ヘッダー

膝痛

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック矯正・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしん

(鍼灸整骨院いっしん併設)です。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は

「運動の秋(ひざ痛・足首の痛み・ジョギング)」

 

台風が続きましたが、少しずつ過ごしやすい季節になってきましたね!

 

食欲の秋!運動の秋!読書の秋!

皆様は秋を満喫されていますか?

 

 

私も定期的にジョギングをしていますが、

この時期に運動を始める方も多いですよね!

 

ジョギングは手軽に始められる運動ですが、

気を付けないとケガの原因になります。

 

 

特に、久し振りに運動を始める時は

テンションも上がっていて

オーバーワークになってしまう事も…。

 

一人一人 筋力や持久力など違うので

ご自身の許容量を確認してから

少しずつ距離やスピードを上げていくのがベストです。

 

 

毎年 この時期になると

「ジョギングを始めてから右ひざを痛めてしまって…」

「ジョギングを開始してから左の足首を痛めました…」

など運動による脚の痛みを訴える方が増えてきます。

 

 

ひざにしろ足首にしろ

両側に出てきたら単純なオーバーワーク

が原因のケースが多いです。

 

しかし、片側の痛みが出てくる場合

骨格の歪みに根本原因がある事が多いんですね!

 

 

片側だと、なぜ骨格の歪みに原因があるのか?

それは、左右の荷重バランスが崩れているから。

 

骨格に歪みがあると、

足の長さに左右差が出てきます。

この為、荷重のかかり具合にも左右差が出てくるんです。

 

骨格の歪みがないと

右脚:左脚=5:5

と均等の負荷がかかりますが、

骨格の歪みがあると

このバランスが崩れ

右脚:左脚=6:4

右脚:左脚=3:7

など片側に過重バランスが偏ってしまうんです。

 

 

この為、過重バランスが多い側の脚を痛めてしまうんですね。

 

片側の脚を痛めてしまったら

骨格の専門家に相談してみる事をお勧めします。

もちろん当院でも

お力になれるでしょう!

お気軽にご相談くださいね!!

 

 

※当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

ご来院前に

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

膝痛専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※土日も診療しております(9:30~14:00)

 

「階段を降りる時に膝が痛い」

 

こんなご相談を頂いたのは60代の女性。

 

膝の痛みには、様々な病態があります。

 

病態により、痛みの感じ方も様々。

そんな中で、階段の昇降というのも

1つの指標になる症状です。

 

上の患者様は、

平坦な道であれば

歩くのは特に問題がない

状態でした。

 

ただし、3週間ほど前から

階段を降りる時にのみ

痛みを感じだしたとの事。

 

「そのうち治るかなぁ…」

と1週間様子を見ていたそうですが

階段を降りる時の痛みは変わらず。

 

 

そこで、ご近所の整形外科に行って

レントゲンを撮ってもらうと

「膝が変形していますね」

と変形性膝関節症という診断が出たそうです。

 

注射を打ってもらったようですが

「整形の先生に何回か注射を続けてみましょう。

といわれたけど、

注射が痛くて…

とそんな事をスーパーで会ったご友人に話したところ

「私も以前 膝が痛かったけど

いっしんさんで治してもらったよ。」

と聞き、来院されました。

 

提携病院でレントゲンを撮ってもらったところ

確かに膝の変形はありました。

が、

根本原因は違う場所なのでは?

と私は判断しました。

 

 

その根本原因の場所とは?

これは、骨盤の歪み。

 

骨盤の歪みがなければ

左右均等に負荷を支えられるのですが、

骨盤が歪むと片側の足への負担が大きくなってしまいます。

 

この患者様が痛みを訴えておられる側の

足への負担が大きくなる

骨盤の歪みがあった為、

そこに対する骨格矯正を施しました。

 

 

すると、3回目の施術後には

階段を1段1段降りれるまでに回復。

 

 

こちらの患者様は、

症状が出てから3週間と

比較的短い期間で来院されたのが良かったです。

 

その為、回復までの期間も短く済みました。

 

 

痛みなどが出たら、

出来るだけ早くご相談ください!

早期治療が早期回復への

1番の近道ですから!!!

 

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

膝痛でお悩みであれば

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回は『ストレートランバーのリスク』について書きました。

 

本日は『ストレートランバーになる原因の考察』について書いていこうと思います。

 

原因は、大きく分けると3つ考えられます。

①   衝撃

②   重量物を持つ事が多い

③   日常姿勢の癖

 

まず①の衝撃ですが、

これで最も多いのが『尻もち』。

 

尻もちをつくと、骨盤の後傾方向に負荷がかかります。

この為、骨盤の後傾と共にストレートランバーの歪みになると考えられます。

 

次に②重量物を持つ事が多い。

重量物を持つ時は、どうしても腰が前傾姿勢になります。

この時にかかる負荷が続くと、

腰椎の前方へのカーブが段々と少なくなり

ストレートランバーになってしまいます。

 

最後に③日常姿勢の癖。

これで、最も多いのは

イスに浅く座る姿勢。

地べたに座る際にも、ソファーや壁にもたれる時など

もそうですが、

この様な姿勢になると骨盤が後傾した状態になります。

 

骨盤の後傾姿勢が続く事で

ストレートランバーになるリスクが上がってきてしまいます。

 

 

前回のブログにも書きましたが

ストレートランバーが原因で

腰椎椎間板ヘルニアや腰痛・膝痛を患うリスクが高くなってしまいます。

 

上記の3つには気を付けて

ストレートランバーにならないように気を付けて下さいね!

 

もし、すでにストレートランバーになってしまっている場合は

すぐに当院にご相談下さい。

 

早期の治療が早期改善への近道です。

骨格矯正の専門家である私達が

あなたの骨格の歪みを矯正し

健康を取り戻すサポートをさせて頂きます!!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回のブログでは

『ストレートネックじゃなくストレートランバー!?』について

書いてきました。

 

頚椎同様 腰椎も側面からみると

前方にカーブしている配列が正常です。

 

この前方へのカーブがなくなり

真っ直ぐになっている状態を

ストレートランバーと呼びます。

 

本日は、ストレートランバーという歪みを患ってしまった際の

リスクを書いていきますね。

 

ストレートランバーになってしまうと

腰への負担が大きくなってしまい

腰痛や椎間板ヘルニアを患うリスクが高まります。

 

腰椎が前方にカーブしている事で

腰への負担を逃がす事が出来るのですが

ストレートランバーになってしまう事で

上半身の負担を逃がす事が出来なくなってしまうんですね。

 

この為、椎間板への負荷が大きくなると

椎間板が飛び出て“腰椎椎間板ヘルニア”を患うリスクが高まります。

 

 

また、腰にかかる負担を逃がす事が出来なくなると

腰の筋肉が頑張らなければ

上半身を支える事が出来なくなってしまいます。

 

頑張り過ぎた腰の筋肉は、柔軟性を失い

硬くなってしまうんです。

これが、腰の重さ(鈍痛)や痛みの原因になってきます。

 

また、ストレートランバー=骨盤の後傾

となります。

骨盤が後傾していると膝への負担も大きくなってきます。

この為、膝痛の根本原因になってしまう事も・・・

 

これら以外にもストレートランバーを患った際のリスクは

色々と考えられますが、

代表的なものを書いておきました。

 

当院では、ストレートランバーによる

腰痛・椎間板ヘルニア・膝痛の治療を行っています。

 

早期回復の為には早期治療が最も大切です。

現在、ご相談は無料でさせて頂いております!

