重さ(鈍痛)や痛みの原因になってきます。

 

また、ストレートランバー=骨盤の後傾

となります。

骨盤が後傾していると膝への負担も大きくなってきます。

この為、膝痛の根本原因になってしまう事も・・・

 

これら以外にもストレートランバーを患った際のリスクは

色々と考えられますが、

代表的なものを書いておきました。

 

当院では、ストレートランバーによる

腰痛・椎間板ヘルニア・膝痛の治療を行っています。

 

早期回復の為には早期治療が最も大切です。

現在、ご相談は無料でさせて頂いております!

お悩みの方は、当院にすぐご相談下さい。

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『ストレートネックじゃなくストレートランバー!?』について。

最近は、メディアなどでも取り上げられる事が多くなってきた

ストレートネック。

 

頚椎(首の骨)は側面からみた際に

前方へカーブしていなければいけません。

 

ストレートネックとは、この前方へのカーブが消失し

側面からみた際に真っ直ぐの配列になっている状態です。

 

 

頚椎の前方へのカーブが必要な理由で

最も大切な事が

頭をバランスよく支える事。

 

 

人間が二足歩行をする為には

重力に逆らって二本脚で立つ必要があります。

 

重力は、地面に対して垂直にかかる力。

ストレートネックという歪みを患うと

頭の重みを逃がす事が出来ず

ダイレクトに頚椎や椎間板へかかってしまいます。

 

この為、様々な症状の根本原因になってくるんです。

 

 

この流れから、表題にもある

ストレートランバー

のご説明も。

 

ランバーはLumbar

と表記します。

 

医学英語で“腰椎”を表します。

 

ストレートランバーは、ストレートネックと似た意味で

側面から腰椎をみた際に

真っ直ぐになっている歪みをいいます。

 

 

腰椎も側面からみると

前側(お腹側)にカーブしているのが正常です。

 

これは、頚椎と同じで二足歩行する際に

上半身の重みを逃がす為に

前方へのカーブが必要なんですね。

 

前方へのカーブがなくなり

ストレートランバーになってしまうと

腰への負担が大きくなってしまいます。

 

 

ストレートネックとストレートランバーに関する簡単な説明は以上です。

 

次回は、ストレートランバーになってしまった際に

どの様なリスクがあるのか?

について書いていきますね。

 

 

 

当院にもストレートランバーでお悩みの方が多数来院されています。

早期回復の為には早期治療が最も大切です。

お悩みの方は、当院にすぐご相談下さい。

現在、ご相談は無料でさせて頂いております!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は、変形性股関節症を含む

股関節の痛みが発症する原因を

骨格矯正の視点から考察していきます。

 

前々回のブログに股関節に痛みが生じる場合

1:骨や軟骨など関節が原因の痛み

2:股関節周囲の筋肉の痛み

3:腰椎椎間板ヘルニアなどの腰部疾患による痛み

の3つが考えられるという事を書きました。

 

 

これら1~3に関して共通して言えることは

両側に痛みを感じるよりも

片側のみに痛みを感じるケースが

圧倒的に多いという事。

 

両側の股関節に痛みを感じるケースもあるのですが

今回は片側の股関節のみに痛みを感じるケースを

考察していきます。

 

先天性股関節脱臼の既往がある場合

臼蓋形成不全がある場合

これらは、遺伝子レベルでの問題が原因だと考えられています。

 

骨格矯正は、正常な位置から歪んでしまった

骨格の歪みを矯正する事は出来ますが、

骨や軟骨の形を変える事は出来ません。

 

なので、変形してしまった股関節の形を元に戻すことも出来ないし

臼蓋形成不全と呼ばれる、股関節の受け皿を大きくする事も出来ません。

 

しかし、病院で変形性股関節症や

臼蓋形成不全と診断され

「手術」を勧められた方々の

股関節の痛みがなくなっていった事例は多数あるんですね。

 

なぜか?

 

片側の股関節に痛みを感じる場合

左右の荷重バランスが不均等になっている

ケースが多いからなんです。

 

 

例えば、右の股関節に痛みを感じているとしましょう。

 

この場合、ほとんどの方が

左側よりも右側への荷重が大きくなる歪みをしているんですね。

 

 

この為、右股関節周囲の骨や軟骨・筋肉への負荷が大きくなり

痛みの原因になっているんです。

 

 

そこで、当院では

右側荷重になっている骨格バランスを矯正して

右股関節への負担を減らしていく施術をしていきます。

 

 

その結果、右股関節への負荷が減り

炎症が治まって痛みを感じなくなっていくんですね。

 

これが、骨格矯正の視点から片側の股関節に痛みを感じる場合の施術方針になります。

 

 

早期改善の為には、早期治療が何よりの特効薬です。

痛みを感じたら

出来るだけ我慢する時間を短くして下さい。

我慢する時間が長ければ長いほど

回復までの時間も長くなってしまいます。

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)

06-6856-3087

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回『股関節の痛みの原因』について書きました。

今回は、『股関節の痛みの症状の出方』について書いていきますね。

 

股関節の痛み

特に変形性股関節症で多い症状は

●立ち上がりや歩き始めに脚の付け根(股関節)に痛みを感じる

●和式トイレで座りこめない

●正座が出来ない

●靴下をはく姿勢がしにくい

●脚の爪を切る姿勢がしにくい

●歩いている時に股関節が痛む

●長時間立っていると股関節が辛い

●寝ている時に股関節が疼く

などの症状が代表的です。

 

上記のような症状を感じた際に

最も重要なのが

股関節に変形はないか?

股関節の軟骨が減っていないか?

臼蓋形成不全はないか?

をレントゲンなどの画像検査から判断していく事です。

 

なぜかというと、

股関節の変形・軟骨の減少などがある場合と

それらが無い場合では治療方針が変わってくるからです。

 

また、上記のような症状が出てきた際に

親御さんなどに聞いておいてほしい事が1つ。

 

それは

「先天性股関節脱臼はなかったか?」

という質問。

 

先天性股関節脱臼とは

赤ちゃんの頃に股関節が脱臼してしまう疾患です。

 

これがあると、変形性股関節脱臼などに

なる可能性が高くなってしまいます。

 

 

以上が股関節痛の症状の出方と

気を付けて欲しい注意点でした。

 

次回は、股関節痛を骨格矯正の視点から考える

を書いていきますね。

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)

06-6856-3087

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『股関節の痛み』について書いていこうと思います。

 

まず股関節とは、どこか?

股関節は脚の付け根にある関節です。

骨盤のくぼみ(寛骨臼)に大腿骨の上端(大腿骨頭)がはまり込むような関節になっています。

 

股関節は、球関節と呼ばれる関節の形状になっており、

この球関節は股関節と肩関節の2か所のみ。

 

球関節は、形状的に可動域が大きい関節で前後左右、回旋など自在に動けるのが特徴です。

 

股関節に痛みが出てくる場合、大きく分けると

1:骨や軟骨など関節自体の痛み

2:股関節周囲の筋肉の痛み

3:腰椎椎間板ヘルニアなどの腰部疾患による痛み

の3つが考えられます。

 

3つ目の腰部疾患に関する股関節痛は、

又の機会に書かせてもらいますので

今回は割愛させて頂きます。

 

まず1の関節自体の痛み。

これには、臼蓋形成不全と変形性股関節症の2つが有名です。

これが悪化し酷くなってくると

『人工関節』に変える手術の対象になってしまう事も。

この関節の痛みは、男性よりも圧倒的に女性に多いんですね。

これは、男性と女性の骨盤の形状が違う事に影響していると考えられています。

ちなみに男性の骨盤と女性の骨盤の形状が違うのは

女性には妊娠しお腹の中に赤ちゃんを宿せるように。

その為に男性よりも幅広の形をしているんですね。

 

次に2の筋肉の痛み。

これは、股関節に付着する筋肉が

何らかの原因で負荷が大きくなり

過緊張から炎症を起こし痛みを感じます。

 

次回は、これら股関節の痛みの症状の出方について書いていきますね!

 

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)

06-6856-3087

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

先週のブログでは

『手の痺れ 頚肩腕症候群』について

書いてきました。

 

この『頚肩腕症候群』の原因を

骨格矯正の視点から考察していきたいと思います。

 

最近では、お仕事上で

パソコン・タブレットを使用する方が増えていますね。

 

これ以外にも、プライベートを含めて

スマートフォンの利用者も増加し続けています。

 

これらの使用時の姿勢が原因になっている事が非常に多いんですね。

 

パソコン使用時に関しては、

腕を常に中途半端高さで挙げています。

これが大きな負荷に。

 

腕の重量って結構重たいんです。

その重たい腕を挙げた状態で支える為には

肩甲骨周囲の筋肉が頑張らなければいけません。

この積み重ねが頚肩腕症候群を発症させる事もあります。

 

 

次にスマホやタブレットですが、

これも使用時の姿勢が関係しています。

 

電車などに乗っていると

上の写真のような姿勢でスマホ・タブレットを

使っている人を見ない日はありませんよね。

 

 

この姿勢の何が悪いかというと

『頭を垂れ下げた』姿勢。

 

 

頭って、かなり重たいのは聞いた事がありますかね?

体型などによっても異なりますが

平均すると体重の1/10の重量だといわれています。

 

体重が50kgの人で5 kg。

体重が60 kgの人は6 kg。

 

生まれたての赤ちゃんの体重は約3 kg前後だと考えると

2人分の重たさ・・・

こう理解して頂くと頭の重さがわかると思います。

 

それだけ重たい頭を上写真のように垂れ下げた際に

負担がかかるのが首~背中。

もちろん、負担が大きくなれば首~背中の筋肉が疲労し

頑固なコリの原因になってきます。

 

また、頚椎(首の骨)への負荷も大きくなる事で

ストレートネックという歪みを発症する原因にもなりえます。

ストレートネックに関する詳しいお話は、

また今度書いていきますが

頚肩腕症候群の根本原因は

このストレートネックに由来する事も多いんですね。

 

当院では、ストレートネックを含めた

頚椎の歪みと、首~肩の筋肉バランスを整える事で

頚肩腕症候群の治療を行っていきます。

 

当院にも頚肩腕症候群でお悩みの方が多数来院されています。

早期回復の為には早期治療が最も大切です。

お悩みの方は、当院にすぐご相談下さい。

現在、ご相談は無料でさせて頂いております!

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『手の痺れ 頚肩腕症候群』について書いていこうと思います。

 

まず『頚肩腕症候群』がどんな病態か?

