猫背・姿勢矯正治療 | 大阪府豊中市蛍池東町 最先端骨格矯正サロン いっしん

H O M E 患者様の声 最先端骨格矯正 当 院 紹 介 スタッフ紹介

頭   痛
腰   痛
ぎっくり腰
椎間板ヘルニア
膝   痛
股関節痛治療
肩こり・手のシビレ
猫背・姿勢矯正
坐骨神経痛(脚のシビレ)
メニエール・めまい・耳鳴り
冷え性
寝違い
産後骨盤矯正
美脚矯正
足のむくみ・だるさ


交 通 事 故 治 療
むち打ち治療
自動車事故
バイク事故
自転車事故
人身事故
自損事故
物損事故
自賠責


料金・治療の流れ
アクセスマップ
お問い合わせ・ご相談





大きな地図で見る
■猫背・姿勢矯正




“猫背”は、大変聞きなれた単語だと思います。
猫のように背中が丸くなっている姿勢をいいますよね。

“猫背”にコンプレックスを抱えている方も多いようです。

“猫背”という不良姿勢になると・・・

格好良く服を着こなせない
自信がなさそうに見える
年齢より老けて見える
挙動不審に見える
などなど、色々なコンプレックスが生まれます。
また、猫背は見た目だけの問題ではありません。

人間は、直立「二足歩行」をする為に、背骨を横からみると複雑な湾曲を作っています。この湾曲を【生理的湾曲】と呼びます。

生理的湾曲が必要なのは、大変重たい頭や身体を支えバランスを取る為です。
猫背は、生理的湾曲が崩れる事で起こる不良姿勢です。

猫背になる事で生理的湾曲が崩れると、関節や筋肉・内臓に掛かる負担が増えてしまうのです。

猫背が原因で起こる症状として、
首や肩の慢性的なコリ
腰痛(ギックリ腰も含む)
股関節(脚の付け根)の前側の痛み
膝の痛み
胃弱
などがあります。
中には椎間板ヘルニアの原因になる事もあります。

見た目はもちろん健康面でも、猫背は何一つ良い事がありません。

横からみた正常な頚椎
猫背の原因になる生理的湾曲が
無くなった頚椎(前頭)
横からみた正常な腰椎
猫背の原因になる生理的湾曲が
無くなった腰椎

そこで当院では、猫背の根本原因になった歪みをレントゲンから見つけ出します。
根本原因になっている歪みに対して最先端骨格矯正を施す事で、
猫背という不良姿勢を改善する事が出来るのです。

▲ページの先頭へ
CASE1.


猫背と背中の痛み  28歳女性
幼少期から、ご両親などに「背筋を伸ばしなさい!」と言われ続けていたが、背筋を伸ばすと背中がしんどくなり、いつも背中を丸めていた。猫背は治らないと諦めていたが、ご友人の紹介で当院へ。
レントゲンを分析してみると、頚椎の歪みが著明で、かなり頭が前に出ており『前頭』になっていました。この為、首と背中の境目辺りの骨が後方に出てしまい“猫背”という不良姿勢が作られています。
本来、頚椎の1番上の骨(頚椎1番)と1番下の骨(頚椎7番)は、真上真下にあるのが正常な配列です。この患者様は、頚椎1番に対して頚椎7番が、かなり後方に位置しています。また、頚椎の顔側へのカーブもなくなり、真っ直ぐになっています。
そこで、これら頚椎の配列異常を改善する為に、頚椎をメインに最先端骨格矯正を施しました。治療継続後、頚椎の配列もかなり改善し、周囲の方から「姿勢が良くなったね」といわれるようになりました。そして、猫背の改善と共に背中の痛みも消失。
“猫背”という不良姿勢は、頚椎の歪み以外にも骨盤・腰椎の歪みが絡んでくることもあります。その辺りは、骨格配列分析用のレントゲンを見れば、どこが原因で“猫背”になっているのか確認する必要があります。


CASE2.