お悩みの方は、当院にすぐご相談下さい。

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『ストレートネックじゃなくストレートランバー!?』について。

最近は、メディアなどでも取り上げられる事が多くなってきた

ストレートネック。

 

頚椎(首の骨)は側面からみた際に

前方へカーブしていなければいけません。

 

ストレートネックとは、この前方へのカーブが消失し

側面からみた際に真っ直ぐの配列になっている状態です。

 

 

頚椎の前方へのカーブが必要な理由で

最も大切な事が

頭をバランスよく支える事。

 

 

人間が二足歩行をする為には

重力に逆らって二本脚で立つ必要があります。

 

重力は、地面に対して垂直にかかる力。

ストレートネックという歪みを患うと

頭の重みを逃がす事が出来ず

ダイレクトに頚椎や椎間板へかかってしまいます。

 

この為、様々な症状の根本原因になってくるんです。

 

 

この流れから、表題にもある

ストレートランバー

のご説明も。

 

ランバーはLumbar

と表記します。

 

医学英語で“腰椎”を表します。

 

ストレートランバーは、ストレートネックと似た意味で

側面から腰椎をみた際に

真っ直ぐになっている歪みをいいます。

 

 

腰椎も側面からみると

前側(お腹側)にカーブしているのが正常です。

 

これは、頚椎と同じで二足歩行する際に

上半身の重みを逃がす為に

前方へのカーブが必要なんですね。

 

前方へのカーブがなくなり

ストレートランバーになってしまうと

腰への負担が大きくなってしまいます。

 

 

ストレートネックとストレートランバーに関する簡単な説明は以上です。

 

次回は、ストレートランバーになってしまった際に

どの様なリスクがあるのか?

について書いていきますね。

 

 

 

当院にもストレートランバーでお悩みの方が多数来院されています。

早期回復の為には早期治療が最も大切です。

お悩みの方は、当院にすぐご相談下さい。

現在、ご相談は無料でさせて頂いております!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

 

前回のブログでは『シンスプリント』にていてのお話

を書きました。

https://issin.biz/blog/?p=3692←前回記事

 

 

その中で、同じ足のシンスプリントを再発させてしまう選手が結構多い・・・

この再発の原因は何なのか?

 

それについて、本日は書いていきますね!

 

同じ個所を再発してしまう原因は色々と考えられます。

 

完治する前に競技を再開してしまった場合。

競技の特性上、その部位への負荷が大きい場合。

これも再発の原因でしょう。

 

ただ、骨格の観点からシンスプリントの再発を考察すると、

やはり”歪み”が大きく関係していると考えています。

 

 

歪みが無い場合、左右の脚の長さは均等であるのが本来です。

 

しかし、骨格に歪みが生じると、足の長さに左右差が出てきます。

 

足の長さに左右差が無ければ、左右の荷重バランスは均等になります。

これが、骨格の歪みから足の長さに左右差が出てくると、荷重バランスは不均等に。

 

特に、短足側への負荷が大きくなってしまうんです。

 

シンスプリントの再発を繰り返すのが、短足側であるのであれば、根本原因としては骨格の歪みによる荷重バランスの不均等だと考えるべき。

 

 

この場合、患部の治療も大切ですが、再発予防の為に骨格の歪みを矯正する事が最優先。

 

もし、シンスプリントの再発を繰り返しておられるのであれば、骨格の専門家に歪みの有無を確認してもらう事をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

 

本日は『シンスプリント』にていてのお話。

当院には、アスリートのアスリートの患者様も多数来院されます。

 

シンスプリントは、スポーツ障害で多い疾患です。

 

【痛みの出やすい部位】

”弁慶の泣き所”と呼ばれる脛骨の内側に痛みが出やすい。

内くるぶしから5~10cm真上辺りが好発部位です。

 

【原因】

オーバーユース(酷使しすぎる)で生じます。

多いのが陸上やサッカー・バスケットなど

走り回るスポーツをしている選手。

中には、配送関係のお仕事で走る事が多くて発症した

という方もいらっしゃいました。

 

要するに、走り回る事で脛骨の内側に負荷がかかり続けて

骨膜で炎症を起こしている状態です。

 

このシンスプリントと似た症状で発症する

というか悪化していくと『疲労骨折』になってしまう事も。

 

 

治療としては、様々なアプローチがありますが

何より負荷がかかり続けないように

運動量を減らす事も大切です。

 

安静が必要という事ですね!

 

 

このシンスプリント・・・

一度発症すると再発を繰り返す方が多いんです。

 

特に同じ足ばかりシンスプリントになってしまう・・・

こんな方は、根本原因が他にあると考えられます。

 

 

その根本原因が骨格配列と関係している事も。

その詳細は次回に!!

 

 

 

 

 

 


どこに行っても治らなかった

ぎっくり腰の繰り返し、坐骨神経痛、膝痛

が治りました!(高槻市)

 T.K 様 (63歳 女性)

p1020362

t-k%e6%a7%98

拡大は↑click

①   年齢・性別・お名前もしくはイニシャル・お住まい・ご職業を教えて下さい。

63才・女・T.K・高槻市・会社員

②   最初は、どの様なお悩み(症状)がありましたか?

ぎっくり腰の繰り返し、坐骨神経痛、膝痛

③   当院に通院されて痛みなどのお悩みは、どのように改善(変化)してきましたか?

通院して4カ月経った今ではハードな運動しているにもかかわらず、

坐骨神経痛、ぎっくり腰は無くなり、膝痛はかなり改善されました。

④   お悩みが改善されて良かった事や嬉しかった事はありますか?

ロキソニンの湿布薬、飲み薬、またぎっくり腰になるのでは・・

という不安な日々から解放されました。

運動後の筋肉痛が改善され楽になりました。

⑤   同じようなお悩みをお持ちの方にメッセージやアドバイスをお願いします。

長い間色々通いましたが痛い所が増えておりました。

一時凌ぎの治療ではなく、

痛みの原因を治療してくれる

「いっしんさん」で診てもらって下さい。

⑥ 当院に通院されてのご感想やご意見があればお書きください。

頭から1本の棒を串刺した様な

背骨のレントゲンを見た時は

ショックでした。

先日の逆カーブ~から正常なカーブが出来つつある

レントゲンでよく理解できました。

紹介してくれた友人にとても感謝です。

(あっ!先生方にも勿論感謝一杯です。)

 


 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

 

「もっと早く来ればよかった・・・」

そんな声を患者様からよくお聞きします。

そう言って下さるのは

・病院や整骨院に通ったが良くならなかった

・仕事が忙しくて痛みを我慢し続けていた

・病院では「手術しかない」と言われた

方々です。

 

なぜ「もっと早く・・・」と思われたのか?

 「もっと早く来れば良かった・・・」

とおっしゃった患者様に“なぜ”そう思ったのか

をお聞きしました。

その中で多かったのが

①科学的検査で原因がハッキリしたから

②病院や整骨院と違い、その場しのぎではなく根本から治してくれたから

③手術や服薬を回避できたから

という3つのご意見です。

 

“推測”で治療を受けたいですか?

 身体の“痛み”や“しびれ”の根本原因は、骨格の歪みにある事がほとんど。

整形外科ではレントゲンを撮りますが、骨の歪みを診るのは専門外。

なので、同じレントゲンを診ても「異常なし」と診断される事があるんですね。

 

整体や整骨院で骨盤矯正などをしている所が増えていますが、

ほとんどの院では科学的検査をせずに矯正治療を施しています。

これは、とても怖い行為。

 

どれだけ熟練した治療家でも、科学的検査をしなければ

正確な骨格の状態は分かりません。

 

なので「歪んでいるだろう」と“推測”で施術

を施している事になります。

 

これが医療事故の原因になり、手足が麻痺してしまう事も…。

 

科学的検査をする事で正確な根本原因が分かるので、

早期改善や安全な治療が可能になります。

 

あなたの大切な人が「もっと早く・・・」

と思わないようこの記事の内容を早く教えてあげて下さいね!

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

 前回は、「骨がゆがむと」

関節・筋肉・神経・内臓への悪影響がある。

 

そして、その中の筋肉への悪影響について書きました。

 

骨格と神経の関係性

骨格と神経は、とても密接な関係にあります。

下図をご覧頂くと、骨と骨の間から出ている黄色い繊維が神経です。

 

骨格の歪みによる神経への悪影響

 骨格が歪むと、神経はどの様な状態になるのでしょう?

 骨が捻れたり、傾いたりする事で

神経の出口である“神経孔”が狭くなってしまうんです。

その結果、神経は圧迫されてしまいます。

 

神経が圧迫されると、その神経に沿った部分に

『シビレ』や『痛み』が出てくる訳です。

 

 

 坐骨神経痛や肋間神経痛など、いわゆる“神経痛”というやつです。

 

 

「神経痛ってお年寄りの病気ですよね?」

 神経痛という表現を聞くと、ほとんどの方が

高齢者の病気だと思われるみたいです。

これは、全くの誤解です。

 

神経痛とは、神経が“何らかの原因”で

圧迫されて出てくる症状です。

(※一部ヘルペスウィルスの後遺症などで出る事もあります。)

 

それを考えると、年齢に関係なく出てくるのが分かると思います。

 

実際の所、当院にも現在『足の神経痛』が主症状で治療に通っている

十代の患者様もいらっしゃいます。

 

ちなみに、この患者様のお悩みの根本原因は、

『骨盤・腰椎の歪みによる坐骨神経の圧迫』です。

 

この様な神経痛は、神経を圧迫している骨格の歪みを矯正する事で改善出来る方がほとんど。

 

また、骨格が歪んで神経の流れが悪くなると・・・

他にも悪影響が出てきます。

 

その詳細『骨格の歪みと内臓』の関係は次回書いていきますね!