について書いていきますね。

 

まず症状として首(頚部)・肩・背部・腕にかけての痛みや異常感覚を感じます。

異常感覚の代表的なのが『痺れ』。

痺れとは、ピリピリした感覚と感じる方もいれば、ビリビリした感覚、虫が這うような感覚という表現をされる方もいます。

長時間 正座をした後に「足がしびれた・・・」

あの感覚も痺れに該当します。

 

これらの症状を感じる他の疾患でいうと

・変形性頚椎症

・頚椎椎間板ヘルニア

・胸郭出口症候群

などがありますが、上記のような疾患が該当しない場合を

頚肩腕症候群と呼びます。

 

 

 

また、頚肩腕症候群は男性よりも女性の方が羅漢率が高いとされています。

 

職業でいうと、デスクワークの方が圧倒的に多いんですね。

最近は、パソコンやタブレットを使わないデスクワークは皆無と言って良いでしょう。

パソコンやタブレット、これ以外にもスマートフォンの使用過多も原因に挙げられます。

 

現代病と言っても過言ではないでしょう。

 

首(頚部)・肩・背部・腕にかけての痛みや異常感覚

以外でも、様々な症状が併発する可能性があります。

 

頭痛

めまい

耳鳴り

集中力低下

思考減退

睡眠障害

冷え症

倦怠感

握力・筋力の低下

などの症状が発症する事も。

 

 

当院にも頚肩腕症候群でお悩みの方が多数来院されています。

早期回復の為には早期治療が最も大切です。

お悩みの方は、当院にすぐご相談下さい。

現在、ご相談は無料でさせて頂いております!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『“寝違え”た時にしてはいけない事・すべき事』について書いていこうと思います。

 

まず『寝違え』になってしまった時に、絶対にしてはいけない事。

それは

温める事。

寝違えの状態では、首周囲の筋肉や靭帯に炎症を起こしています。

炎症を起こしている時にお風呂やカイロなどで温めると・・・

更に炎症が酷くなり症状も悪化する事も多いです。

 

もう1つは、痛いのを我慢して

動かす事。

 

これも症状を悪化させてしまいます。

 

 

では、寝違えになった際にすべき事。

出来れば、当院のように首の矯正を専門としている治療院で診てもらうのが良いですが、時間が取れない時などは

患部を冷やす!

これを行って下さい。

 

冷やし方は、ビニール袋に氷をたくさん入れて

水を少し入れます。

 

それを痛い所に直接当てて下さい。

 

気温の高いこの時期であれば15分~20分冷やしてもらうのが良いです。

※冷やす際に凍傷にはお気を付け下さい。

 

これは大事な事なのでもう一度同じ事を書きますが

絶対に温めない!

上記の方法で冷やす!

 

これは寝違いに限らず、

捻挫や打撲など急性のケガの対処として応用できますので

忘れないようにして下さいね!

 

早期の治療が早期改善への近道です。

万が一 『寝違え』を患ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

即効性のある施術であなたを『寝違え』から解放するお手伝いをさせて頂きます。

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『“寝違え”が癖になってしまうのは なぜ?』について書いていこうと思います。

 

『寝違え』という辛い症状が癖になっている

という方って意外と多いですよね。

 

『寝違え』が癖になっている方の根本原因は

頚椎(首の骨)の歪み

にある事がほとんど。

 

頚椎が歪んでいると、首の関節や筋肉が硬くなってしまいます。

 

前回のブログで、不自然な寝姿勢から寝違いになってしまう

という事を書きました。

 

頚椎が歪み、首の関節や筋肉が硬い状態で

不自然な寝姿勢が続く事で

『寝違え』を起こしてしまうんです。

 

根本原因である頚椎の歪みを矯正しなくても

ほとんどの『寝違え』は安静にしていると

首周囲の筋肉や靭帯の炎症がおさまることで

痛みも引いてきます。

 

しかし、頚椎の歪みがあると

また上記のような流れがあると

『寝違え』を再発してしまうんですね。

 

『寝違え』が癖になっている方は、

頚椎の歪みの有無を専門家に診てもらう必要があります。

 

 

早期の治療が早期改善への近道です。

万が一 『寝違え』を患ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

即効性のある施術であなたを『寝違え』から解放するお手伝いをさせて頂きます。

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『寝違えの原因』について書いていこうと思います。

 

『寝違え』は、首周囲の筋肉や靭帯の炎症だと前回のブログに書きました。

 

では、なぜ寝ている間に炎症が起きてしまうのか?

 

これは、睡眠時の姿勢が大きく関与しているといわれています。

睡眠時は、寝返りを度々うっていますが

この時に首や肩甲骨の動かし方・位置が不自然な状態になってしまう事があります。

通常は、この不自然な状態から再度の寝返りなどで脱却されるのですが、

疲れが溜まっている時や睡眠中の身体の冷え・泥酔状態の時なんかは、

寝返りの回数が減り不自然な状態のまま長時間経過し

首周囲の筋肉や靭帯への負荷が大きくなってしまい炎症を起こします。

 

その結果『寝違え』になってしまうと考えられています。

 

早期の治療が早期改善への近道です。

万が一 『寝違え』を患ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

即効性のある施術であなたを『寝違え』から解放するお手伝いをさせて頂きます。

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『寝違え』について書いていこうと思います。

 

まず『寝違え』がどんな病態か?

 

それは、朝目覚めた時に

首に痛みを感じ、

特に首を動かした時の痛みが強い、

また首の動く範囲が狭くなっている状態をいいます。

 

当院にも『寝違え』を治しに来られる方が多数いらっしゃいます。

 

私も過去に何度か経験がありますが、

痛みが辛いのはもちろん、

気分も億劫になってしまいます。

 

この『寝違え』は、首周囲の筋肉や靭帯などで急性の炎症を起こしている状態です。

 

早期の治療が早期改善への近道です。

万が一 『寝違え』を患ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

即効性のある施術であなたを『寝違え』から解放するお手伝いをさせて頂きます。

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

交通事故というと様々なケースが考えられます。

車 ― 車

車 ― 歩行者

自転車 ― バイク

自転車 ― 歩行者

車やバイクの単独事故

・・・・・

挙げればきりがないのですが、どの事故に関しても

ケガがつきもの。

 

また、事故の衝撃で歪んだ骨格は

放っておくとそのまま歪んだままになり

後々様々な症状の根本原因になる事があります。

 

 

事故後は、出来るだけ早急に専門家による治療を受けるべきです。

交通事故によるケガは、基本的に保険を適用できるので

患者様の負担額は¥0

でお受け頂けます。

 

ただし、事故に遭ってから数カ月痛みを我慢して医療機関に行っていない

なんてケースでは、事故によるケガかどうかの判断が出来ない為

保険での治療を受ける事が出来なくなってしまいます。

 

事故に遭ったらすぐに医療機関を受診する事をお勧めします。

 

当院は、むち打ちの根本原因である頚椎の歪みの矯正も専門として施しております。

万が一 交通事故に遭ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

※整骨院も併設していますので、自賠責保険も取扱しております。

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)

《交通事故専用フリーダイヤル》

0120-140-886

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

梅雨時は、車やバイク乗車中に雨でスリップの危険性が高まります。

皆さん気を付けて運転お願いします。

 

本日は、交通事故によるケガ(むち打ち)の痛みが

遅れて出てきた場合

どの様に対処するのが良いのか?

について書いていこうと思います。

 

事故直後に「ケガはない」と思って

帰宅後や翌日以降に痛みが出てくる事が多々あります。

 

これは、炎症が起こるメカニズムに起因する

という場合と

事故直後は興奮状態でアドレナリンが出ていて痛みを感じない

というパターンが考えられます。

 

どちらにしても、事故によるケガを放置しておくと

後々後遺症で苦しめられてしまうかもしれません。

 

 

この場合の対処法としては

①   事故に遭ったら、痛みが無くても病院を受診しておく

②   痛みを感じたら、すぐに病院に行き診断書を書いてもらう

この2点が必須になってきます。

 

①   の対処が最善です。

事故直後に痛みが無くても、後々痛みが出てくる事が多いです。

痛みが出る前でも病院を受診しておけば、自賠責保険でその後の治療もスムーズに受ける事ができます。

 

また②の場合、事故日から日数が経ち過ぎてから病院を受診しても

「事故による痛みではない」

と保険会社に判断されて、自賠責保険で治療を受けられなくなるケースもあります。

 

交通事故によるケガの治療は、基本的に病院での診断書が無いと受ける事が難しいんですね。

なので、まずは病院で診断書を書いてもらってから当院にお越し頂けると

身体を治す事に専念できます。

 

当院は、むち打ちの根本原因である頚椎の歪みの矯正も専門として施しております。

万が一 交通事故に遭ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

※整骨院も併設していますので、自賠責保険も取扱しております。

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)

《交通事故専用フリーダイヤル》

0120-140-886

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

前回のブログでは

『むち打ち』に関して簡単な説明を書きました。

 

今回は、『むち打ち』の影響で引き起こされる症状に関して書いていきますね。

 

最も多いのが、首~肩の痛み

これは、皆さんも想像し易いですよね。

 

これ以外にも、背中や腕にも痛みが出てくる事も多いです。

また、背中や腕に“しびれ”が出てくる事も。

 

 

他には、

・頭痛

・めまい

・ふらつき

・耳鳴り

これらも『むち打ち』による訴えとして多い症状です。

 

『むち打ち』だけではありませんが、

早期回復の為の必須条件は『早期治療』になります。

 

我慢が美徳とされたりしますが、けがや病気は例外です。

 

当院は、むち打ちの根本原因である頚椎の歪みの矯正も専門として施しております。

万が一 交通事故に遭ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

※整骨院も併設していますので、自賠責保険も取扱しております。

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)

《交通事故専用フリーダイヤル》

0120-140-886

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある
ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の
骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

もう5月も終わりが近づいてきました。
6月に入ると梅雨入りも近くなってきますね。
ジメジメと鬱陶しいですが、雨が多い時に気を付けて頂きたいのが
人も車も“滑らない”事。
人であれば“転倒”。
車であれば“スリップ”からの事故。

 

どちらの衝撃も骨格が歪む原因になります。

 

 

特に、交通事故は大きな歪みが生じてしまいます。

交通事故のケガで最もメジャーなのが
『むち打ち』
むち打ちとは、簡単に説明すると
“首の捻挫”です。

むち打ちという言葉は、交通事故による首の痛みの総称として使われるています。
この語源は、事故による衝撃で首から上の動きが
鞭を打つ動きと類似しているから。

 

頭の重量ってご存知ですか?
だいたい体重の1/10といわれています。
体重60kgの人の頭の重量は約6kg。
6kgというと、お水2ℓのペットボトル3本分。
これを片手で持った時を想像して下さい。
かなり重たいのが分かりますよね・・・。

 

これだけ重たい頭が、事故の衝撃で振られると
首が鞭を打つようにしなる訳です。
その際に、頚椎に大きな歪みが発生します。
また首の関節周囲に炎症が起き痛みが出てきます。

これが『むち打ち』の簡単な説明です。

 

当院は、むち打ちの根本原因である頚椎の歪みの矯正も専門として施しております。
万が一 交通事故に遭ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。
※整骨院も併設していますので、自賠責保険も取扱しております。

 

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)
《交通事故専用フリーダイヤル》
0120-140-886

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

先日 約2年ぶりに来院された患者様Kさんとのお話をご紹介。

 

患者様Kさんが2年前に来院されていた時は、

不運な交通事故による怪我を治したい

と、

滋賀県から電車を乗り継ぎ

約2時間かけて治療を受けに来られていました。

 

事故後から発症した首や腰の痛み、

これを地元の整形外科で治療を受けておられたようですが

一向に改善の兆しが見えず・・・

そんな時に、当院の事をご友人に聞いたそうで

「何とか治してほしい!」

と来院されたのがきっかけでした。

 

 

遠方ながらも治療に通って頂いたおかげで

首や腰の痛みも無くなりました。

 

 

先日 久し振りに来院されたのは

骨格のメンテナンスの為。

 

「あの時 先生に出会っていなかったら

今も事故の後遺症で辛い想いをしていたと思います。

いっしんを紹介してくれた友人には、今でも感謝しています。

もちろん先生にも。」

と嬉しいお言葉を頂戴しました。

 

当院は、整骨院を併設しているので

交通事故による怪我や痛みは

自賠責保険で患者様負担¥0で治療させて頂く事ができます。

 

交通事故による痛みは

事故の衝撃による骨格の歪みに

根本原因がある事が多いのが実際の所。

 

万が一 交通事故に遭ってしまったら

すぐに骨格の専門家である当院にご相談下さい。

根本からの改善をサポートさせて頂きます。

 

 

それにしても、お元気な顔を見れて何よりです。

これからも日常の姿勢など気を付けて

骨格の歪みが出ないようにして下さいね!

