膝の治療 | 大阪府豊中市蛍池東町 最先端骨格矯正サロン いっしん

H O M E 患者様の声 最先端骨格矯正 当 院 紹 介 スタッフ紹介

頭   痛
腰   痛
ぎっくり腰
椎間板ヘルニア
膝   痛
股関節痛治療
肩こり・手のシビレ
猫背・姿勢矯正
坐骨神経痛(脚のシビレ)
メニエール・めまい・耳鳴り
冷え性
寝違い
産後骨盤矯正
美脚矯正
足のむくみ・だるさ


交 通 事 故 治 療
むち打ち治療
自動車事故
バイク事故
自転車事故
人身事故
自損事故
物損事故
自賠責


料金・治療の流れ
アクセスマップ
お問い合わせ・ご相談





大きな地図で見る
■膝  痛



ヒザの痛みといっても、疾患名を列記していくと大変多くの名前が挙がります。

変形性膝関節炎・膝関節周囲の靱帯(じんたい)損傷・半月板損傷・ジャンパー膝・鵞足炎・滑液包炎・膝蓋骨骨折・オスグッド病・タナ障害などなど・・。

中には、病院で検査をしても「原因不明」・「異常なし」という診断が出る膝痛もあります。

■膝痛で最多の変形性膝関節症
変形性膝関節症とは、膝部の骨が変形し骨棘(トゲ)が出来る事で、骨棘とその他の組織が擦れて炎症を起こし痛みを感じる疾患です。

この疾患も場合によっては手術を勧める病院も多いのが現状です。
しかし、出来れば手術は避けたいものです。

実際、病院で手術を勧められた変形性膝関節症の患者様が、最先端骨格矯正の治療で膝の痛みが消えた例が多くあります。それはなぜでしょうか?

骨盤(こつばん)の歪みを矯正すると膝痛が改善される!?

最先端骨格矯正の視点から膝痛を治療する場合、最重要視する部位が、患部の膝ではなく“腰”です。
骨盤や腰椎(腰の骨)の歪みを矯正すると、膝の痛みが改善されると最先端骨格矯正では考えています。

では、なぜ患部の膝ではなく、骨盤・腰椎の歪みを重要視するのでしょう?
例として、変形性膝関節症で考えてみましょう。変形とは、前述したように骨の形が変わり、棘が出来た状態です。変形は年齢とともに出てくる老化現象の一種。変形があるにもかかわらず、痛みを感じる人と感じない人がいるのは、何だかおかしくありませんか?ここに膝痛改善のカギが隠されています。

まずは右図を見て下さい。左右を見比べて分かる違い・・それは膝の角度!!

そうです、膝の角度が悪くなることにより棘が当たり痛みを感じるのです。逆に考えると、膝の角度が改善されれば、棘が当たらなくなり痛みを感じなくなるのです。


膝の角度を改善する為に。

では、なぜ膝の角度が悪くなってしまうのでしょう?膝を含む脚が体幹と繋がっているのは股関節。
股関節は、骨格のどの部分と連結しているのか・・その答えは・・骨盤です!!

骨盤の傾きが正常な位置から外れると、当然膝の角度も正常な位置から外れてしまいます。もうお分かりですね!なぜ最先端骨格矯正では、膝痛に対して骨盤へのアプローチを最重要視するかが。

▲ページの先頭へ
■最先端骨格矯正による膝痛へのアプローチ

 (1) 膝の関節に対してのアプローチ
最先端骨格矯正を施すことで、膝関節の角度の改善が期待できます。これにより、内側または外側に偏っていた負担を均等化することができ、痛みの緩和が期待できます。

 (2) 膝の筋肉に対してのアプローチ
筋肉は、骨から骨に付着しています。膝を動かす筋肉のほとんどが骨盤〜膝の骨に付着しています。骨盤が歪む事で、これら膝を動かす筋肉が引っ張られることで、痛みが出現します。骨盤を矯正することで、これらの筋肉が引っ張られなくなり、痛みの緩和が期待できます。

 (3) 膝の神経に対してのアプローチ
身体機能(体を動かしたり内臓を動かしたり)全ての司令塔である脳から、様々な器官に命令が下され人間は身体機能を維持しています。脳からの指令は、背骨の中にある脊髄に送られ、その後 背骨の間から出ている神経に伝わり、最終的に内臓や筋肉などの器官に達します。膝を支配する神経は、腰部から出ています。腰椎・骨盤に歪みが生じると、膝への神経伝達が滞り機能が落ちてしまいます。歪みを矯正し神経伝達を正常化する事で、膝の機能が向上し痛みの緩和が期待できます。

CASE1.