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は

『骨格矯正専用治療器VFアジャスター』

について。

 

よく患者様方からは、

「金槌みたいな音」・「道路工事みたいな音」

なんてお言葉をいただきます。

 

ちなみに写真がVFアジャスター(以下VFと表記)です。

 DSC_0539

 

VFは、様々な目的で身体に特殊振動を与える事で、

骨格矯正をより効率的に行える治療器です。

 

 

使用方法としては、特殊振動を与える場所によって

4種類のブロンブを使い分けます。

 

そして、特殊振動の伝わる深さ・速さ・強さを234通りから、

治療目的に合わせて最適なレベルを選ぶ事が出来ます。

 

下の写真は、骨格模型に対してVFを使用しているものです。

 DSC_0540

 

治療効果としては、大きく分けて3つあります。

①   関節可動域の回復

骨格に歪みが生じると、関節の柔軟性が無くなり、

関節可動域(関節の動く範囲)が狭くなります。

可動域が狭くなった関節に対してVFを使用する事で、

関節の柔軟性を回復させる効果があります。

 

②   筋肉の柔軟性の回復

筋肉は、骨から骨に付着しています。

その為、骨格が歪むと筋肉のバランスが崩れて、

柔軟性が無くなってしまいます。

その部分に使用すると、筋肉の柔軟性を取り戻せます。

 

③   神経の活性化

脊椎と脊椎の間には、神経孔という神経の出口があります。

骨格が歪むと神経孔が狭くなり、

神経の流れが滞り機能が低下しまいます。

その部分の神経を狙って特殊振動を与える事で、

機能低下していた神経が活性化されます。

 

この様に、なかなか優秀な治療器VF。

これと骨格矯正専用ベッドを利用した手での矯正を

組み合わせると効果が増大します!!

 

これからも皆様の健康の為にフル活用していきますね!

 

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

膝痛治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

 

『変形性膝関節症』ってご存知ですか?

 

これは、膝の関節が変形したり、

軟骨が擦り減ったりして炎症を起こし痛みが出る疾患です。

 

整形外科では、この疾患に対しての保存療法は

【ヒアルロン酸】や【ステロイド】を

患部である膝の関節内に注射を打つのが主流です。

 

この注射が、かなりの痛み。

 

「少しでも良くなりたい」

という想いから、この痛みを耐えて注射を受ける訳ですが…

この注射を何か月受け続けても痛みが改善しない、

という患者様からのご相談が多いんです。

 

この様な患者様が、当院で施す骨格矯正を受けてから

膝の痛みが改善する例は珍しくありません。

 

では、なぜ何回も注射をしても良くならない膝の痛みが改善するのか・・・?

 

その答えは、いたってシンプル!

『膝の痛みの根本原因が、膝ではない個所にあったから』。

 

 

どーゆー事??

 

膝が変形して痛みが出るなら、

膝に原因があるんじゃないの?

確かに、この様に思われるのも当然です。

 

 

しかし、実際に患部である膝に対してのアプローチを一切せず、

他の部位へのアプローチだけで改善できることがとても多いんです。

 

 

では、患部以外の根本原因がどこにあるのか?

膝痛のほとんどが、骨盤・腰椎など腰部の歪みに根本原因があるんです。

(今回はスペースの関係で、なぜ膝痛の原因が腰に?

という詳細は省かせてもらいます。)

 

なので、当院では患部である膝周囲も検査しますが、

膝痛の場合は、腰部の歪みを最優先にチェックします。

 

もちろん検査の結果、

患部である膝に原因があるケースもありますが、

大多数が腰部の歪みにあるのが実際の所。

 

この他にも、腰痛・めまい・耳鳴り・頭痛・手の痛みなどの原因が

頚椎(首)の歪みにあったり、

 

肩の付け根の痛みの原因が股関節にあったり、

首の痛みの原因が肘にあったり…と、

痛い所(患部)=根本原因ではない

んですね。

 

 

痛みやシビレなどの症状を改善するには、

まずは根本原因を明確にしなければいけません。

根本原因を見誤れば、良くなるものも良くなりませんもんね。

 

いっしんは、少しでも多くの方が笑顔になってもらえるよう、

根本原因の追究を続けていきます!

 

 

 


 

 

 

9か月間どこに行っても治らなかった膝・股関節の痛み、職業病だと思っていた腰痛・背中の痛みが治りました!(保育士・豊中市)」

 西原美保子様 (62歳 女性)

P1020268 img015拡大は↑click

 

 

 

 

 

 

 

 

①   年齢・性別・お名前もしくはイニシャル・お住まい・ご職業を教えて下さい。

     62歳・女・西原美保子・豊中市・保育関係の仕事

②   最初は、どの様なお悩み(症状)がありましたか?

   1月末自転車に乗って帰っている時に急ブレーキをかけた時に

      地面に着いた左足膝に激痛が走り、

   数日は歩くことができませんでした。

      病院、整骨院など色々な所でお世話になったのですが、

      膝・股関節が痛く痛みをこらえながら仕事や生活をしていました。

      痛みをこらえながら歩いている状態でした。

③   当院に通院されて痛みなどのお悩みは、どのように改善(変化)してきましたか?

   保育所に40年間勤務しました。

       腰痛・背中の痛みは職業病と認識していました。

       この痛みは今後ずっと仲良く付き合っていかなければ

   と思いながらマッサージなどに通う日々でした。

       しかし、9月いっしんさんで膝の痛みで治療してもらう事になり、

   確か1回目の治療後“あれ!腰・背中の痛みがない”と

   信じられないと思いました。

   そして、膝の痛みで長い時間歩いたり、

   階段の昇り降りができなかったのですが、

   今では階段が怖くなくなりました。

④   お悩みが改善されて良かった事や嬉しかった事はありますか?

   痛みがある時は日々が憂鬱になり笑うという事が少なくなり、

   痛みは取れるのだろうかという気持ちばかりでしたが、

   今では友人からもいい顔になったとか

   足の引きずりがなくなったとか声を掛けられます。

   今は本当に体と心が楽になりました。

⑤   同じようなお悩みをお持ちの方にメッセージやアドバイスをお願いします。

   私の様に色んな所に行かれている方へ

   もしまだ痛みや気分がスッキリしなかったら

   いっしんさんへ一度来られてみては!

  ⑥  当院に通院されてのご感想やご意見があればお書きください。

  治療に入る前、最初に自分の骨格のレントゲンを見ました。

  生まれて初めて見た自分の骨格の歪みにとにかくビックリ!!

  レントゲンを見ながら院長先生から丁寧な説明を受けます。

  一人一人違うのでその人の治療をやっていきますね

  の言葉に納得ととても信頼できると思いました。

余談ですが

二人の先生たちはとても優しくステキです。何故か何でも話したくなる、聞いてもらいたいと思うのです。(^0^)

 

 


※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません


 

 

交通事故に遭って出てきた痛みがドンドン減って行きました!(ムチ打ち・首の痛み・背中の痛み・膝の痛み・豊中市)

 W.K 様 (21歳 男性)

W.K 001

拡大は↑click

  

①   年齢・性別・お名前もしくはイニシャル・お住まい・ご職業を教えて下さい。

   21・男・W.K・蛍池・学生

 

②   最初は、どの様なお悩み(症状)がありましたか?

   バイクにひかれ(交通事故)、首のむちうち、背中の痛み、両ひざに痛みを強く感じ、通い始め

   ました。

 

③   当院に通院されて痛みなどのお悩みは、どのように改善(変化)してきましたか?

   毎日の治療により、事故でずれた骨盤が良くなっていき、電気のマッサージも兼ねて治療し

   て頂いたので痛みはドンドン減って行きました。

 

④   お悩みが改善されて良かった事や嬉しかった事はありますか?