 

 

 

 

 

 

最先端骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

 

前回のブログでは

坐骨神経痛は、症状を表すもので疾患名ではないという事。

そして、坐骨神経痛の症状について書きました。

 

今回は、坐骨神経痛を引き起こす疾患(原因)について書いていきます。

 

 

坐骨神経痛が症状として現れる際

何らかの原因があって、坐骨神経が圧迫されています。

 

その原因は色々とあるので、

本日はその1つである

腰椎椎間板ヘルニア!

 

当院にも病院で腰椎椎間板ヘルニアを患い

病院で手術を勧められた方が多数来院されます。

できれば手術は受けたくない!

そんな想いで当院に来られます。

 

さて、そんな椎間板ヘルニアとは

どの様な疾患なのでしょう!?

 

 

患者様とお話していても、

椎間板ヘルニアという単語を聞いた事が無い

と言う人は皆無と言っていい程

メジャーな疾患です。

 

どの様な病態か?を書く前に

椎間板

ヘルニア

という単語について簡単に書いていきますね。

 

 

まず椎間板。

椎間板は軟骨の一種です。

椎骨と呼ばれる背骨と背骨の間にあります。

椎骨にかかる衝撃を吸収するクッションの役割をしています。

 

次にヘルニア。

これは、ドイツ語で“脱出”“飛び出る”

という意味を表します。

 

 

という事は、背骨の間にあるクッションの役割をしている軟骨が飛び出ている

=椎間板ヘルニア

という事ですね!!

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎の部分で椎間板がヘルニアしている状態です。

 

では、なぜ腰椎椎間板ヘルニアになると

坐骨神経が圧迫されるのか?

 

 

坐骨神経は、腰椎から出て足に繋がっていきます。

 

飛び出た椎間板が、この坐骨神経を圧迫してしまうと坐骨神経痛が発症してくるんです。

 

これが痛い!

酷くなると、かなりの痛みを感じます。

神経の圧迫のされ方によっては

足が思うように動かなくなったり

シビレが出てきたり

排便・排尿障害が出てくる事も・・・。

 

 

これが、椎間板ヘルニアによる

坐骨神経痛です。

 

簡単に書きましたが

ご質問のある方はスタッフまでお聞き下さいね!

 

 

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです.

 

ここ最近

坐骨神経痛

を訴える患者さんが急増しています。

 

坐骨神経痛

”ざこつしんけいつう”

と読むのですが

聞いた事はありますか?

 

この坐骨神経痛は病名ではなく

症状を表すもの。

 

何らかの疾患(原因)があって

坐骨神経という神経に痛みやシビレなどを感じる状態を

坐骨神経痛と呼びます。

 

症状としては

「腰や臀部(お尻)が痛む」

「足が重たく動かしにくい、棒のように感じる」

「臀部から脚にシビレを感じる」

が代表的です。

中には、排便や排尿障害が出る事もあります。

 

片側に出る事が多いですが

両足に出る事もあります。。

 

では、これらの症状が出てくる坐骨神経痛は

どのような疾患(原因)が引き起こすのでしょう?

 

 

次回は、その辺りについて書いていきますね!

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

 

前回のブログで

椎間板ヘルニアと病院で診断され

右臀部(お尻)~脚にかけての痛みやシビレを主訴とした患者様が

初回の施術後に

「ヘルニアの症状も楽になっているのですが・・・

先生に言い忘れていたのですが

右手のバネ指まですごい楽になっているんです!

手なんて一切触られていないのに・・・

なぜなんですか?

ビックリしています!!」

とご報告頂いたと書きました。

 

 

 

なぜヘルニアにより脚の痛みだけでなく

バネ指という手の症状まで楽になったのか・・・

 

 

その理由は、当院は

患部だけでなく全身のバランスを重視し

根本原因である全身の骨格の歪みを矯正していくからなんです。

 

この患者様は、もちろん腰や骨盤にも歪みがありました。

 

しかし、様々な検査から頚椎(首)にも歪みがある事が判明したんです。

 

そこで、頚椎の矯正を行った事が

バネ指の改善にも繋がったんですね。

 

でも、ここで首を触って

なぜ手の痛みが取れるの?

と思われると思いますが、

これは骨格と神経の関係にあります。

 

神経は脊椎の間から出ています。

手に繋がる神経は、頚椎から出ていくんですね。

頚椎の歪みから手に繋がる神経の流れが悪くなっており

バネ指が発症していたんです。

 

その為、頚椎の歪みが矯正された事で

バネ指も楽になったのだと考えられるんです!!

 

 

患部だけでなく、全身を診る!

これを当院の治療方針の根っこにしています。

 

患者様が喜んでくれたことが何より嬉しい事実。

病院などの医療機関で良くならなかった人を

これからも1人でも多く笑顔に出来るように

日々精進です!!!

 

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

先日 病院で腰の椎間板ヘルニアと診断され

治療に通うもあまり変化なし。

 

訴えておられた症状は

右臀部(お尻)~大腿部(太もも)の痛みとシビレ。

 

この症状に関しての根本原因は

骨盤の歪みにありました。

 

そこで、骨盤も含めた骨格の歪みを矯正。

 

初回の施術が終わり

2回目のご来院時に

「その後 経過はいかがですか?」

と問診をすると

「ヘルニアの症状も楽になっているのですが・・・

先生に言い忘れていたのですが

右手のバネ指まですごい楽になっているんです!

手なんて一切触られていないのに・・・

なぜなんですか?

ビックリしています!!」

 

 

という報告を頂きました。

 

 

バネ指とは、手の指を開こうとしても引っかかって

伸びにくくなってしまう状態をいいます。

バネ指の詳細を知りたい方は

ググってみて下さい。

色々なサイトで絵も使って詳しく説明されていますので。

 

 

なので、バネ指の詳細は他サイトをご参照いただき

患者様が不思議がられていた患部である手や腕は一切触っていないのに

なぜバネ指の症状まで改善されたのか?

 

患者様からすると不思議でも

私からすると特別不思議な事でもないんです。

 

その理由は・・・

次回に!!!

 

 

 

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・頭痛治療専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回のブログでぎっくり腰の根本原因の1つが

骨盤・腰椎の歪みだと書きました。

 

そして、もう1つの原因が

『頚椎(首)の歪み』。

 

腰の症状の原因が、

なぜ首にあるのか?

 

これは、頚椎と自律神経の密接な関係からだと考えています。

 

自律神経とは、交感神経と副交感神経の2つに分類されます。

この2種の神経のバランス関係で人間の身体は機能しているんですね。

 

交感神経が優位な時は、活動(起きている)している時・緊張状態になります。

逆に副交感神経は、身体を休める働きがあるので、寝ている時・リラックスしているに優位になります。

 

胃という臓器で考えていきます。

胃のメインの働きは、皆さんがご存じのように

食べた物を消化する事。

 

交感神経が優位な状態だと

胃酸などの消化酵素を分泌し

胃を活発に動かして消化活動を行っています。

 

 

逆に副交感神経が優位な時は

胃を休めてあげようとするので

消化酵素の分泌を抑えます。

 

 

交感神経優位な状態ばかり続くと

身体が活発に動き過ぎて

休める事が出来ず

疲弊しきってしまいます。

 

また、副交感神経優位な状態ばかりでは

身体機能を正常に働かす事が出来なくなってしまいます。

 

 

骨格医学の観点では

頚椎が歪むと自律神経のバランスが崩れる

と考えられています。

 

頚椎が歪むと

多いのが

交感神経優位な状態が続いてしまうケース。

要するに神経が興奮状態という事ですね。

 

交感神経優位な状態から副交感神経優位な状態に

スムーズに移行できないとどうなるか?

 

睡眠が浅くなったり、酷くなると不眠症になってしまいます。

副交感神経優位にならない事で

身体が休息モードに入れなくなり

疲労の蓄積・ダメージの修復が出来なくなるんですね。

 

 

その結果、身体の許容量を超えた際に

ぎっくり腰や寝違いなどの

急性の痛みが出やすくなると考えられるんです。

 

 

以上が当院が考えるぎっくり腰の

大まかな根本原因2つになります。

 

 

骨格の歪みは、美容的な見た目だけでなく

心身に様々な悪影響を及ぼします。

 

ご自身で出来る事は、歪みを作る日常姿勢をしない!

これに限ります。

 

どうぞお気を付け下さいね!!

 

 

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・頭痛治療専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回のブログで

ドイツでは“魔女の一撃”と呼ばれるぎっくり腰が

年末年始に多いという事を書きました。

 

 

当院が考えるぎっくり腰の根本原因は大きく分けると

2つあります。

 

1つ目は、骨盤・腰椎の歪み

これは分かり易いですかね。

 

骨盤や腰椎の関節が歪み

その部分で炎症を起こした時に

ぎっくり腰が発症するんですね。

 

最も多いのが、仙腸関節という

骨盤の関節がズレた時。

spine-01

 

仙腸関節は、骨盤を構成する仙骨と腸骨が

重なり合っている部分をいいます。

 

この重なっている関節が何らかの影響で

グラグラになってしまう事があるんですね。

 

そんな時にくしゃみや咳などの振動が引き金となり

仙腸関節部分で炎症を引き起こしてしまう事も。

 

DVC00132

また、上の写真のように

骨盤に大きな歪みがあるまま生活をしていると・・・

ある部分に偏った負荷が掛かり続けています。

 

偏った負荷が掛かり続けている部分の

許容量を超えた時に炎症を起こし

立っているのが辛い程の痛みが出てきます。

 

 

以上が骨盤・腰椎に根本原因がある

ぎっくり腰です。

 

 

では、次回はもう1つの根本原因について書いていきますね。

 

その原因は『頚椎(首)の歪み』なんです。

頚椎が原因で腰の症状が出る・・・!?

