ヘッダー

頚腕症候群

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック矯正・首痛治療専門の

骨格矯正サロンいっしん

(鍼灸整骨院いっしん併設)です。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は

「アメリカからご来院」

 

先日 アメリカから患者様が来院されました。

 

この患者様は、お仕事の関係で

アメリカに引っ越されました。

 

 

渡米前から来院されていたのですが

当初のお悩みは

・頭痛(頭痛薬をほぼ毎日服用)

・右腕のシビレ・痛みで夜も眠れない日も

・常時 首や肩の痛みやコリ感

など。

 

これらは、頚椎(首)の歪みに根本原因があり

それに対する矯正を行ったところ

・頭痛薬を手放せた

・腕の痛みはなくなり安眠できるように

・寝不足続きなどの疲労がなければ、首や肩も楽に

と症状も改善されました。

 

 

この患者様は、渡米後も定期的に

骨格のメンテナンスにやってこられます。

 

というのも

「以前のような、つらい状態に戻りたくないから」

とおっしゃっていました。

 

 

骨格の歪みが

どれだけ身体に悪影響を及ぼすのか…

その辺りを身をもって理解されたそうです。

 

 

渡米後も頭痛薬を飲むこともなく

激務を遂行されているそう。

 

ご一緒に渡米されたお子様たちも

現地の学校になじまれたとの事で

私達もホッとしました。

 

 

Kさん アメリカならではのお土産ありがとうございました!!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん(はり・きゅう・整骨院併設)

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック矯正・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしん

(鍼灸整骨院いっしん併設)です。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は

「肘が痛い(外側上顆炎 テニス肘)」

について。

 

まず、外側上顆炎の痛みの出る場所は

上写真の外側部分。

肘の親指側の骨が出っ張った部分

辺りに痛みを感じます。

 

 

症状としては

・物を持ち上げる動作

・雑巾などを絞る動作

・ペットボトルの蓋を開ける動作

で肘の外側に痛みを感じます。

 

ほとんどの場合

上記のような動作をしなければ

痛みを感じません。

 

この痛みは、肘から手首・指先に繋がる

筋肉の炎症が原因です。

 

 

外側上顆炎の通称で

テニス肘

なんて、呼ばれる事もあります。

 

 

テニスのバックハンドの際に傷めることが

多い事から呼ばれています。

 

 

ただし、私の経験上

テニスで傷めるよりも

日常動作での負荷が続いて起こる方が

多いと感じています。

 

例えば、

拭き掃除をし続けた

重たい荷物を持つ機械が多かった

お子さんを抱く機会が多かった

などの繰り返し動作により

外側上顆炎が発症するケースが多いんです。

 

 

この様な痛みを感じた時に

自分でできる対処法としては

・アイシング

・ストレッチ

・上記の肘に負荷のかかる動作を極力しない

くらいでしょうか?

 

 

 

当院では、外側上顆炎に対する治療も行っています。

我慢している時間が長く

肘の状態が悪化すればするほど

改善までの期間も長くなってしまいます。

 

肘の痛みを感じたら

できるだけ早く専門の医療機関に相談してみてください!

 

もちろん、当院でもご相談を受け付けておりますので

お気軽に下記電話番号までご連絡ください!!

 

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん(はり・きゅう・整骨院併設)

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

※土日も14時まで診療しております!

 

さて、本日は

「腕が痛くて眠れない・・・」

 

腕の痛みは、大きく分けると2つに分類されます。

1つ目は

・腕自体が原因で痛みが出ている

これには、腕の打撲や肉離れなどの急性疾患。

それ以外に五十肩や腱鞘炎などの慢性疾患があります。

 

この場合は、腕自体の状態に対しての治療がメインになります。

 

 

もう1つは

・首が原因の腕の痛み

首が原因で、なぜ腕に痛みが出るのか・・・?

それは、頚椎(首)から出ている神経が

腕に繋がっているから。

 

何らかの原因で首から腕に繋がる神経が圧迫されると

その神経に沿った痛みが出てくるんですね。

 

この場合、痛みだけではなく

”しびれ”も出てくることがあります。

 

腕に繋がる神経が圧迫される疾患には

頚椎椎間板ヘルニア

頚肩腕症候群

などが代表的です。

 

これらの場合

整形外科だと

首を引っ張る牽引

ブロック注射

あと

痛み止めなどの投薬治療がメインになるでしょうか。

 

 

当院では、首から腕に繋がる神経の圧迫を取るために

頚椎の歪みがあれば

それを矯正していきます。

 

ほとんどの場合

頚椎の矯正で腕の痛みも取れてきます。

 

 

腕の痛みやしびれでお悩みの方は

すぐに当院までご相談ください!