   アパートの階段の(上がる・降りる)動作が非常に楽になったこと。

 

⑤   同じようなお悩みをお持ちの方にメッセージやアドバイスをお願いします。

   事故前にゆがんでいた骨盤も、きれいに治してくれるので是非相談するのも良いと思いま

   す。

 

  ⑥ 当院に通院されてのご感想やご意見があればお書きください。

  お二人とも優しく接して頂いたので通う事に対して大変さをみじんも感じませんでした。相談

  (就活)にものってもらって非常に助かりました。

 


※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません


 

 

念願のフルマラソン完走できました!(膝痛・ランニング)

 山田 龍 様 (37歳 男性)

山田龍様 001

拡大は↑click

  

①   年齢・性別・お名前もしくはイニシャル・お住まい・ご職業を教えて下さい。

   37才 男 山田龍 大工

 

②   最初は、どの様なお悩み(症状)がありましたか?

   健康のためランニングをはじめたけど、すぐヒザが痛くなり悩んでました。

 

③   当院に通院されて痛みなどのお悩みは、どのように改善(変化)してきましたか?

   いっしんに通院してから徐々にヒザのいたみもマシになり、少しずつ走れるようになりました。

 

④   お悩みが改善されて良かった事や嬉しかった事はありますか?

   ヒザのいたみが改善されて、念願のフルマラソンを完走できました!

 

⑤   同じようなお悩みをお持ちの方にメッセージやアドバイスをお願いします。

   まったく走ることができないほどのヒザのいたみでもいっしんにかよって治すことができまし

   た。

 

  ⑥  当院に通院されてのご感想やご意見があればお書きください。

  あきらめずに通えば治す事ができると思います。

 

 


 

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません

 

 

当院がメディア(書籍)に掲載されました!!

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着10名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院が掲載された書籍は

書籍 表紙 半分

「JAPAN Beauty Therpist

~信頼できる美容整体院に出会える本~」

という書籍。

 

ページ内容は

書籍 ページ

↑クリックで拡大

というもの。

 

当院には、美容を目的に来院される方もいらっしゃいますが、

それよりも痛みやシビレ・頑固なコリなどの症状改善を目的に来院される方の方が圧倒的に多いんですね。

 

なので、今回オファーを頂いた時に

掲載してもらうかどうかを迷ったのが事実。

 

なぜ掲載を迷ったのかというと、

今回の書籍は美容整体に関するものだったからなんです。

 

迷っている時に思ったのが

 

O脚や猫背・ウェストのクビレの左右差など

美容的なお悩みが改善された時の患者様の”笑顔”。

 

頭痛薬を手放せた

長年の腰痛が改善された

手の痺れが無くなった

など様々な症状が改善された時の患者様の”笑顔”。

 

どちらの患者様の”笑顔”も、同じだけ美しいもの。

 

そして、私は

患者様の”笑顔”

を見る為に、この仕事を生業としている訳です。

 

”笑顔”ほど、人間の表情で美しいものはないでしょう。

 

エステなどが、外面から美を目的に施術されています。

当院では内面(骨格・筋)からの根本的な治療を施します。

 

内面からの根本治療を施す事で、

お悩みの症状が改善された”笑顔”

姿勢が改善され立ち姿などが綺麗に

なる訳で、

結果的に美に繋がるのでは?

そういう経緯で、今回の書籍掲載に至った訳です。

 

当院の待合い室にもおいていますが、

もし書店などで見かけたら44~45ページをお読み下さい。

当院・そして私が大きく載っています(笑) 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません


 

 

身体が軽くなり、一番辛かった頭痛がなくなって嬉しいです!(ストレートネック・韓国)

 

 金 文姫(キム ムニ)様 (30歳 女性)

 

P1020025

金文姫様 001

拡大は↑click

 

①   年齢・性別・お名前もしくはイニシャル・お住まい・ご職業を教えて下さい。

30才、女、金 文姫(キム ムニ)、韓国、大学院生(留学生)

 

②   最初は、どの様なお悩み(症状)がありましたか?

ストレートネック、肩こり、頭痛、腰痛、左足の膝の痛み、両腕のしびれ、毎日疲れている状態

 

③   当院に通院されて②のお悩みは、どの様に改善(変化)してきましたか?

通院し始めて、一か月半くらいとなりました。

通院の前は、痛みが100を超えて150%位と思う程痛かったが、現在は、20~30%位の痛みしか残ってません。

 

④   お悩みが改善されて良かった事や嬉しかった事はありますか?

まず、体が軽いです。そして、毎日毎時間が疲れている状態でしたが、それがなくなりました。また、一番辛かった頭痛がなくなって嬉しいです。

 

⑤   同じようなお悩みをお持ちの方にメッセージやアドバイスをお願いします。

先生が、レントゲンをご覧になって、痛みの根本から治して下さるので、本当に治したい方は、「いっしん」をおすすめ致します。

 

⑥   当院に通院されてのご感想やご意見があればお書き下さい。

   去年3月に大阪に来て、ずっと整体院を探していました。でも、前に受けていたマッサージだけでは痛みは治らないと    思って、9か月間悩んで見つけたのが、この「いっしん」です。先生が痛みの原因を親切に説明して下さることがとても    良かったです。また、宮島先生たちが、いつもやさしく対応して下さって、本当に感謝しております。

 

 


 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません


 

 

 

「膝の痛みがいつの間にかなくなっていました

 

吹田市 池澤幸代様様 (40代女性)

P1010935
拡大は↑click

 

 

私が宮島先生にお世話になったきっかけはあごのゆがみが気になっていた事でした。

レントゲンをとっていただいた結果「気長な治療を…」とのアドバイスを頂き

「今回は先生におまかせして、きっと最後まで治療する!!」と心に決めました。

実は今までも何件かの治療院に通ったのですが、納得いく事なくフェードアウト!

治療がすすみ何回目かに先生に「実はひざが痛くて長い間正座などした後は、特に辛いのです」と話しました。

その後、数回通ったある日ふとひざの痛みが軽減し、ついには痛みがなくなっている事に気がつきました。

普段、ほとんど歩く事がなく「このままひざの痛みとつきあわなくてはいけないのかしら…」

と悩んでいたので本当にかんげきでした。

元々の希望の治療箇所以外にもだんだんと調子が良くなり、これからも先生との会話の中で色々な御相談をさせていただきたいと思っています。

 

 


 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません

 

 

先日のブログの続き

両膝の痛みでお悩みの80代女性。

整形外科で『変形性膝関節症』と診断され、1年以上も痛い注射を受け続けるも症状は変わらず。

当院で最先端骨格矯正を施した結果

「スッと立ち上がれるようになりました!」

と症状の改善がみられました。

 

当院では、患部である膝へのアプローチはほとんどしておりません。

 

それは、根本原因が膝ではなく他の部位にあったからなんです。

 

では、その根本原因とは・・・

 

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

 

 

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

では、こちらの患者様の膝痛の根本原因がどこにあったのか!?

 

その答えは

 

厳密にいうと骨盤と腰椎の歪みにあったんです。

 

 

整形外科では、変形性膝関節症と診断されていたので、現状の確認の為に提携病院で膝のレントゲンも撮ってもらいました。

そこで、膝のレントゲンを診てみると、確かに少しの変形はありました。

しかし、そこで確認できたのは、80代の平均と比べると逆に綺麗な膝の画像。

 

年齢で考えると軟骨はしっかり残っていましたし、骨は多少の変形はあるものの、これ程の痛みを発するものとは考えにくかったんです。

 

これを踏まえて根本原因を分析していくと、骨盤・腰椎に痛みの根本原因が隠されているのが分かったんです。

 

まずは、下の画像をご覧ください。

20120907125837267

 

「後傾」と書いている右側の画像。

これは、骨盤が後方に倒れている状態を表しています。

そして、横から腰椎を見ると背中側にカーブしているのが分かると思います。

腰椎は本来、お腹側にカーブしているのが正常な配列です。

 

こちらの患者様は、この右側の画像のように骨盤が後傾し、腰椎のカーブが背中側になっていたんです。

(これは、提携病院で撮影してもらったレントゲンから分析出来ました。)

 