その詳細を次回に。

 

 

 

 

前回まで

様々な競技のアスリートが、

パフォーマンス向上を目的に

骨格矯正を受けているというお話を書きました。

 

その理由として

①バランス能力の向上

②神経機能の向上で潜在能力が開花

 

前回は①バランス能力の向上について書きました。

本日は②について書いていきますね。

 

骨格矯正による潜在能力の開花

骨格矯正の効能の1つとして『潜在能力の開花』

が挙げられます。

アスリートは、試合でのパフォーマンスを上げる為に

日々のトレーニングに精を出しています。

 

しかし、せっかくトレーニングを頑張っても、

その成果が骨格の歪みにより発揮できない事があるんです。

なぜ、このような悲しい現象が起きてしまうのか?

 

それは、『骨格』と『脳・神経』の関係にあるんです。

 

脳からの指令で、

身体の様々な器官(筋肉や内臓など)は働きます。

 

脳からの指令を器官に伝えるのが神経の役割。

 

この神経というのは、

椎(背骨)の間から出ています。

下図の黄色の部分が神経です

info_1_2

脊椎が歪むと、

神経の出口が狭くなり神経を圧迫してしまうんですね。

 

この影響により、

脳からの指令が100%通らなくなってしまう

と考えられています。

 

 

単純に筋力の話をしてみると分かり易いでしょう。

本来100㎏のバーベルを持ち上げられる筋力があったとます。

この人の骨格が歪み神経の流れが30%カットされてしまうとします。

すると、70㎏のバーベルしか持ち上げる事が出来なくなってしまうんです。

 

 

せっかく日々の厳しいトレーニングに耐えても、

骨格の歪みにより潜在能力が発揮できないとなれば、

こんなに悲しい事はありませんよね。

 

パフォーマンスは、

メンタル面も関係するので一概に歪みを治せばよい!

という訳ではありませんが、

日々の努力を少しでも無駄にしたくないのがアスリート。

 

私達は、そんなアスリート達の努力が報われるよう、

一診入魂でサポートしています!

 

骨格の歪みを整え

身体バランスと軸をしっかりさせ

潜在能力を思う存分発揮してもらう!

 

その結果があり

アスリートが見せてくれる笑顔・・・

これを見せてもらえた時・・・

治療家冥利につきる!というものです。

 

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

 

「もっと早く来ればよかった・・・」

そんな声を患者様からよくお聞きします。

そう言って下さるのは

・病院や整骨院に通ったが良くならなかった

・仕事が忙しくて痛みを我慢し続けていた

・病院では「手術しかない」と言われた

方々です。

 

なぜ「もっと早く・・・」と思われたのか?

 「もっと早く来れば良かった・・・」

とおっしゃった患者様に“なぜ”そう思ったのか

をお聞きしました。

その中で多かったのが

①科学的検査で原因がハッキリしたから

②病院や整骨院と違い、その場しのぎではなく根本から治してくれたから

③手術や服薬を回避できたから

という3つのご意見です。

 

“推測”で治療を受けたいですか?

 身体の“痛み”や“しびれ”の根本原因は、骨格の歪みにある事がほとんど。

整形外科ではレントゲンを撮りますが、骨の歪みを診るのは専門外。

なので、同じレントゲンを診ても「異常なし」と診断される事があるんですね。

 

整体や整骨院で骨盤矯正などをしている所が増えていますが、

ほとんどの院では科学的検査をせずに矯正治療を施しています。

これは、とても怖い行為。

 

どれだけ熟練した治療家でも、科学的検査をしなければ

正確な骨格の状態は分かりません。

 

なので「歪んでいるだろう」と“推測”で施術

を施している事になります。

 

これが医療事故の原因になり、手足が麻痺してしまう事も…。

 

科学的検査をする事で正確な根本原因が分かるので、

早期改善や安全な治療が可能になります。

 

あなたの大切な人が「もっと早く・・・」

と思わないようこの記事の内容を早く教えてあげて下さいね!

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

 前回は、「骨がゆがむと」

関節・筋肉・神経・内臓への悪影響がある。

 

そして、その中の筋肉への悪影響について書きました。

 

骨格と神経の関係性

骨格と神経は、とても密接な関係にあります。

下図をご覧頂くと、骨と骨の間から出ている黄色い繊維が神経です。

 

骨格の歪みによる神経への悪影響

 骨格が歪むと、神経はどの様な状態になるのでしょう?

 骨が捻れたり、傾いたりする事で

神経の出口である“神経孔”が狭くなってしまうんです。

その結果、神経は圧迫されてしまいます。

 

神経が圧迫されると、その神経に沿った部分に

『シビレ』や『痛み』が出てくる訳です。

 

 

 坐骨神経痛や肋間神経痛など、いわゆる“神経痛”というやつです。

 

 

「神経痛ってお年寄りの病気ですよね?」

 神経痛という表現を聞くと、ほとんどの方が

高齢者の病気だと思われるみたいです。

これは、全くの誤解です。

 

神経痛とは、神経が“何らかの原因”で

圧迫されて出てくる症状です。

(※一部ヘルペスウィルスの後遺症などで出る事もあります。)

 

それを考えると、年齢に関係なく出てくるのが分かると思います。

 

実際の所、当院にも現在『足の神経痛』が主症状で治療に通っている

十代の患者様もいらっしゃいます。

 

ちなみに、この患者様のお悩みの根本原因は、

『骨盤・腰椎の歪みによる坐骨神経の圧迫』です。

 

この様な神経痛は、神経を圧迫している骨格の歪みを矯正する事で改善出来る方がほとんど。

 

また、骨格が歪んで神経の流れが悪くなると・・・

他にも悪影響が出てきます。

 

その詳細『骨格の歪みと内臓』の関係は次回書いていきますね!

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

頭痛治療・ストレートネック専門治療の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は、前回に引き続き『ストレートネック』についてのお話。

 

前回は、ストレートネックとは

どの様な歪みなのかを書きました。

 

本日は、

『ストレートネックが引き起こす身体への悪影響』

について。

 

これは、大きく分けて三つあります。

 

まず1つ目は、TVなどでもよく言われている

「慢性的な首・肩・背中のコリの原因」

 

頚椎(首)を横から見ると顔側にカーブしているのが正常。

 

そして、顔側へのカーブがなくなり真っ直ぐになっている

頚椎が「ストレートネック」。

 

なぜ頚椎が顔側にカーブしていなければならないのか?

それは、頚椎の重要な役割である

バランス良く『頭を支える』為。

頭って、とっても重たいんです。

 

一般的に言われているのが体重の1/10の重量。

 

体重が60㎏だと約6㎏。

 

水2ℓのペットボトル三本分・・・

片手で持つととっても重たいですよね。

 

そして、頭と頚椎の関係を見てみると、

頭が大きいのに対して、

それを支える頚椎は細長い。

単純に考えて、この関係は元々バランスが悪い訳です。

 

その上、地球上で二足歩行をしようとすると

『重力』がかかり頭の重みが頚椎に掛かります。

 

重力って、地面に向かって垂直に働く力ですよね。

頚椎が顔側にカーブしている事で、

頭の重みを逃がすことが出来るんです。

しかし、ストレートネックになってしまうと、

頭の重みが、

骨を含む関節にダイレクトに掛かってしまいます。

 

こうなると、頚椎への負担を減らす為に他の部分で補わなければいけません。

その補う部分が「首・肩・背中の筋肉」なんです。

この為、首~背中の筋肉への疲労が蓄積し続け

慢性的なコリを生み出してしまいます。

 

これが「悪影響」の1つ目。

 

次回は、残り2つについて書いていこうと思っています。

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

骨盤矯正・ストレートネック専門治療の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

 “ストレートネック”

って耳にした事ありますか?

最近テレビや雑誌なんかでも取り上げられる事も多いですよね。

本日は、このストレートネックについてのお話を。

image (1)

ストレートネックとは、そのまま和訳する通り

「真っ直ぐな首」です。

「真っ直ぐなら、歪んでないからいいのでは?」

とお思いの方もいらっしゃるでしょうね。

 

ストレートネックって、身体にかなりの悪影響を及ぼします。

 

その理由について書いていきますね。

 

頚椎(首の椎骨)の正常な骨格配列(歪んでいない状態)は、

正面から見た時には真っ直ぐでなければいけません。

 

しかし、横から見た時には前方にカーブしている必要があります。

 

この前方へのカーブが消失した歪みが“

ストレートネック”と呼ばれているんです。

 

では、なぜ頚椎は横から見た時に前方へのカーブが必要なのでしょうか?

 

これは、脊椎動物の中でも人間のみの特権

“二足歩行が出来る”事と“重力”が関係します。

 

重力は、地球の地面に対して垂直に掛かります。

 

人間以外の脊椎動物は、

前後四本の脚を使って頭を含めた身体の重みを支えることにより、

身体の重みは背中側→お腹側にかかります。

 

この為、関節に掛かる負担が少ない訳です。

 

しかし人間は二足歩行をする為、

頭→足底に身体の重みが掛かります。

 

その為、重力は関節に対して垂直に掛かってしまう

のが想像できるのではないでしょうか?

その関節への負担を逃がす為に、

下図の様に頚椎で前側、胸椎で後側、腰椎で前側と

S字のカーブを描いたような配列に本来なっています。

sekitui

ストレートネックは、これが崩れた状態をいう訳です。

 

ストレートネックによる身体への悪影響については

次回に続きます。

 

先日 65歳女性の患者様から、

「先生 お遍路に行って来れました!!」

と嬉しいお言葉をいただきました!

 

こちらの患者様が来院されたのは、ちょうど1か月前でした。

(下に続きます)

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着10名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

上記の患者様は、3年前にお嬢さんが2人共嫁ぎ、

子育ても一段落。

 

そんな時に思い立ったのが、お遍路詣り。

以前から行ってみたい!とは思っていたものの、

仕事や家事で時間が無く

なかなか行けなかったそうで・・・

 

お嬢さん達が嫁いだのをきっかけに行こうと思った矢先、

左脚に違和感を覚えたそうです。

 

その違和感が、だんだんと痛みに変わっていき、

15分ほど歩くと足が締め付けられるように痛み、

休憩しながらでないと歩く事が出来なくなってしまいました。

 

そこで、整形外科に行って診察を受けると

脊柱管狭窄症

と診断されたそうです。

 

診断の結果

「手術」

という治療方針を聞かされ、

手術以外で治してくれる病院はないのか?