腕に繋がる神経が圧迫されないよう

根本からの施術を施していきます!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

頚椎矯正・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

少しずつメジャーになりつつありますね!

”ストレートネック”という

頚椎の歪み。

 

このストレートネックとは、

頚椎(首)を側面から見た際の

歪み方の一種。

↑の写真がストレートネックと呼ばれる状態。

 

ちなみに↓の写真が歪みの無い正常な頚椎の配列です。

違いが分かりますか?

 

歪みの無い頚椎は

側面から見ると前方にカーブしています。

 

なぜかというと

重たい頭をバランスよく支えるため。

 

頭の重さって結構重たいんですよ!

だいたい体重の1割といわれています。

 

体重40㎏の方の頭の重量は約4㎏。

体重60㎏の方の頭の重量は約6㎏。

 

2ℓのお水のペットボトルは約2㎏。

これを2~3本片手で持っているのを想像してください。

結構 重たいですよね。

 

これだけの重たさを頚椎で支えている訳です。

 

寝ている時以外

立っていても座っていても

頚椎で重たい頭を

重力に逆らって支えています。

 

この時に、頚椎に前方へのカーブがある事で

頭の重みを逃がしているんです。

 

 

しかし、ストレートネックになってしまうと

頭の重さを逃がすことができません。

この影響で、

骨や関節への負担が増えてしまう上に、

その負担を支えるために

首~肩の筋肉の頑張り度が上がってしまうんです。

 

結果

首や肩の筋肉への負担が大きくなり

慢性的な首・肩のコリが出来てしまうんですね。

 

 

 

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

肩こり・ストレートネックが気になる方は

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日のブログは

「朝起きたら首や肩が痛い!」

 

朝起きた時から首や肩が痛く、

起床後も痛みが引かず

首や肩を動かせない状態は寝違えと呼ばれます。

 

寝違えに関しては以前のブログにも書いたので

それをご参照下さい。

 

本日は、

朝起きた時に首や肩が痛く

起床後 動いていると少しずつ痛みが

軽くなってくるケースについて

書いていきますね.

        原因は?      

このケースの場合 原因として考えられるのは

大多数が以下の2つです。

①ストレートネックなど頚椎に歪みがある

②枕が合っていない

 

①に関しては、このブログをお読みの方は

分かり易いと思います。

 

頚椎に歪みがあると

首や肩の筋肉や関節にかかる負荷が

大きくなります。

 

そんな状態と合わせて

体温も関係してきます。

 

体温は睡眠に入ると

段々下がってきます。

 

そして、起床前の体温が

一番低くなっているんですね。

 

頚椎の歪みにより

首・肩の筋肉や関節が柔軟性を失っている上に

体温が下がっている事で

更に柔軟性が無くなっているんです。

 

この為 起床時に首や肩の痛みを感じます。

起床後に動いていると痛みが軽減してくるのは

体温が上昇してくるから。

 

体温の上昇と共に

首や肩の筋肉などの柔軟性が回復し

痛みが軽くなっていくんです。

 

 

次に②の枕が合っていない。

 

これに関しては、次回のブログに書いていきますね。

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

肩こり専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は前回に引き続き

『巻き肩』に関するお話を。

 

 

上写真の左側が巻き肩の状態です。

(詳しくは前回のブログを参照して下さい)

上の写真は、J1リーグで活躍しているプロサッカー選手の

1回目の施術前後を比較したもの。

 

巻き肩になると

健康・美容面で様々なトラブルを引き起こす

可能性が出てくるんですね。

 

では、なぜ巻き肩になってしまうのか?

 

大きく分けると2つの原因が考えられます。

1:交通事故や転倒などの衝撃

交通事故や転倒など何らかの衝撃があると

頚椎が歪みます。

ストレートネックや前頭などの歪みがあると

頭が前方に出るような歪みになり

肩も前方に出てきてしまいます。

 

2:日常姿勢での不良姿勢

日常姿勢で多いのが

ソファーの肘置きを枕にして仰向けに寝る

高い枕を使っている

スマホやタブレット使用時に頭を垂れ下げて見ている

というような体勢・姿勢です。

仕事をしている時だと

パソコンの長時間使用。

パソコン使用時は、腕を前方に出して

作業をしますよね。

この姿勢が続く事で巻き肩になってきます。

 

事故や転倒は気を付けていても

防ぎきれない時もありますが、

日常姿勢は気を付ける事が出来ます。

 

このブログを読んだことをきっかけに

その辺りを気を付けて頂けると幸いです。

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

巻き肩や姿勢の悪さが気になったら

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

肩こり専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

※日曜日も診療しております(9:30~14:00)

 

本日は『巻き肩』に関するお話を。

 

巻き肩とは

横から見て肩の位置が前方に入っている

不良姿勢の一つです。

 