骨盤が後傾すると、膝にかかる荷重が極端に増えるんですね。

この為、長年膝の痛みで悩んでおられたんです。

 

なので、当院では骨盤の後傾の矯正をメインに治療を施していったんです。

その結果、膝の痛みも軽減し、スッと立てるようになった訳です。

 

 

「もう あの痛い注射を受けないでいいと思うと、本当に嬉しいです♪

片道1時間かけて来たかいがありました!」

と笑顔の患者様。

 

患者様の笑顔を見れて、私自身も本当に幸せな気持ちになれます、

これからも、根本原因を正確に見極めて、1人でも多くの患者様の笑顔を見れるよう日々精進です。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

 

先日 お越しになった80代の女性。

お悩みは、両膝の痛み

当院にお越しになったきっかけを、こちらの患者様がお話になられていました。

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

 

 

 

 

 

 

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

当院にご来院になったのは

「ご近所の方で、長年ビッコを引いて歩いていた方が、スッスと歩いているのを見たんです。

それで、その方に

『失礼ですけど、以前まで足を引きずっておられていましたよね。今はスッスと歩いておられますけど、何で良くなったんですか?』

と聞いてみたんです。

すると、蛍池のいっしんさんにお世話になってからとの事だったので、紹介してもらったんです。」

という流れがきっかけになったそうです。

 

バスや電車を乗り継いでくられるので、実質1時間弱通院時間がかかります。

でも、少しでも良くなりたい!

という想いで来院してみようと思ったそうです。

 

私も、少しでも、そして出来るだけ早く楽になって欲しい!!と、一診入魂で診療にあたる事に。

 

まずは、根本原因を探る為に、提携クリニックでレントゲンを撮影して頂きました。

 

その後、2回ほど治療を施した後に症状の経過を聞いてみると

「今まで、イスから立ち上がる時に、両膝が痛いのと力が入らないのとで、なかなか立ち上がれなかったんです。

でも、この前治療してもらってから、1回でスッと立てるようになりました。

まだ、膝の周りのだるさと、階段を降りるときの痛みは若干残っていますけど。

それでも、こんなにスッと立てるようになるなんて・・・。

自分でもビックリしましたが、先週遊びに来ていた息子もビックリしていました。

先生のお陰です。」

との事。

 

こちらの患者様は、整形外科や整骨院など様々な医療機関に通われたそうです。

当院に来院された時も、整形外科でヒアルロン酸の注射を2週間に1回を1年以上続けておられました。

しかし、全然膝の痛みは引かず・・・

そんな患者様の膝痛が、なぜ2回の治療で改善しだしたのか。

 

それは、整形外科などでは分からなかった根本原因が、他にあったからなんです。

 

その根本原因とはいったい・・・

続きは次回のブログで!!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のブログの続き

「先生 聞いてくださいよ~。

先日 友達のバイクを借りて運転していたんです。

そしたら急に左手の駐車場から車が出てきて・・・

ぶつかる!と思って避けたら、コケちゃったんです。

バイクの修理代もすごいし、体もボロボロ。

ほんとついてないないです。」

と災難に遭った患者様。

 

この様なケースは、交通事故の保険で治療を受ける事が出来るのか?

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

答えは

YES!!

 

このケースは、直接の接触がなくても、交通事故として認められます。

 

この患者様は、急に飛び出してきた車を避けようとした際に転倒し、色々な個所を傷めていました。

なので、自賠責保険で治療を受ける事はもちろん、

バイクの修理代も保険から支払われます。

 

この事を教えてあげた時の患者様の一言・・・

「先生に相談していなかったら、めちゃめちゃ損してるじゃないですか!!」

 

確かにその通りです。

知らなければ、彼の言うとおり損だらけ。

 

こんなケース以外にも、

「えっ!?こんな時も交通事故扱いになるの??」

なんて事が多々あります。

 

また、このブログにもその辺りを書かせてもらいますね。

 

ちなみに、この患者様が事故後に一番心配していたのが

「また、かなり歪んでますよね?」

と、骨格の配列について。

 

事故で転倒した際に、頚椎(首)や骨盤が大きく歪んでいました。

 

彼は、以前腰の痛みが強く大好きなサッカーが出来なかった時期があるんです。

色々な医療機関に行っても改善しなかった腰痛が、

当院の治療で痛みが消え、サッカーに復帰できたんですね。

 

当時の腰痛は、頚椎の歪みに根本原因があったんです。

なので、今回の事故で頚椎が歪む⇒腰痛で悩んでいたあの頃に戻る

と不安で仕方ないとの事。

 

辛かったあの頃には戻りたくありませんもんね。

 

彼が全力でサッカーが出来るように、現在治療中です。

 

 

最後に、交通事故は知識の有無で様々な”差”が出てきます。

交通事故に関するご相談があれば、お気軽にご相談くださいね!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前から腰痛などの治療に来られている大学生

先日こんなご相談を受けました。

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「先生 聞いてくださいよ~。

先日 友達のバイクを借りて運転していたんです。

そしたら急に左手の駐車場から車が出てきて・・・

ぶつかる!と思って避けたら、コケちゃったんです。

バイクの修理代もすごいし、体もボロボロ。

ほんとついてないないです。」

 

この患者様は、直接 相手の車に当たってはいません。

この様なケースって、交通事故の保険で治療を受ける事が出来ると思いますか?

それとも、直接の接触がないので、交通事故扱いにならないでしょうか???

 

その答えは、次回のブログに!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回(11/28)のブログ

https://issin.biz/blog/archives/1756

の続きです。

 

この50代の患者様は

「やっぱり、ちゃんと診てもらって良かった!

僕は、基本的に整骨院とかカイロプラクティックを信用していないんですよね。

先生の所は、ちゃんとしてくれるって、なぜかピーンときたんですよ。」

と、おっしゃっていました。

 

なぜ、整骨院やカイロプラクティックを信用していなかったのか・・・

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

信用していなかった理由、

そして、なぜ当院の事は信用して頂けたのか・・・

その事が気になったので、お聞きしてみる事に。

 

「私は、学生時代から柔道をやっていて、現役引退後から数年前まで指導もしていました。

柔道をしていた人間って、柔道整復師(整骨院の資格)を取る人って多いですよね。

あとカイロプラクティックなどの治療家になる人間も多いですし。

そんな関係で、私の周りには整骨院やカイロプラクティックをしている人間も多いんです。

 

長年腰痛で悩んでいた私は、知り合いの治療院に何軒も行きました。

でも、どこに行っても改善した事がないんです。

 

身内だから分かる事ですが、プライベートなんかを見ていても全然勉強していない・・・

そりゃ改善出来る技術を身に付けられませんよね。

それでも商売上手な奴は、食べていけますから。

そんな内情を知ってしまってから、整骨院やカイロプラクティックを信用できなくなったんです。

 

なぜ、先生にお世話になろうと思ったか?

それは、レントゲンを提携病院で撮ってから治療に入る・・・

という事が1番の理由です。

 

いっしんさんの前は、車で良く通るんです。

それで、気になってホームページを探してみたら、レントゲンの事が書いてあって。

確かに先生のおっしゃる通り、レントゲンを撮らないと正確な歪みは分からないですよね!

自分の目でレントゲンを見て納得しました。

そら 長年腰の調子が悪い訳だ と。

 

それに、先生とお話ししてみて

この先生は、とても勉強してるな!