と数軒の医療機関を渡り歩くも改善せず。

 

 

そんな時に、ご友人の紹介で当院にいらっしゃいました。

 

治療を続ける事1ヶ月、

お悩みであった左脚の痛みがほとんど無くなり、

先日 3年越しのお遍路詣り初日を迎えられました。

 

まだ、かなりの数のお寺が残っているそうですが

「先生の治療を受けながら、88か所全部巡ってみせます!!」

と気合十分!!

 

患者様が88か所全て巡れるよう、

私達も全力でサポートさせて頂きます!!!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は、骨盤や背骨・頚椎(首)の“ゆがみ”を矯正する専門サロンです。

そんな骨格矯正の専門家である私が、

なぜ「今すぐ骨盤矯正を受けないで!」という提言をするのか?

 

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着10名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

あなたは、本当にゆがんでいますか?

ここ最近、TVや雑誌などのメディアで『骨盤のゆがみ』や『骨盤矯正ダイエット』など

骨盤に関する事が頻繁に取り上げられています。

 

その結果、ちょっとした骨盤ブームが起こっているようです。

 

当サロンにも、「骨盤のゆがみを治したいんですけど」というご相談が多いのも事実です。

しかし、そんなご相談を受けた際に、お断りするケースがあるのも実際のところ。

なぜ、ご相談に来られた方をお断りする事があるのか?

それは、【骨盤がゆがんでいない】からなんです。

 

TVや雑誌などで

肩の高さが左右で違う  足の長さに左右差がある  ウェストラインに左右差がある

など、骨盤のゆがみをチェックする項目が羅列されています。

これらのチェック項目は、確かに骨盤のゆがみをチェックする指標にはなります。

しかし、実際のところは、上記のようなチェック項目に当てはまっていても骨盤にゆがみが無い事が多々あるんです。

それは、どういう事かというと「ゆがんでいるように見える」だけなんです。

人間の身体は、千差万別。

骨の形状も1人1人違う訳で、教科書や模型のように同じではありません。

 

例えば、生まれつき足の長さに左右差がある方もいます。

骨盤の大きさや形が生まれつき左右非対称な方もいらっしゃいます。

このような場合、足の長さ・肩の高さ・ウェストラインに左右差があって当然なんです。

 

そこで当サロンでは、他院ではほとんど行われていない特殊な検査を行い

『本当にゆがんでいるのか?』それとも『ゆがんでいるように見えるのか?』を判断します。

 

その検査結果によって

生まれつきの骨の形状異常があり「ゆがんでいるように見える」と判断した場合、

骨盤矯正をお断りしているという訳です。

もし、あなたが骨盤などの“歪み”が気になっているのであれば、

『本当に歪んで』いて、改善できるのかを判断する為に特殊検査を受ける事から始めなければ、

大切な時間とお金を無駄にしてしまいます。

 

追伸:特殊な検査の内容については、ホームページ(【いっしん 蛍池】で検索)に詳しく書いていますので、ご参照下さい。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

当院がメディア(書籍)に掲載されました!!

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着10名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院が掲載された書籍は

書籍 表紙 半分

「JAPAN Beauty Therpist

~信頼できる美容整体院に出会える本~」

という書籍。

 

ページ内容は

書籍 ページ

↑クリックで拡大

というもの。

 

当院には、美容を目的に来院される方もいらっしゃいますが、

それよりも痛みやシビレ・頑固なコリなどの症状改善を目的に来院される方の方が圧倒的に多いんですね。

 

なので、今回オファーを頂いた時に

掲載してもらうかどうかを迷ったのが事実。

 

なぜ掲載を迷ったのかというと、

今回の書籍は美容整体に関するものだったからなんです。

 

迷っている時に思ったのが

 

O脚や猫背・ウェストのクビレの左右差など

美容的なお悩みが改善された時の患者様の”笑顔”。

 

頭痛薬を手放せた

長年の腰痛が改善された

手の痺れが無くなった

など様々な症状が改善された時の患者様の”笑顔”。

 

どちらの患者様の”笑顔”も、同じだけ美しいもの。

 

そして、私は

患者様の”笑顔”

を見る為に、この仕事を生業としている訳です。

 

”笑顔”ほど、人間の表情で美しいものはないでしょう。

 

エステなどが、外面から美を目的に施術されています。

当院では内面(骨格・筋)からの根本的な治療を施します。

 

内面からの根本治療を施す事で、

お悩みの症状が改善された”笑顔”

姿勢が改善され立ち姿などが綺麗に

なる訳で、

結果的に美に繋がるのでは?

そういう経緯で、今回の書籍掲載に至った訳です。

 

当院の待合い室にもおいていますが、

もし書店などで見かけたら44~45ページをお読み下さい。

当院・そして私が大きく載っています(笑) 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません

 

立ち仕事をされている方・物を運ぶ作業がある方は

地面や下にある物を持ち上げる事って多いですよね!

 

主婦の方も、掃除機をかける際など腰を屈める事も多いはずです。

 

そんな方々に、ちょっとしたアドバイス!!

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着10名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気をつけて欲しい姿勢の1つに“中腰”があります。

 

中腰の姿勢が原因で、ギックリ腰になってしまう可能性も・・・。

DSC_0141

中腰という姿勢は、腰への負担が非常に大きい姿勢なんです!

 

上写真のように、下の物を持ち上げる時に

忙しいと膝を伸ばしたままになっていませんか?

 

それから、掃除機をかける際も中腰になっている方も多いでしょう。

 

腰を曲げる角度によりますが・・

中腰の姿勢で腰にかかる負担は、

体重の3~5倍いわれています。

体重が50kgの方だと、150kg~250kgもの負担が腰にかかっているわけです。

下の物を取ったりする際は、写真のように

膝を曲げて下さい!!

DSC_0144

これだけで腰への負担は、かなり軽減されますよ!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

ゴールデンウィークも終わり、1週間以上が経ちましたね。

 

連休明けは、お仕事もお忙しい方が多いようです。

体調管理をしっかりして、お仕事など頑張って下さいね!!

 

さて、本日のブログは

「手や足のシビレや痛み」

についてです。

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着10名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院には

「首~左腕が痛くて痛くて・・・」

「右のお尻~足にかけて痛いというか痺れるというか・・・」

などの訴えをされる患者様が多数お越しです。

 

これらの手や足のシビレや痛みは、いわゆる

神経痛

という症状です。

 

読んで字の如く神経の痛み。

 

神経痛のほとんどは、何らかの原因があり神経が圧迫される事で発症します。

info_1_2

上図の黄色部分が神経なんですね。

頚椎(首)から出ている神経は、手に繋がっていますね。

そして、腰椎から出ている神経は足に繋がっているのが分かると思います。

 

頚椎から出ている神経が圧迫されると、腕や手先などが痺れたり痛みが出たりします。

腰椎から出ている神経が圧迫されると、臀部(お尻)や足が痛んだり痺れたりするんです。

 

という事は、頚椎や腰椎・骨盤などが歪むと神経が圧迫され神経痛が発症するのは想像できますよね。

 

なので、当院には手や足のシビレや痛みなどの神経痛の治療に来られる患者様が多いんです。

 

手や足のシビレや痛みでお悩みの方は、ご相談下さいね!

この道19年の専門家が、あなたのお悩みを解決する為に全力サポート致します!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

??????

上の写真は、ご覧の通り薬ですね。

一度も薬を口にした事がない・・・

そんな方って、ほとんどいませんよね。

薬といっても様々な種類がありますが、今日のブログは鎮痛剤(痛み止め)に関するお話。

 

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着10名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院にお越しの患者様は、鎮痛剤に頼っていた・・・という方が非常に多いんです。

 

実際、腰痛や神経痛・五十肩など様々な痛みに悩まされ整形外科などの病院に行くと、ほとんどのケースで鎮痛剤を処方されます。

 

薬に頼るのは良くない・・・

そう頭で分かっていても、痛みに耐えられず鎮痛剤に頼ってしまうという方がほとんど。

 

痛みが強い時に鎮痛剤に頼るのは仕方がないかもしれません。

しかし、頼り続けるのは・・・

 

「先生 お陰様で鎮痛剤をやめられました!

前は薬を飲まないと痛くて寝れなかったんですが、今は朝までグッスリ眠れます。」

こんな嬉しいご報告をして下さったのは60代の男性。

3年前のある日、急に首~右腕の痛みとシビレを感じるようになり、整形外科を受診。

レントゲン・MRIなどの検査結果から

「頚椎椎間板ヘルニア」

という診断を受けたとの事。

 

手術の対象内だと医師から言われたが、手術は受けたくないと患者様の意見を尊重し、首を引っ張る牽引治療や電気治療・そして鎮痛剤などの投薬を続けていたそうです。

 

一向に良くなる兆しもなく、首から右腕の痛みやシビレは悪化する一方。

 

そんな時に、インターネットで色々調べていると

『レーザー治療』

を見つけて、危険が少ないとの事から受けてみたのが1年半ほど前。

 

レーザー治療を受けたにもかかわらず、ほとんど変化は無し。

 

この痛みと一生付き合わなければいけないのか・・・

そう思っている時に、息子さんから当院の事を聞いて来院されました。

 

当院に来院された時は、鎮痛剤を飲んでから寝ても、痛みで2時間も続けて寝ることが出来ない状態。

 

そこから治療を開始して1ヶ月が経過した頃

「先生 鎮痛剤をやめてみようと思うんですが。」

とご相談を受けました。

 

それから以降、鎮痛剤に頼らずとも睡眠もしっかり取れるようになり、日常生活でも支障がなくなるところまできています。

 

”痛み”や”シビレ”などの症状は、身体からの信号です。

鎮痛剤で痛みを抑えても、悪くなっている箇所が治っている訳ではないんです!

悪くなっている箇所があるから、”痛み”や”シビレ”などの症状を感じる・・・という事は、痛みを感じる動作や姿勢をする事で悪化するという信号。

それを考えると、痛みなどの信号を感じることが出来ない状態を作る鎮痛剤を服用する事で、知らず知らずの間に状態が悪化する可能性が高まってしまいます。

 

痛みを一時的に止めるのではなく、痛みなどを発症させている根本原因を明確にし、その根本原因から改善していかなければ意味がありませんよね。

 

ただし、鎮痛剤自体が悪いものと行っている訳ではありません。

手術後の痛みや、切り傷などの痛みなど時間と共に治っていく痛みに関しては鎮痛剤は必要な薬ですから。

 

今回のブログで書かせてもらった患者様は、根本原因から改善することが出来、笑顔が戻りました。

これほど嬉しいことはありません。

 

本日も1人でも多くの患者様が笑顔を取り戻せるよう一診入魂です!!!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

「えっ!?握力が2倍になってる!?!?」

 

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着10名様限定

 

 

 

 

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

ギックリ腰になってしまい、来院された患者様。

歩くのがやっとの状態で、奥様の肩を借りながらのご来院。

 

当院では、基本的にレントゲンを提携病院で撮影してもらい、お悩みの症状の根本原因を分析してから治療に入ります。

しかし、例外としてギックリ腰のように歩くのもやっと・・・

この様なケースのみ、とりあえず痛みを抑える応急処置的な治療を施します。

 

治療後は、

「スタスタ歩いてる!」

と奥様もビックリされる程の回復。

 

歩けるようになってから、根本原因を解明するために提携病院でレントゲンを撮ってもらいました。

 

その後、レントゲンをみてみると骨盤や腰椎辺りの歪みは当然確認されましたが、それ以上に気になるところがあったんです。

 

その気になるところ・・・

それは頚椎(首)!!