慢性的な肩こり  27歳女性
高校卒業後に就職し、パソコンの使用頻度が多くなった為か、以前より感じていた肩こりが酷くなり整形外科を受診。整形外科では「頚椎の前側へのカーブが無くなっているから、肩がこり易い」と説明を受けた。しかし、整形外科では『筋弛緩剤』と『痛み止め』の薬を処方されるだけだったので、「これでは良くならない」と思い、知り合いを通じ当院を受診。
整形外科の先生が言うように、「頚椎のカーブ」が無くなっていました。本来は、頚椎を横からみると前側にカーブしているのですが、この患者様は後側へのカーブを描くような歪み方をしていました。
そこで、頚椎のカーブを前側に持っていくように最先端骨格矯正の施術を施しました。治療継続後には、上の写真のように頚椎のカーブが前側に矯正され、それと共に肩こりも改善されました。


▲ページの先頭へ
■最先端骨格矯正の視点から“ウェストラインの左右差”を捉える

入浴前に、ご自身のウェストラインをご覧下さい。
左右対称になっていますか?

右側だけくびれて、左側はくびれがない。(逆も勿論あります。)

ウェストラインの左右差が大きいと、ピタッとした服を着た時などに
気になるのが女性の心理だと思います。

ウェストラインの左右差は、骨盤の歪みから現れます。
と言う事は、骨盤の歪みを矯正すれば、ウェストラインを左右対称に整える事が可能です。

ただし、ウェストラインの左右非対称の全てが骨盤の矯正で改善出来るわけではありません。
改善できないケースというのは、先天的な歪みを有している場合です。

改善できない『先天的な歪み』か、改善可能な『後天的な歪み』かは、
レントゲンを分析する事で判断する事が出来ます。

ウェストラインの左右差や、姿勢的な問題でお悩みの方は、まずレントゲンを撮り、
先天的な歪みなのか後天的な歪みなのかを判断する必要があります。

せっかく大切な『時間』と『お金』を使うわけですから。

CASE1.


ウェストラインの左右差と右腰の痛み  21歳女性
「ウェストのくびれ方が左右で違う」のが高校生の頃から気になっていた。特にピタッとしたシルエットの服を着ると目立つ為、あまり目立たない服を選ぶようにしていた。“骨盤矯正”専門の整体院に通うも改善されず、ご友人の紹介で当院へ。
問診をしていると、時々「右腰が痛い」とのこと。右腰の痛みも含め、レントゲンにて骨盤・腰椎の配列を分析する(背中側からみています)と、右の骨盤が後下方に歪んでしまい、その影響で腰椎が“逆のくの字”に歪んでいます。これが「ウェストラインの左右差」と「右腰の痛み」を作っていた原因だと考えました。この様な歪みは、ウェストラインの左右差を作るだけでなく、腰にかかる荷重が右側に偏り、右腰の痛みを誘発します。
そこで、骨盤・腰椎の歪みを改善する為に最先端骨格矯正を施した結果、上のレントゲンのように歪みが改善されるとともに、お悩みだった「ウェストラインの左右差」と「右腰の痛み」も解消されました。
ただし、「ウェストラインの左右差」は全て改善できるわけではありません。なぜかというと「先天性(生まれつき)」の歪みも存在するからです。「先天性(生まれつき)」の歪みかどうかは、レントゲンをみれば判断できます。「ウェストラインの左右差」など美容的なお悩みがある方は、治るものか治らないものかを判断する為に、絶対にレントゲンを撮影してから施術に入る治療院をお探し下さい。そうでないと大切な“お金”と“時間”を無駄にしてしまう
可能性が高くなりますから。

当院では腰痛の根本的な原因を突き止めてから治療して早期矯正を促します。

ぜひ一度最先端骨格矯正サロン「いっしん」へご相談ください。


▲ページの先頭へ
当院へのお問い合わせ・ご相談
当院では、一人一人丁寧に問診し、的確な施術を行うべく、しっかりとアドバイスいたします。
どんなご質問でも親切丁寧にお答えしますので、安心してお電話ください!
お電話でのご予約・お問い合せなら、すぐに対応させていただきますので、
お待たせ致しません。

また受付時間外など、メールフォームでも受付けておりますので、
あわせてご利用くださいませ。
最先端骨格矯正サロンいっしん 〒560-0032大阪府豊中市蛍池東町3-5-3-1F

大阪府豊中市の交通事故治療・“歪み”を正す専門サロン

〒560-0032大阪府豊中市蛍池東町3-5-3-1F
受付時間
9:30〜13:00 休診 9:30-
15:00
9:30-
15:00
休診
15:00〜20:00 休診 休診
※当院は完全予約制となっております。ご連絡の上、ご来院くださいませ。

Copyright© 最先端骨格矯正サロンいっしん. All rights reserved.