と分かったんです。

それで、ココは信用できる!と思ったんです。」

 

という事でした。

 

 

この患者様の周りにいらっしゃる方々のように、

柔道家出身の治療家=技術がない&勉強しない

という訳ではありませんよ。

 

私の知っている柔道家出身の先生で、勉強熱心で技術も高く、知識も豊富な先生はたくさんいらっしゃいます。

現に私の師匠も柔道7段で、治療所に柔道場を併設して指導もされていた方でしたから。

 

 

ここで思うことは、やはり

レントゲンの重要性

です。

 

どれだけ熟練した治療家でも、レントゲンを撮らずに体表から骨格の状態を100%把握することは不可能なんです。

 

という事は、骨格の状態を”推測”し、その”推測”を基に治療する訳ですから

とても危険な行為以外の何者でもないですよね。

 

治療を受けて悪化・・・

”推測”を基に治療を受けると、こんな事もあったりしますから。

 

なので、当院ではレントゲンを撮影してからでないと

骨格矯正を施しません。

 

限りなく”安全”に、

そして

限りなく”正確”に

治療を施すのが当院のモットーでもありますから。

 

何より、患者様に不利益になる事だけは絶対にしてはいけませんからね。

 

この辺りを、患者様が信用して下さったのだと思います。

 

本日も、上記のモットーをもとに

一診入魂で治療にあたらせて頂きます!!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

少し前からご来院の70代男性のお話です。

この患者様は、ご来院の患者様のご紹介で来られました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

初めてお越しになられた際に、どの様な症状でお悩みかを問診します。

 

すると、この患者様の第一声が

「先生!あと10年ゴルフを続けたいんです!!どうかお願いします!!」

でした。

 

70代になった現在でも、週に2~4回ほどゴルフに行っておられます。

数年前から腰に痛みを感じるようになり、

現在は左大腿後面(太ももの裏)にまで痛みが広がっている状態。

 

整形外科や整骨院・鍼灸院などに通われたそうですが、治療効果がなかったそうです。

 

そんな時に、会社の従業員の方から当院を紹介されてご来院される事になりました。

 

腰や大腿部の痛みがある状態でも、それを我慢してでもゴルフに行くには行っていたそうですが・・・

こんな状態では、もちろん良いスコアも出ませんし、思いっきりゴルフを楽しむ事も出来ません。

 

そして、痛みが日に日に強くなっていくと、唯一の楽しみが出来なくなってしまう・・・

そんな不安を抱えながらご来院された訳です。

 

なので冒頭の

「先生!あと10年ゴルフを続けたいんです!!どうかお願いします!!」

という第一声が出たのだと思います。

 

心身のお悩みで、趣味が出来なくなる・・・

これ程辛いことはありませんよね。

 

私に出来る事ならば!!!

そう思い、まずは根本原因を探る為に提携病院でレントゲンを撮影して頂きました。

 

そのレントゲンを診て

「またゴルフを思いっきり楽しめるように回復できますよ!!」

と断言して治療を開始しました。

 

私がレントゲンを診て、上記のように断言できた理由・・・

そして、治療開始後の患者様の状態・・・

 

これらは、次回のブログに続きます。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

前回の続きです
 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

出産後から右膝に違和感を感じ

ここ2ヶ月ほど前から膝が伸びきらなかった患者様。

 

提携病院で撮影してもらった膝のレントゲンでは

何も異常ナシ!!

というよりも

「かなり綺麗な状態」

と提携病院のドクターからも太鼓判を頂く程

右膝の状態は綺麗でした。

 

しかし、右膝の痛みだけでなく

膝が段々 伸びなくなり曲がった状態になっていました。

 

患部である膝に異常が無ければ、

他に何か根本原因になる個所があるはず!

 

そこで様々な検査をしてみると

右膝の症状の根本原因が患部以外に隠されている事が判明!!

 

その根本原因とは・・・

“骨盤の歪み“

にありました。

 

右側の骨盤の歪みが大きく、

右膝に大きな負担がかかっていたんです。

 

その為、右膝周囲の筋肉が固まってしまい

右膝が伸びなくなっていたんですね。

 

なので、この患者様に対しての治療は

患部である右膝は一切触らず

骨盤の矯正をメインに施しました。

 

治療をする度に膝の痛みや、伸びる角度は改善。

4回目の治療に来られた時には、

左右の膝が同じ角度まで伸びるように

 

「子供が小さいので屈まなければいけない事が多かったので

本当に困っていたんです。

これだけ楽に立ち座りが出来るようになって嬉しいです。

一時は、どうなる事かと心配だったので♪」

と喜んでおられました。

 

患者様に笑顔が戻って良かった良かった♪

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

 

8月一発目のブログです・・・

本日は、少し前からご来院の

30代女性についてのお話です。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

先日のブログに書いていた

『最近 多いご相談』シリーズの

第3位

産後の骨盤矯正・産後の腰痛・産後の股関節痛

と関係するお話です。

 

この30代女性の患者様が、当院になられたきっかけは

ここ最近”ある症状”

が出てきた事で、ご主人からも心配され

「いっしんさんに行ってみれば」

と勧められたから。

 

妊娠中から腰痛に悩まされていたようで、

出産後も腰の痛みは継続

 

産後の骨盤の歪み

も気になりながらも

育児が忙しく自分にかまっている暇がない。

 

しかし・・・

2ヶ月ほど前から腰痛だけでなく

右脚に違和感を感じるように。

 

違和感だけでなく、

右膝に痛みまで。

 

そんなある日、ご家族でお出かけをした際に

「お前、右膝わざと曲げて歩いてんのか??」

とご主人に指摘されたそうで・・・

 

 

自分では、左右の脚を同じように動かしているつもりだったのに・・・

 

右膝を伸ばそうと思っても

伸び切らない事に気付いて

「これは、ちゃんと治しておかないと・・・」

と当院に来院されました。

 

通常 膝の関節というのは

180度近く伸ばす事が出来ます。

 

しかし、この患者様は

140度以上伸ばす事が出来てませんでした。

 

無理矢理伸ばそうとすると

もちろん膝に痛みを感じます。

 

しゃがみ込んで立ち上がる際には激痛が・・・

 

 

こんな辛い状態を改善する為には、

まずは根本原因を探りださなければ始まりません。

 

提携病院でレントゲンを撮ってもらった訳ですが

膝の関節に関しては

変形も無く・軟骨も綺麗に残っている状態で

「とても綺麗な状態です」

と提携病院のドクターのお墨付き。

 

では、なぜ患部である膝が綺麗な状態なのに

これだけ右膝の症状が出ているのか?

 

不思議ですよね・・・

 

レントゲンを分析していると

患部以外に根本原因が隠されている事が判明。

 

その根本原因に対して紺かく矯正を施す事4回

膝は左右同じくらいに伸びるようになり

「お陰様で右膝の痛みも無くなりました!!」

と患者様は大変喜んでおられました。

 

では、この患者様の根本原因はどこに隠されていたのか??

 

その辺りは、次回のブログに書いていきます!!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

昨日の続きです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

この患者様が、ご実家から大阪に戻ってこられるのが

5月6日という事だったので

翌7日にご来院頂く事になっていました。

 

7日にご来院された際に

「腰は大丈夫でしたか?

と尋ねてみると

「お陰さまで、無事に帰って来れました。

行く前は、本当に不安でしたけど・・・

先生 ありがとうございました♪」

という嬉しいご報告を頂きました。

 

この患者様が腰を痛めた原因、

それは、

産後に骨盤がちゃんと閉まっていなかった

からなんです。

 

妊娠すると、骨盤は赤ちゃんの居場所を確保する為に開くんですね。

お産を終えると、開いた骨盤は自然に閉じてくるのですが

この患者様の場合 骨盤が開いた状態が残っていました。

 

骨盤が開いている・・・

という事は、骨盤の関節が不安定になっているという事なんです。

 

色々お話しを聞いていると、

この患者様には

7歳・4歳・2ヶ月

の3人お子さんがいらっしゃいます。

 

出産までは、真ん中のお子さんをあまりかまってあげる事が出来ていなかったので

ここ最近 真ん中のお子さんを抱く事が多かったそう。

 

骨盤が閉じていない不安定な状態で

20㌔前後ある真ん中のお子さんを抱いていたせいで

更に腰への負担が大きくなって痛んでいたんですね。

 

なので、今回は

産後の骨盤矯正

をメインに骨格矯正を施していった訳です。

 

それにしても、無事に帰って来られて良かったです。

一時は、帰省も諦めようかな・・・

なんて思っていたそうなんですが、

お婆ちゃん(お子さん達からすると曾婆ちゃん)

が曾孫達に会えるのをとっても楽しみにしていたそうなので

どうしてもこのGWに帰省したかったとおっしゃていました。

 

そんな患者様の想いに協力で来て

嬉しくて仕方ありません♪

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

「えっ!?

左肩 全然痛くありません!!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日5月3日は診療しています!

詳しくは↓をクリックして下さい!