 

「骨盤よりも頚椎の歪みが酷いですが、過去に交通事故などに遭ったことはありますか?」

とお聞きすると

「そうなんです。若い頃にバイクのレースをしていて・・・

その時に、転倒して首を痛めてしまったことがあるんです。

元々50~60kgあった握力が、その事故以降20kg位しかないんです。」

 

この患者様は、建築関係の仕事をされていてガッシリした体型。

二の腕は丸太のように太いんです。

 

握力20kgといえば、女性くらいの握力。

この体型からは想像できない数字。

 

「握力は、右の方が弱いんじゃないですか?」

と質問してみると

「何でわかるんですか?

そうなんです。右手の方が弱いんです。」

と患者様。

 

なぜ右手の方が握力が弱いのかが分かったのかというと、それはレントゲンに映し出された頚椎の歪み方からなんです。

(ここの詳細は専門の人間しか分からないと思うので割愛します。)

 

「今からギックリ腰の根本原因に対しての治療を施していきますが、それと並行して頚椎の治療も施します。頚椎の治療を施すと、握力も改善すると思いますよ。」

といいながら治療開始!

 

治療前に握力を測ってもらうと、確かに両手ともに20kg前後。

 

その後、骨格矯正を施してから再度握力を測ってもらうと

「えっ!?倍になってる!?!?

確かに力が入りやすくなっているのが分かります!!」

 

治療後に握力を再度計測してみると、両手ともに

38kgを超えていました。

 

なぜ頚椎の矯正で握力が回復したのか?

それは、手を動かしている神経が頚椎から繋がっているからなんです。

事故の影響で頚椎が歪み、手に繋がる神経を圧迫していたんですね。

頚椎の歪みを矯正することで、神経の流れが良くなり握力も回復したというわけです。

 

こちらの患者様は、ギックリ腰も回復し元気にお仕事に行っておられます。

 

痛みなどの症状がきついと、どうしても表情が曇りがち。

患者様に笑顔が戻ってくれて何よりです。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の3大欲に含まれる睡眠。

この睡眠がちゃんととれない・・・これほど辛いものはないですよね。

 

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

 

 

毎月先着10名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

冒頭にある「眠れない」というのは、いわゆる不眠症と呼ばれるものではありません。

ここ数か月を振り返ってみると、

首の異常で睡眠がキチンととれない

という患者様が多数いらっしゃってます。

 

首や肩のコリが辛すぎて、ちゃんと眠れない・・・

首の痛みで目が覚めるんです・・・

寝返りを打つ度に首の痛みで起きてしまいます・・・

この様な訴えをされる患者様方の中には、病院で

頚椎(首)椎間板ヘルニア

と診断された方も。

 

 

痛みで目が覚める・・・これって、かなりのストレスですよね。

それ以上に、疲労回復の為に必須の【睡眠】がきちんと取れなければ、身体全体へ悪影響を及ぼすのを容易に想像できると思います。

 

この様なお悩みをお持ちの方々に、骨格矯正を施す事で

「いつも2~3時間位寝たら首の痛みで目が覚めていたのですが、朝までグッスリ眠れるようになりました!」

「朝起きる時は、いつも首の痛みで目が覚めていたのですが、骨格矯正を受けてから朝を気持ち良く迎えられるようになりました!」

「首の痛みが楽になって、最近では寝坊してしまう事も・・・(笑)」

などの声を患者様方から頂きます。

 

首の痛みで目が覚める・・睡眠がとれないという方々は、やはり首に歪みがある事がほとんどです。

骨格矯正では、当然この首の歪みに対してアプローチしていく訳ですが、歪みだけでなく関節の可動性に対してもアプローチしていきます。

 

首の骨(頚椎)は、7つあります。

この7つの頚椎の間には、関節があるわけです。

 

頚椎が歪むと、頭の重み(約6㌔)が関節に大きな負担になります。

すると、関節の可動域(動く角度)が狭くなってしまうんです。

分かり易くいうと、本来50°動かないといけない関節が、可動性を失って30°しか動かなくなってしまったりという事です。

 

関節の動ける範囲が狭くなると、寝返りを打った際などに可動域以上に動こうとしてしまった瞬間に激痛が走るわけです。

 

なので骨格矯正では、頚椎の歪みだけでなく関節の可動域を取り戻すようなアプローチも施すんです。

 

その結果、上記のように改善出来るんですね。

 

 

首の痛みが楽になった・・・こんなご報告は大変うれしいですが、眠れ過ぎて遅刻・・・これは、嬉しいような微妙なご報告(笑)

これから寒くなってくると、布団が気持ち良くなる季節です。

気持ち良い睡眠をとって、日々の疲労を溜めないようにしなければいけません!!

 

首の痛みでお悩みの方は、頚椎の歪みや可動性のチェックから始められることをお勧めします!

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「昨日から急に腰が痛くなって・・・」

 

「今朝 下の物を取ろうとしたら急に腰が・・・」

 

「昨日から腰の調子は悪かったんですが、今朝起きて動いた瞬間から腰と右足が痛くて痛くて・・・」

 

ここ最近、このような訴えをされる患者様が急増中です!

 

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

 

 

 

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ここ最近、ギックリ腰の患者様が急増中です。

9f8d46a6

まずは、ギックリ腰って何?と思っている方もいらっしゃると思うので、その辺りから。

 

ギックリ腰というのは

「急に腰が痛くなった状態の俗称」

なんです。

俗称というと、正式な病名ではないという事。

 

このギックリ腰は、様々な病名の腰痛が含まれますが、大きく分けると2つの原因になります。

まず1つめが

関節の損傷

 

そして、もう1つが

筋肉の損傷

 

要するに何らかのきっかけで腰周囲の関節か筋肉を痛めてしまい、急激に痛みが発症する状態ですね。

 

多いきっかけとして

・重たい物を持ち上げた時

これは、非常に分かり易いきっかけです。

重たい物を持つと腰に負担がかかるのは、皆さん容易に想像できると思います。

 

その他のきっかけになると

・下(地べた)の物を撮ろうとした時

・顔を洗おうとした時

・くしゃみをした時

・ゴルフでスイングをした時

など様々なきっかけが元で、ギックリ腰になってしまいます。

 

あまりに酷い状態だと、歩くことが出来ずトイレも大変・・・こんな状態になってしまう事も。

 

当院に来院された方達のほとんどが

真っ直ぐ立つことが出来ない

状態でした。

もちろんスムーズに歩くことも出来ません。

 

こんな方達が、お帰りの際には

「先生 真っ直ぐ立てるようになりました。」

「妻に支えてもらわなくても歩けます。」

と笑顔でお帰りになられます。

 

この嬉しそうな患者様の笑顔ほど、私にとって嬉しい事はありません♪

 

どんな事をすると、ギックリ腰がそんなに良くなるの?

それは、患者様それぞれのギックリ腰の原因を明確に判断し、その原因に対して施術しているからです。

 

あっ!ここで1つご忠告。

万が一このブログをご覧いただいているあなた、もしくは周りの方がギックリ腰になってしまった場合・・・

絶対に温めないようにして下さいね!!!

温めると悪化する可能性大!!

こんな場合は、氷で冷やして下さいよ!!

 

 

ボチボチ診療が始まるので、今日のブログはこの辺で。

本日も一診入魂で診療開始です!!!

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月も半ばになりましたね。

ここ最近、初めてご来院される患者様が多いのですが・・・

9月に入ってからを振り返ってみると・・・

 

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

 

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

9月に入ってから様々なご相談を頂いていますが、1番多いのが

「病院で椎間板ヘルニアと診断されて、手術を勧められたのですが・・・出来れば手術は受けたくないんです。」

というもの。

 

確かに手術は嫌ですよね・・・

出来れば手術なしで改善したい、そのお気持ち良く分かります。

 

 

ちなみに椎間板ヘルニアってご存知ですか?

 

hernia

上図を参考にして頂くと分かり易いと思います。

 

まず椎間板とは、背骨と背骨の間にあるクッションの役割をする軟骨の一種。

この椎間板が何らかの原因で飛び出してしまっている状態・・・

これが椎間板ヘルニアです。

 

※ちなみにヘルニアとは、ドイツ語で「脱出する」という意味です。

 

この椎間板ヘルニアで厄介なのが、飛び出した椎間板(髄核)が神経を圧迫してしまう事。

 

神経を圧迫すると、手や足に強い痛みやシビレが出てくるんです。

 

 

 

手術とは、この飛び出している部分を切除するのが目的で行われます。

 

椎間板ヘルニアでも最多である腰部の手術は、比較的簡単なのもの。

しかし手術は受けたくないもの。

 

 

現在お越しの方々は、経過良好な方ばかり。

 

なので、皆さん

「手術を受けなくてよかった♪」

と喜んでおられます。

 

いくら簡単な手術でも、メスを入れなければいけませんから。

 

 

 

昨日も、頚椎(首)ヘルニアの方が来院されました。

少しでも早く改善できるように、本日も一診入魂で診療にあたります!!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回(11/28)のブログ

https://issin.biz/blog/archives/1756

の続きです。

 

この50代の患者様は

「やっぱり、ちゃんと診てもらって良かった!

僕は、基本的に整骨院とかカイロプラクティックを信用していないんですよね。

先生の所は、ちゃんとしてくれるって、なぜかピーンときたんですよ。」

と、おっしゃっていました。

 

なぜ、整骨院やカイロプラクティックを信用していなかったのか・・・

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

信用していなかった理由、

そして、なぜ当院の事は信用して頂けたのか・・・

その事が気になったので、お聞きしてみる事に。

 

「私は、学生時代から柔道をやっていて、現役引退後から数年前まで指導もしていました。

柔道をしていた人間って、柔道整復師(整骨院の資格)を取る人って多いですよね。

あとカイロプラクティックなどの治療家になる人間も多いですし。

そんな関係で、私の周りには整骨院やカイロプラクティックをしている人間も多いんです。

 

長年腰痛で悩んでいた私は、知り合いの治療院に何軒も行きました。

でも、どこに行っても改善した事がないんです。

 

身内だから分かる事ですが、プライベートなんかを見ていても全然勉強していない・・・

そりゃ改善出来る技術を身に付けられませんよね。

それでも商売上手な奴は、食べていけますから。

そんな内情を知ってしまってから、整骨院やカイロプラクティックを信用できなくなったんです。

 

なぜ、先生にお世話になろうと思ったか?