右膝の痛み  67歳女性
6年ほど前から長時間歩いた時などに、右膝の痛みを時々感じる。1年ほど前から常時右膝内側の痛みを覚え整形外科を受診。「変形性膝関節症」と診断され、右膝に注射(ヒアルロン酸)を1週間おきに10回ほど打ってもらうも、右膝の痛みに変化がなく、ご友人の紹介で当院を受診。
提携病院で骨格配列分析用のレントゲンと、念のため膝のレントゲンも撮影を依頼。確かに膝関節の変形はあるものの、特に左右差は認められず。そこで、膝と関係の深い骨盤&腰椎の骨格配列を分析すると配列異常が著明にみられた。
治療前の骨盤レントゲンを見る(背中側からみています)と、右側の骨盤が下がり、腰椎も右側に倒れています。このような骨盤の歪みは、右足への負荷が左足よりも大きくなります。また右膝関節の内側が狭くなるような膝関節の歪みも作られ、その為に右膝の痛みが出現したと考えました。
そこで、右膝への直接的な治療はせず、右側へ傾いた腰椎・骨盤を起こすように最先端骨格矯正の治療を施しました。
骨盤が正常な位置に戻るとともに、右膝の痛みも消失。膝の痛みを感じたら、骨盤の歪みを確認する必要があります。患部に原因があるとは限りませんから。


CASE2.



原因不明の膝の痛み  27歳女性(当時)
両膝 特に左膝の痛みがあり、病院でMRI・レントゲンなどの検査をするも異常が見つからず、当院へ来院。
当院でレントゲンを分析させてもらうと、骨盤・膝関節の角度が悪くなっていることが判明。頚椎(首の骨)にも歪みが存在していたのですが、頚椎の歪みを矯正することで自然治癒力を上げる効果が期待できる為に、骨盤・膝関節と共に最先端骨格矯正を施しました。
数回の最先端骨格矯正治療で、膝の痛みは解消されました。膝関節の角度の悪化は、骨盤が歪むことにより起こります。病院では骨の変形(骨折やヒビなどの形状の異常)を発見することは得意とするところなのですが、骨格配列の異常に関しての異常を細かく分析しない為に原因が分からなかったのだと思われます。
この患者様は20代とお若いですが、ご年配の方に頻発する“変形性膝関節症”も骨盤の歪みを正すことで改善することが多いです。


当院では膝痛の原因を突き止めてから治療して早期回復を促します。
ぜひ一度最先端骨格矯正サロン「いっしん」へご相談ください。


▲ページの先頭へ
当院へのお問い合わせ・ご相談
当院では、一人一人丁寧に問診し、的確な施術を行うべく、しっかりとアドバイスいたします。
どんなご質問でも親切丁寧にお答えしますので、安心してお電話ください!
お電話でのご予約・お問い合せなら、すぐに対応させていただきますので、
お待たせ致しません。

また受付時間外など、メールフォームでも受付けておりますので、
あわせてご利用くださいませ。
最先端骨格矯正サロンいっしん 〒560-0032大阪府豊中市蛍池東町3-5-3-1F

大阪府豊中市の交通事故治療・“歪み”を正す専門サロン

〒560-0032大阪府豊中市蛍池東町3-5-3-1F
受付時間
9:30〜13:00 休診 9:30-
15:00
9:30-
15:00
休診
15:00〜20:00 休診 休診
※当院は完全予約制となっております。ご連絡の上、ご来院くださいませ。

Copyright© 最先端骨格矯正サロンいっしん. All rights reserved.