ゴールデンウィーク前後の診療日程

↓click

https://issin.biz/blog/archives/982

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

以前からお越しの

40代女性のお話しを。

この患者様は、

膝の痛み

腰痛

が主訴で来院されていました。

 

バレーボールが趣味

というより、以前は生業とされていました。

20代前半で実業団での現役生活を終えてから現在に至るまで

ずーっとバレーボールを続けておられます。

 

膝痛や腰痛は治まり、

現在は

バレーボールが続けられる身体作り

をメインにメンテナンス的な治療を受けに来院されています。

 

先日ご来院の際に

「ここ最近の調子はいかがですか?」

と聞いてみると

「この前の試合の時に、ブロックをしてから

左肩の調子がおかしいんです・・・

五十肩ですかねぇ?」

 

色々と検査をしてみると

確かに五十肩の前兆はありました。

 

しかし、ブロックをしてからの痛み・・・

それを考えると、五十肩以外の状態も考えなければいけません。

 

更に深い部分まで検査をしていくと

”ある事”

が分かりました。

 

その”ある事”に対しての治療を施した後に

「さっき痛かった角度で、もう一度左肩を挙げてもらえますか?」

と、左肩を挙げてもらいました。

 

すると・・・

「えっ!?

左肩 全然痛くありません!!

左肩を全然触っていないのに・・・」

 

この患者様の左肩痛は、肩だけに原因があったのではなかったんです。

なので、痛みを感じている左肩を触らずに

原因部分だけを治療した訳です。

 

では、どこが根本原因になっていたのか!?

 

その辺りは、明日・明後日が休診なので

6日(日)のブログに書いていきますね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

「そういえば

最近 階段を昇る時に

左膝 全然痛くないです!」

昨日の続きです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

この患者様は、来院当初

左腰の痛みをメインに訴えておられました。

左腰の痛み以外に

階段を昇る時の左膝の痛みまで感じるようになって・・・

という症状も感じていました。


私は、骨盤の矯正はしましたが、

左膝に対しては

あえて治療をしていません。


おそらく整形外科や整骨院では、

痛みのある膝に対して直接アプローチしていたと思われます。


私が膝に対して直接治療しなかったのは、

左膝の痛みの原因が、

膝自体ではなく他の部位にあったからです。


左膝の痛みの原因・・・

それは、骨盤の歪みにありました。


骨盤の歪みから、

左膝の筋肉が引っ張られ

その影響で左膝の痛みを感じていたんです。


なので、骨盤の歪みが改善されると共に

左膝の筋肉も引っ張られる事が無くなり

痛みが出なくなったという訳です。


やはり、根本原因を見つけ出す事が

症状改善の為に1番大切な事です。


この患者様は、左の腰と膝の痛みが改善され

「また旅行に行って、歩き回れる!!」

と喜んでくれています。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「そういえば

最近 階段を昇る時に

左膝 全然痛くないです!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

2週間ほど前から来院されている

50代女性のお話しを。


初回来院時に、どの様な症状でお悩みかをお聞きしました。

「半年ほど前から左腰に時々痛みを感じるようになりました。

1か月前から、左腰の痛みが強くなって・・・

最初は、何日かしたら以前の様に痛みも治まると思ってたんです・・・

でも、今回は1ヶ月間ずっと痛みが続いてて・・・

最近は、左の膝まで痛くなってきて・・・

娘に1回いっしんの先生に診てもらい!

と言われて来たんです。」

という事でした。


5回目の治療以降

「もう全然 左腰の痛み無くなりました!

娘の言う事聞いて良かった♪」

と、とっても喜んでおられます。


いつもご来院時に、腰痛が楽になった事ばかり喜んでおられるので、

最初に訴えておられた左膝の痛みの経過も聞いてみました。


すると

「そういえば

最近 階段を昇る時に

左膝 全然痛くないです!」

と、左膝の調子も良好の様です。


この患者様は、膝に対しての治療を一切していません。

左腰の痛みが取れると共に、左膝の痛みも取れてきました。


なぜ、膝の治療をせずに左膝の痛みが取れたのか?

その辺りのお話しは、明日に続きます。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 



「最近 サッカーやフットサルをしても

左膝が痛まなくなりました!」

 

昨日の続きです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

では、なぜ膝の痛みと腰が関係しているのでしょう?


大腿四頭筋を動かしている神経は、

腰椎と腰椎の間から出ています。


この患者様のレントゲンを診てみると、

ちょうど左の大腿四頭筋を支配している神経の出口が狭くなっていました。


その為、左側の大腿四頭筋が細くなってしまい

サッカーやフットサルで酷使した結果

痛みが出てくるわけです。


現在は、骨盤・腰椎の歪みが改善され

左膝への神経も滞る事がなくなった結果

サッカーやフットサルをしても痛みが出なくなりました。


先日は、午前・午後と計4時間以上フットサルをされたようですが

「全然 左膝を気にせずにプレー出来ました!」

との事。


良かった・良かった♪

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 



「最近 サッカーやフットサルをしても

左膝が痛まなくなりました!」

 

昨日の続きです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

昨日のブログで、

大腿四頭筋の太さに左右差があると書いて終わりました。


この患者様は、サッカー・フットサルのプレー途中から

左膝にだけ痛みを感じます。

翌日まで痛みが続く時と、当日に治まる時が。


では、なぜ左側だけに痛みが出てくるのか?


その原因を見つけ出す鍵として、

左の大腿四頭筋が右側に比べて細い事が関係しています。


根本原因を探し出す為に、

提携の病院でレントゲンを撮影してもらいました。


レントゲンから、根本原因の詳細が明らかに!!


その答えとは・・・

骨盤と腰椎の歪み

にありました!!


膝が痛いのに、根本原因は腰部(骨盤・腰椎)にある?

この詳細は、明日のブログに詳しく書かせてもらいますね。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 



「最近 サッカーやフットサルをしても

左膝が痛まなくなりました!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

当院にお越しの患者様から

「ウチの旦那は、サッカーとかフットサルをしているんです。

何年か前から、プレーの途中から左膝ばかり痛くなるようで・・・

私が骨格矯正を受け出してから

悩んでいた首~背中の痛みが無くなって

体調が良くなったのを旦那に言ったら

俺も見て欲しい

って言ってまして。

先生お願いできますか?」

というご相談を受けました。


そのご相談から数日後、

ご主人が来院されました。


小学生の頃からサッカーを始め、

高校卒業するまで本格的なサッカー部に所属。

大学から現在まで、月に2~4回草サッカーやフットサルをしているそうです。


訴えておられる左膝の状態を診てみると、

靭帯や半月板などの異常は無し。


ただし、気になる事が・・・

大腿四頭筋が左右で全然太さが違う状態。

※大腿四頭筋とは、太ももの前側にある筋肉です。

膝を伸ばしたり、膝を伸ばした状態で固定する作用があります。

サッカーのプレーで考えると

ボールを蹴ったり、軸足として身体を支えたりします。


なぜ、左膝の筋肉が細くなっていたのか?

そして、なぜ左側の膝だけがプレー後に痛むのか?


その辺りの詳細は、明日のブログに。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

年末年始の休診日は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/484

 

 

昨日、岐阜県から両親が治療を受けに来ました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

3年程前から岐阜県に住んでいる両親が、

昨日のお昼休憩にやってきました。

 

大阪に用事があったようで。

 

以前 母親は変形性膝関節症を患っていました。

当時 忙しかった私を気遣ってか、

かなり痛みが強くなるまで相談がありませんでした。

 

確かに当時の私は、朝6時30分頃家を出て

帰ってくるのが夜の12時を回る事も多かったんです。

 

「時間がある時で良いけど、最近膝が痛くて・・・」

と、ある時相談がありました。

 

その当時は、膝の痛みで歩行時にビッコを引いたり

階段の上り下りが辛い状況。

 

そこで診てみると、膝の変形が始まりだしていました。

 

いわゆる変形性膝関節症といわれる状態。

 

変形性膝関節症は、患部である膝に対しての治療をしても症状はなかなか取れません。

どの様な治療をするかというと、

骨盤の歪みを矯正する事で改善できるんですね。

 

骨格矯正の治療を続けて、

膝の痛みが無くなりました。

 

その後すでに6年以上経過していますが

今のところ再発も無く調子は良いようです。

 

両親は、3年ほど前に大阪から岐阜県に移住しました。

それからも、時々 予防の為に治療を受けに来ています。

 

父親は、最近ゴルフを再開。

その影響も大きく

「腰が痛い」

との事だったので、その治療を。

ゴルフって腰に悪いスポーツなんですよね。

どうしても同じ方向にばかり身体を捻るので、

骨盤が歪み易く腰痛を引き起こします。

 