それは、レントゲンを提携病院で撮ってから治療に入る・・・

という事が1番の理由です。

 

いっしんさんの前は、車で良く通るんです。

それで、気になってホームページを探してみたら、レントゲンの事が書いてあって。

確かに先生のおっしゃる通り、レントゲンを撮らないと正確な歪みは分からないですよね!

自分の目でレントゲンを見て納得しました。

そら 長年腰の調子が悪い訳だ と。

 

それに、先生とお話ししてみて

この先生は、とても勉強してるな!

と分かったんです。

それで、ココは信用できる!と思ったんです。」

 

という事でした。

 

 

この患者様の周りにいらっしゃる方々のように、

柔道家出身の治療家=技術がない&勉強しない

という訳ではありませんよ。

 

私の知っている柔道家出身の先生で、勉強熱心で技術も高く、知識も豊富な先生はたくさんいらっしゃいます。

現に私の師匠も柔道7段で、治療所に柔道場を併設して指導もされていた方でしたから。

 

 

ここで思うことは、やはり

レントゲンの重要性

です。

 

どれだけ熟練した治療家でも、レントゲンを撮らずに体表から骨格の状態を100%把握することは不可能なんです。

 

という事は、骨格の状態を”推測”し、その”推測”を基に治療する訳ですから

とても危険な行為以外の何者でもないですよね。

 

治療を受けて悪化・・・

”推測”を基に治療を受けると、こんな事もあったりしますから。

 

なので、当院ではレントゲンを撮影してからでないと

骨格矯正を施しません。

 

限りなく”安全”に、

そして

限りなく”正確”に

治療を施すのが当院のモットーでもありますから。

 

何より、患者様に不利益になる事だけは絶対にしてはいけませんからね。

 

この辺りを、患者様が信用して下さったのだと思います。

 

本日も、上記のモットーをもとに

一診入魂で治療にあたらせて頂きます!!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

「2カ月以上痛みで首が回らなかったのが治りました♪」

 

豊中市 山田瑞枝様 (30代女性)

P1010092

拡大は↑click

 

 

1年前…朝起きると首がいたくてまわらない状態!!

23日してもなおらないので、病院へ行き、レントゲンをとってもらうと、ヘルニアと診断されました。

生まれつき首の骨がくっついている所があり、人より骨の数が少ない事が判明!!33才にしてはじめて知りました。その後CTをとり、脳に異状がないか検査し、その結果病院の先生は「脳には異常ないので、痛みがなおるまで薬のんで下さい。」と……

そんな薬だけでなおるんかい!!と思っている時、いっしんさんを知り、とりあえず行ってみる事にしました。

2か月以上も首がまわらない生活をしていたので、宮島先生に「お願いです!!何とかして下さい。」となきつきましたよね()

2回、矯正、鍼治療をしてもらうと、少しずつ首が回るようになり、すっかり痛みがなくなるまで回復する事ができました。

本当に感謝しています。

私はエステティシャンという職業がら、疲労がたまると、首腰に痛みが出てくるので、定期的にメンテナンスしなければいけません。これからもいっしんさんとは長い付きあいになると思いますが、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません

 




 

最近多いご相談TOP3

昨日は№2についての記事でした。

 

本日は、堂々の第1位の発表です♪

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

堂々の第1位は

坐骨神経痛です!

 

 

左のお尻が痛いんです・・・」

歩いていると右脚が痛くなるんです・・・」

左足がシビレるんです・・・」

長時間座っていると腰~お尻が痛いんです・・・」

などなど患者様の訴えは様々です。

 

 

坐骨神経痛とは、

坐骨神経が何らかの原因で圧迫されて

痛みやシビレを感じる症状をさします。

 

ちなみに下の図が坐骨神経です。

腰椎と腰椎の間から出て

脚の方に繋がる神経です。

 

坐骨神経痛の根本原因は

骨盤・腰椎の歪み

にある事がほとんどです。

 

当院で施す骨格矯正で

骨盤・腰椎の歪みを矯正する事で

坐骨神経痛の症状はほとんど改善します。

 

お尻の痛みや

脚の痛み・シビレ

などでお悩みの方は、

骨盤・腰椎の歪みの有無を確認する事が

根本原因を探す最も早い方法になります。

 

一昨日から3日間にかけて

ここ最近 当院に多いご相談TOP3

について書いてきました。

 

この他にも様々なお悩みでご来院されている方もいらっしゃいますが、

ここ最近は、本当に

①坐骨神経痛

②頭痛

③産後の腰痛・股関節痛

の3症状が非常に多いんです。

 

ご来院頂く全ての方が、お悩みから開放され

“笑顔“になって頂けるよう

一診入魂で治療にあたろうと思う今日この頃です。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 




昨日の続きです

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

昨日は、椎間板ヘルニアの病態を中心に書きました。

本日は、この患者様の経過を書いていく事にします。


提携病院で撮影してもらったレントゲンを診て

気付いた事があったので患者様に聞いてみました。

「病院で、すべり症だと言われませんでしたか?」

と聞いてみると

「いや・・・初めて言われました。」

という事でした。


その当時にすべり症がなかったのか?

それとも、病院のドクターが見落としていたのかは分かりません。


ただし、すべり症のレベルは

かなり低いものだったので気にしなくて良いと判断。


「最近 身体の歪みが酷くなっているような気がします・・・」

と患者様は、かなり気にされていたので、

レントゲンから歪みを分析。


すると、

先天的な歪み

もある事が判明。


先天的な歪み自体は、改善する事は出来ません。

しかし、この患者様は

先天的な歪み以外にも

後天的な歪みもありました。


この後天的な歪みが、

腰~左足に繋がる神経を圧迫している事が分かったので

圧迫されている神経を解放してあげるように

骨格矯正を開始。


治療を開始して2週間後

「先生!!手術後20年で初めての感覚です!

今まで、膝から下のシビレと痛みを感じない日がなかったのに・・・

この前の治療後から、足首から下だけになってるんです!!

ありがとうございます!!」

と、症状の出ている範囲が、かなり狭くなったと喜んでくれていました。


手術後20年・・・

これだけの期間 患い続けていたので、

私の予想では、もう少し症状の改善までに時間がかかると思っていました。

嬉しい誤算です。


まだ完全に歪みが取れきっていないので、

これからも骨格矯正を続けて

もっともっと快適な身体環境になってもらえるよう

一診入魂で治療にあたらせてもらおうと思っています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 


一昨日の続きです

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

20年前に腰部椎間板ヘルニアの手術をされた患者様の訴えを

一昨日のブログに書きました。


今日は、以前のブログにも書いたかもしれませんが

「椎間板ヘルニアとは何ぞや?」

というお話から書いていこうと思います。


まずは、

「ヘルニアとは何ぞや?」

についてのご説明を。


ヘルニアとは、ドイツ語で

『脱出する』

という意味になります。


という事は、

椎間板ヘルニアとは

椎間板が脱出しているという事です。


次に、椎間板についてのご説明を。

椎間板は、背骨と背骨の間にあり

クッションの役割をしている軟骨の一種です。


椎間板は、髄核と繊維輪で構成されています。

髄核は椎間板の中心部にあり

繊維輪は髄核を取り囲んでいます。


何らかの原因で、髄核が繊維輪を突き破り脱出した状態を

椎間板ヘルニアと呼びます。


椎間板ヘルニアで最も怖いのが

神経を圧迫する可能性があるという事です。


背骨と背骨の間からは神経が出ています。

という事は、椎間板と神経は

かなり近い位置にあるんですね。

神経を飛び出した髄核が圧迫すると

神経症状が出てきます。


椎間板ヘルニアで最も多いのが、

この患者様と同じように

腰部でのもの。


腰部から出ている神経が圧迫されると

臀部(お尻)~脚に激痛が走ります。

この患者様も、同様に左足の激痛で歩けなくなり

手術を止む終えず受けた訳です。


さて、この患者様の現状はどうなったか?

続きを書きたいところですが

時間が無くなってきたので明日のブログに。

それでは皆様また明日。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 


今朝は、とっても良い天気でしたね。

久しぶりに朝のジョギングをしましたが

気持ち良く走れました!

 

話は変わりまして

今日は、椎間板ヘルニアに関するお話を。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

少し前から来院されている50代女性の患者様。

 

ご来院の動機は

20年前に椎間板ヘルニアの手術をしました。

その当時は、左足の痛みで歩く事も出来ず・・・

手術を止む終えず受けました。

手術後は、歩く事は出来るようになったのですが

左足のシビレが残っていました。

手術をしてくれた先生に左足のシビレに関して聞いてみると

「シビレは一生付き合っていかないといけないかも・・・」

と言われてしまったんです。

シビレがあるのは嫌ですが、

歩けるようになったので良しとしなければいけない

そう自分に言い聞かせました。

手術後しばらくすると

左足の膝から下の痛みが出てきました。

疲れが溜まると膝から上も痛くなる事もあります。

手術前の痛みに比べると軽いのですが・・・

手術は出来るだけ避けたいので

整骨院・鍼灸院・整体院・カイロなど

たくさんの治療院に通ったのですが・・・

治療効果を感じる事があまり出来ませんでした。

いっしんさんでは、レントゲンを撮影して

身体の歪みの分析をしてくれると聞きました。

最近 自分でも以前より身体が歪んでいる様に思います。

なので、一度レントゲンを撮って

ちゃんと診てもらいたくて来ました。

という事でした。

 

確かにレントゲンを撮らずとも

歪みがあるのが分かるほどバランスの悪い状態。

 

この歪みが、何から来ているのか?

それを分析する為に提携病院でレントゲンを撮影してもらう事に。

 

明後日のブログでは、

椎間板ヘルニアとは何ぞや?

というお話と共に

この患者様のお話しを書いていこうと思います。♪

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 



 

 

昨日の続きです。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 2回目の治療から数日後に

3日間連続でレッスンがあったそうです。

 

レッスン1日目・2日目は、特に痛みも再発せず

調子良くレッスンに励めたそうです。

 

レッスン3日目。

この日は、レッスンの時間も1番長かったそうで、

4時間ほとんど休憩なし。

 

レッスン終盤に

右臀部(お尻)と右のスネ

の痛みが再発。

 

当然 足も上がらなくなり

出来る範囲でレッスンは何とか最後まで続けたそうですが・・・

 

3日目のレッスン翌日に

これらの経過を聞きました。

 

1回目の治療後に痛みなどの症状がなくなっても、

患部の状態が完治した訳ではありません。

 

完治するまでレッスン中止を勧告するのも1つの方法だと思いますが、

私は患者様の意見を尊重するようにしています。

もちろん、絶対に中止しなければいけない状態であれば、

何が何でも止めますが。

 

その後、治療後は症状が無くなり、

レッスンで再発し

を5回目位の治療まで続きました。

 

現在10回目の治療が終わったところですが、

6回目の治療以降は臀部の痛みもスネのシビレ・痛みも再発していません。

もちろん この間もレッスンは続けておられます。

 

「最近は、痛みなど気にせずにレッスンが出来て

本当に嬉しいです♪」

 

と喜んで頂いています。

 

この患者様が

「私と同じような症状を持っている人

同じスクールでも、とっても多いですよ。

でも、

こんなの当たり前

ってほったらかしにしている人が多いです。」

そんな事をおっしゃていました。

 

確かにクラシックバレエやダンス等をされている方は

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などを患うケースが非常に多いです。

 

放っておけばおくほど、改善する事が難しくなります。

 

もし、同じような症状で

満足にバレエやダンスが出来ていない方は

すぐに専門の治療院で診てもらって下さいね。

 

最悪 手術しなければ治らない・・・

そんなレベルまで悪化したら大変ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

昨日の続きです。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

「大好きなクラシックバレエが

出来なくなるのは辛い。」

 

そうおっしゃる患者様。

確かに、痛みで足が上がらなければ

バレエを続ける事は困難。

 

出来るだけ早く全力でバレエに取り組めるようにするには、

まずは

「なぜ お悩みの症状が出ているのか?

根本原因を究明しなければ始まりません。

 

そこで、提携病院にレントゲンを依頼。

 

撮影してもらったレントゲンを診てみると

骨盤の歪みが著明。

 

そして、腰椎5番と仙骨の間の椎間板が

かなり薄くなっているのが分かりました。

 

椎間板ヘルニアの可能性が高まります。

 

椎間板ヘルニアはMRIを撮影しなければ最終的な判断は出来ませんが、

かなり以前に腰痛を患った時に、

整形外科で

「腰の椎間板ヘルニア」

といわれた事がある

という事もふまえて考えると、

椎間板ヘルニアだと考えるのが妥当です。

 

当院で施す骨格矯正では、

椎間板ヘルニアに対して

骨盤の歪みはもちろん頚椎(首)の矯正も並行して行います。

 

1回目の治療が終わり

「明日レッスンに行っても良いですか?」

との質問があり

OKを出しました。

 

2回目のご来院時の第一声が

「この前の治療後にレッスンに行ってビックリしました!

バレエの先生にも

「ちゃんと右足も上がってるわよ」

と誉めてもらいましたし、

足を上げても痛みが無かったんです!!

骨格矯正ってすごいですね!!」

 

とお喜びの声を頂きました。

 

ただ、その後痛みが再発・・・

 

現在はどうなっているのか?

 

この続きは、明日のブログに!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 昨日から、2012年の診療がスタートしました。

年末年始に頂いていた4日間のお休み中、

何が一番心配だったか・・・

それは、この4日の間に患者様の症状が悪化していないか・・・

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今日の午前診療までに来られた患者様は、

1人も悪化されている方がいませんでした!

 

ほっ。

 

まだまだ今年に入って来られていない患者様も多いので

完全に安心できる訳ではありませんが、

嬉しい限りです。

 

話は変わりまして、タイトルにもある

坐骨神経痛でお悩みだった

クラシックバレーをされている患者様のお話し。

 

初回来院時の症状は

・腰の痛み

・右の臀部(お尻)の痛み

・右足のスネにシビレと痛み

の3点がメインでした。

 

2ヶ月ほど前から上記の症状が出てきたそうです。

 

クラシックバレエでは

上の画像の様な

片足立ちで、

足を後方に上げるポーズって多いですよね。

 

右足を軸に左足を後ろに上げる事は可能。

2ヶ月ほど前から急に

左足を軸に右足を上げる際

痛みが出てしまい左ほど上げる事が不可能になったそうです。

 

これでは、大好きなバレエを続ける事が出来ない・・・

そこで、当院のホームページを見てご来院されました。

 

・・・・申し訳ございません。

時間が無くなってきたので、続きは明日のブログに!!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

昨日の続きです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

レントゲンを提携病院で撮影してもらい

根本原因を分析した結果・・・

改善の余地充分にあり!!

 

整形外科では

「老化現象の1つで、完全に治るのは難しい」

と言われていたそうなので、

レントゲンの分析結果を伝えた時は

本当に嬉しそうでした。

 

「またバレーボールを目一杯やりたいんですが

そこまでは無理ですよね・・・」

そうなんです!

この方は70歳を過ぎてもバレーボールを楽しんでおられました。

しかし、1年近く前から首の痛みで思うようにバレーボールが出来ず・・・

 

「はい!またバレーボールを楽しんでもらえるくらいまで回復できますよ!」

そう伝えた時の、患者様の嬉しそうなお顔。

 

この期待に応えられるように全力で治療にあたらせて頂く事に。

 

1回目の骨格矯正の治療後に

「首の痛みが楽になっています。

右に向けなかったのが、治療前よりも回るようになりました!」

 

痛みが出てからの期間が長いのと、

頚椎の歪みが酷過ぎるのとで

完治までには時間がかかるのが正直なところ。

 

まだ1回目の治療が終わったところです。

出来るだけ早くバレーボールが出来る身体環境に持っていけるよう

そして、患者様から

「やっぱりバレーは楽しいです♪」

と心から言ってもらえるように

一診入魂の精神で治療にあたろうと思います!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

いきなりですが、首を左右に回して

同じくらい回りますか?

向き易い方・向きにくい方がある方は

頚椎が歪んでいる可能性が高いですよ!

 

今日は、この頚椎の歪みと関連した事で

お悩みの患者様のお話しを。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

当院にお越しの患者様から

「昔の私と同じように首の痛みで悩んでいる友達がいるから

いっしんの先生に診てもらい

と言ってるんですけどねぇ・・・」

と以前から聞いていたんです。

 

しかし、なかなか一歩が踏み出せない理由の1つに

自宅から当院までが遠い・・・

実は、この患者様もご友人の方も奈良県在住なんです。

 

確かに遠いです。

 

どうやら、鍼灸院でハリ治療をしてもらっていたそうですが効果なし・・・

整形外科では、痛み止めの薬と張り薬・そして注射を続けていたそうですが効果なし・・・

 

ここ最近は、特に首の痛みが強くなってきたそうで・・・

「遠いけど、首の痛みが辛すぎるから

 藁をもすがる想いで来ました 

と当院にいらっしゃいました。

 

最初に

触診や視診など色々な検査をしてみると

「これは、相当辛かっただろうな・・・。」

と分かるほど酷い状態でした。

 

「先生 治りますか?

 との問いに

「お力になれる可能性は高いです。

ただしレントゲンを撮って、科学的に根本原因を探し出さなければ

絶対に改善できるとは言い切れません。」

と正直にお答えしました。

 

レントゲンを撮らずして、骨格の歪みを正確に判断することはできません。

触診や視診などの検査だけでは”推測”をする事は出来ても

確実な答を導き出す事は出来ないからです。

 

という事で、提携病院にレントゲンを撮りにいって頂きました。

 

この続きは、時間の関係上 明日のブログに書かせてもらいますね♪

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 昨日の続きです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

同僚達が、椎間板ヘルニアや股関節の痛み、ギックリ腰などで仕事が出来なくなっている中

「自分は大丈夫か?

仕事が出来なくなってからでは遅いから

事前に診てもらいたい。」

と相談してきた友人。

 

予防する為には、まず身体環境の現状を確認する事が何よりも先決。

という事で、提携病院にてレントゲン撮影を依頼。

 

ここまでが、昨日の内容でしたね。

 

まずは、彼が最も心配している椎間板ヘルニアのリスクをレントゲンで確認。

椎間板ヘルニアを細部まで診ようとすると、MRIが必要ですが、レントゲンでもある程度は分かります。

椎間板ヘルニアとは、椎間板が飛び出して神経を圧迫してしまう病気です。

椎間板が飛び出してしまう場合、椎間板が変性し薄くなっています。

彼のレントゲンを診てみると、椎間板は厚みもしっかりしていました。

今すぐ椎間板ヘルニアになる可能性は0に近いと判断。

この話をして友人は

「良かった~ ホッ」。

 

しかし、腰に関しては心配な部分が2点。

腰椎は本来横からみると、お腹側にカーブしていなければいけません。

彼の腰椎は、お腹側へのカーブが緩くなり、直線に近い状態に。

 

そして、もう1点。

正面からみた際に、腰椎が”くの字”に歪んでいました

 

横側からみた腰椎カーブの減少・・・

腰椎がお腹側にカーブしているのは、上半身の重みが腰椎や椎間板などに負担が掛かりにくくなる為。

このまま放っておくと、腰(椎間板も含む)への負担が大きくなり、腰痛や椎間板ヘルニアのリスクが高まります。

 

正面からの歪みは、左右でのバランスが崩れてしまうだけでなく、

神経を圧迫してしまう可能性も考えられます。

 

これらのリスクを話していると

「結構やばいやん・・・

治してくれるんかな?」

と不安げに尋ねる友人。

 

「ちゃんと治療に通えたら治してあげるよ!」

と私。

 

「じゃあ、頑張って時間作るからヨロシク!」

と、建築関係の仕事が続けられる身体環境作りの治療が始まりました。

 

現在 特に欧米では、「病気を 予防 する」という感覚が浸透してきています。

日本では、まだまだこの様な観点でご自身の健康を考えている方は少ないようです。

当院が出来る事は、痛みやシビレなど身心のお悩みの根本原因である

”骨格の歪み”を改善する事です。

 

彼の様に

「これから先、○○が出来なくなったら困る」

と、現在は酷い症状がなくても

健康で好きな事・しなければいけない事などが出来るよう

予防的見地で来院される方も増えてきました。

 

もし、ご自身の身体環境が心配でしたら

現在HP上で行っている

初回無料キャンペーン

https://www.issin.biz/campaign.html

をご利用頂き、ご自身の骨格配列を確認される事をお勧めします。

 

何をするにも身体が資本ですからね。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

先日 友人から電話がありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

電話の主は、建築関係の仕事をしています。

そんな友人からの電話内容は

「実は、最近 仕事の同僚達が

”ヘルニアになって立たれへん”

とか

”股関節を痛めて仕事が出来ない”

なんて話を良く聞くねん。

俺も、まだまだこの仕事頑張りたいし・・・

そんな状態になるの嫌やから、

1回診てくれへん?」

という相談でした。

 

どんなお仕事でもそうですが、身体が資本。

特に建築関係は、重たい物を持ったり、身体に負荷のかかる姿勢で仕事をせざるを得ない事も多々あります。

確かに、お仕事上 様々な部位を痛めやすいのが正直なところ。

 

現在の症状は、疲れが溜まると腰が重たくなる。

それ以外は、特にないそうです。

 

身体環境の現状を把握して、予防できるならしていきたい

とっても良い考え方だと思います。

 

いわゆる予防医学ってヤツですね。

 

そこで、まずは現状を知る為に

提携病院への紹介状を渡して、

レントゲンを撮影してきてもらいました。

 

 

そのレントゲンから分かった事は・・・・

明日に続きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いっしん


大阪府豊中市蛍池東町にお住まいの方で 痛みや歪みなど心身のお悩みをお持ちの方はお気軽にお越しください。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031