※ちなみにプロゴルファーは、両方向でスイングする練習をされている方が多いんです。

 

と、こんな感じで両親の治療をした訳です。

少しは、親孝行が出来ているかな・・

と思う今日この頃です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

皆様こんにちは。

本日は、

変形性膝関節症

でお悩みだった患者様の症例を。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6年ほど前から長時間歩いた時などに、
右膝の痛みを時々感じる。

1年ほど前から常時右膝内側の痛みを覚え
整形外科を受診。

[before]

[after]

 

「変形性膝関節症」と診断され、
右膝に注射(ヒアルロン酸)を
1週間おきに10回ほど打ってもらうも、
右膝の痛みに変化がなく、
ご友人の紹介で当院を受診。


提携病院で骨格配列分析用のレントゲンと、
念のため膝のレントゲンも撮影を依頼。

確かに膝関節の変形はあるものの、
特に左右差は認められず。


そこで、膝と関係の深い
骨盤&腰椎の骨格配列を分析すると
配列異常が著明にみられた。


治療前の骨盤レントゲンを見る
(背中側からみています)
と、右側の骨盤が下がり、
腰椎も右側に倒れています。

このような骨盤の歪みは、
右足への負荷が左足よりも大きくなります。

また右膝関節の内側が狭くなるような膝関節の歪みも作られ、
その為に右膝の痛みが出現したと考えました。


そこで、右膝への直接的な治療はせず、
右側へ傾いた腰椎・骨盤を起こすように
骨格矯正の治療を施しました。


骨盤が正常な位置に戻るとともに、
右膝の痛みも消失。

膝の痛みを感じたら、
骨盤の歪みを確認する必要があります。

患部だけに原因があるとは限りませんから。

この患者様は、
膝の痛みで諦めていた
ハイキングを再開でき、
大変喜んでおられました。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

皆様こんにちは。

本日は、

変形性膝関節症を

骨格矯正の視点

から考えてみます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

昨日のブログで、

 

整形外科や整骨院などで改善しない

変形性膝関節症が

骨格矯正の治療で改善される事が多い

 

と書きました。

 

では、なぜ当院で施す骨格矯正で改善される事が多いのか?

 

それは、

患部(膝)に根本原因があるとは限らない

からなんです。

 

先日のブログに

変形性膝関節症とは

「膝の軟骨が擦り減り、

関節に変形が起こり、

 

そして炎症を起こし痛みが出る」 

だと書きました。

 

 

人体の構造的に

軟骨は年齢と共に擦り減っていくものです。

もちろん個人差はありますが。

そして、骨の変形も二十歳を過ぎると起こりだすとも言われています。

老化という言葉、私はあまり好きではありません。

それで全てを片付けてしまっては、

あまりにも悲しすぎるって思うからです。。

 

悲しいからといって

年齢と共に人体が変化していく事を

見て見ぬふりは出来ません。

 

ここで私が言いたいのは、

ある程度の年齢になると

程度の差はあれ

膝の軟骨も擦り減ってきますし

変形もしてくる訳です。

 

しかし、軟骨が擦り減っていても

膝関節で変形していても

膝が痛くない人も多くいるという現実。

 

 それをふまえて考えると、

軟骨の減少や関節の変形

だけが原因ではないのでは?

と思いませんか?

 

この辺りを骨格矯正の視点で考えると

膝痛を感じる人は

膝の角度が悪い

のではと考える訳です。

 

変形性膝関節症で膝の痛みを感じる方は、

圧倒的に膝の内側に痛みを感じる方が多いんですね。

 

という事は、

膝がO脚

になっている方が多いんです。

 

O脚になると

膝の内側の関節が狭くなるんです。

 

ここが見落としている根本原因だったりします。

 

関節が狭くなると、

変形した骨が軟骨などと擦れあって炎症を起こす訳です。

 

それで、膝の痛みを感じるようになる。

 

では、膝関節の内側を狭くしているO脚の根本原因はどこにあるのか?

 

それは、

骨盤の歪み

にある事がほとんどなのです。

 

なので、当院で施す骨格矯正では

根本原因から解決する為に

変形性膝関節症に対して

骨盤の矯正治療

がメインになります。

 

その辺りの詳細は

ホームページに記してあります。

下のURLをclickしてみて下さい!

https://www.issin.biz/hiza.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

皆様こんにちは。

本日は、

一般的な

変形性膝関節症の治療

についてのお話。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

関節などの痛みなどでかかる病院は

整形外科ですね。

 

一般的な整形外科で

変形性膝関節症に対して施す治療を紹介していきましょう。

 

・投薬

消炎剤など、炎症を抑えるお薬。

 

 

・リハビリ

 

膝の関節にかかる負担を減らす為に、太ももの前側にある大腿四頭筋などの筋力を上げるトレーニングが中心です。

 

 

・注射

 

変形性膝関節症を患うと、膝に水が溜まる事が多いです。その水を注射で抜きます。

また、膝関節内にヒアルロン酸を注入します。ヒアルロン酸には消炎作用がある為です。

 

 

・物理療法

 

電気治療や温熱治療が、これにあたります。

 

 

・手術

 

膝関節の手術で主流な方法が2つあります。

1つ目は、高位脛骨骨切り術といって、膝の関節の角度を合わせる為に骨を切って、膝の角度を調節するもの。

2つ目は人工関節全置換術。これは、膝の関節を人工的に作られたものに置き換えるもの。


以上が、一般的な整形外科にて行われている変形性膝関節症に対する治療法です。

 

当院に膝痛でご来院される方は

『出来れば手術は避けたい!』

とおっしゃいます。

 

整形外科などの医療機関で改善されなかった

変形性膝関節症が

当院で施す骨格矯正の施術で改善された例がたくさんあります。

 

なぜ、骨格矯正の施術で変形性膝関節症が改善されるのか?

それは、変形性膝関節症の捉え方が

骨格矯正の視点と

その他の医療機関では違うからなんです。

 

その捉え方は、明日のブログに記していきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

皆様こんにちは。

本日は、

変形性膝関節症

の病態についてのお話しです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

変形性膝関節症とは?

簡単に説明すると

「膝の軟骨が擦り減り、

関節に変形が起こり、

そして炎症を起こし痛みが出る」

病気です。

 

これを少し掘り下げてお話していきましょう。

 

まずは、軟骨

関節は、骨と骨の連結で構成されます。

骨とは、人体で一番硬い組織。

その硬い骨と骨の間でクッションの役割をするのが軟骨です。

この軟骨は、年齢と共に減っていきます。

 

変形性膝関節症は、この軟骨が擦り減る事で

膝の関節に掛かる衝撃を和らげる事が出来なくなってしまいます。

 

次に『関節が変形する』について。

変形するとは、読んで字のごとく

形が変わる

という事。

 

変形性膝関節症においては、

膝の骨が棘状に変形してしまいます。

その棘が擦れたりする事で、

関節に炎症が起こってしまうのです。

 

 

以上が簡単でしたが

変形性膝関節症

の病態です。

 

明日は休診日でブログもお休み。

明後日のブログは、

整形外科などの医療機関で施す

変形性膝関節症に対する治療について書いていこうと思います。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

皆様こんにちは。

本日は、

膝の痛み

に関したお話しです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

膝の痛みで

お悩みの方って多いですね。

 

特に40歳以上の女性。

 

膝の痛みといっても、様々な病態があります。

その中で、40歳以上の女性に多いのが

『変形性膝関節症』

と呼ばれる膝痛です。

 

この変形性膝関節症に多い症状の感じ方を以下に挙げてみますね。

 

・階段の昇降時に痛む

(特に階段を降りる時)

・歩いていると膝の内側が痛む

・立ち上がる時に膝が痛む

・膝が腫れぼったい

(膝に水が溜まっている)

・正座がしにくい。または、正座が出来ない

・膝をピンと伸ばす事が出来ない

・しゃがみ込む動作が出来ない

などが代表的な症状です。

 

この変形性膝関節炎

とは、どの様な病態なのか?

その辺りを、次回のブログに書いていこうと思います。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いっしん


大阪府豊中市蛍池東町にお住まいの方で 痛みや歪みなど心身のお悩みをお持ちの方はお気軽にお越しください。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930