簡単なチェック方法として

ご自身で鏡を見てもらうか

身近な人に下のように

写真を横から撮ってもらって下さい。

上写真の左側が巻き肩の状態です。

本来 側面から見ると

地面から外くるぶしを通る垂直の線(青色の線)

の真上に肩も乗っていないといけないんです。

 

この青色の線よりも前側に来ている状態が

いわゆる巻き肩と呼ばれる状態です。

 

上の写真は、J1リーグで活躍しているプロサッカー選手の

1回目の施術前後を比較したもの。

 

右側を見てみると

まだ若干肩の位置が前方に残っていますが

かなり青色の線に近づいているのが分かると思います。

 

この巻き肩になると

・肩こりが酷い

・腕が挙がりにくい

・背中が痛む

・呼吸が浅くなる

など症状が起きる原因になります。

 

またこれら健康面での不調だけでなく

美容面でも様々なトラブルが出てきます。

・姿勢が悪く、自信がないように見える

・ポッコリお腹になり易い

・お尻が垂れやすい

・下半身太りになり易い

などの原因になる事も。

 

次回は、なぜ巻き肩になるのか?

その辺りの説明を書いていきますね。

 

当院は、待ち時間という無駄な時間を無くす為に

完全予約制となっております。

巻き肩や姿勢の悪さが気になったら

06-6856-3087

にお電話下さい!!

出来るだけ早い時間に対応させて頂くようにしております!!

 

 

 

骨格矯正サロンいっしん

大阪府豊中市蛍池東町3-5-3浅尾蛍池マンション1階

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

先週のブログでは

『手の痺れ 頚肩腕症候群』について

書いてきました。

 

この『頚肩腕症候群』の原因を

骨格矯正の視点から考察していきたいと思います。

 

最近では、お仕事上で

パソコン・タブレットを使用する方が増えていますね。

 

これ以外にも、プライベートを含めて

スマートフォンの利用者も増加し続けています。

 

これらの使用時の姿勢が原因になっている事が非常に多いんですね。

 

パソコン使用時に関しては、

腕を常に中途半端高さで挙げています。

これが大きな負荷に。

 

腕の重量って結構重たいんです。

その重たい腕を挙げた状態で支える為には

肩甲骨周囲の筋肉が頑張らなければいけません。

この積み重ねが頚肩腕症候群を発症させる事もあります。

 

 

次にスマホやタブレットですが、

これも使用時の姿勢が関係しています。

 

電車などに乗っていると

上の写真のような姿勢でスマホ・タブレットを

使っている人を見ない日はありませんよね。

 

 

この姿勢の何が悪いかというと

『頭を垂れ下げた』姿勢。

 

 

頭って、かなり重たいのは聞いた事がありますかね?

体型などによっても異なりますが

平均すると体重の1/10の重量だといわれています。

 

体重が50kgの人で5 kg。

体重が60 kgの人は6 kg。

 

生まれたての赤ちゃんの体重は約3 kg前後だと考えると

2人分の重たさ・・・

こう理解して頂くと頭の重さがわかると思います。

 

それだけ重たい頭を上写真のように垂れ下げた際に

負担がかかるのが首~背中。

もちろん、負担が大きくなれば首~背中の筋肉が疲労し

頑固なコリの原因になってきます。

 

また、頚椎(首の骨)への負荷も大きくなる事で

ストレートネックという歪みを発症する原因にもなりえます。

ストレートネックに関する詳しいお話は、

また今度書いていきますが

頚肩腕症候群の根本原因は

このストレートネックに由来する事も多いんですね。

 

当院では、ストレートネックを含めた

頚椎の歪みと、首~肩の筋肉バランスを整える事で

頚肩腕症候群の治療を行っていきます。

 

当院にも頚肩腕症候群でお悩みの方が多数来院されています。

早期回復の為には早期治療が最も大切です。

お悩みの方は、当院にすぐご相談下さい。

現在、ご相談は無料でさせて頂いております!

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『手の痺れ 頚肩腕症候群』について書いていこうと思います。

 

まず『頚肩腕症候群』がどんな病態か?

について書いていきますね。

 

まず症状として首(頚部)・肩・背部・腕にかけての痛みや異常感覚を感じます。

異常感覚の代表的なのが『痺れ』。

痺れとは、ピリピリした感覚と感じる方もいれば、ビリビリした感覚、虫が這うような感覚という表現をされる方もいます。

長時間 正座をした後に「足がしびれた・・・」

あの感覚も痺れに該当します。

 

これらの症状を感じる他の疾患でいうと

・変形性頚椎症

・頚椎椎間板ヘルニア

・胸郭出口症候群

などがありますが、上記のような疾患が該当しない場合を

頚肩腕症候群と呼びます。

 

 

 

また、頚肩腕症候群は男性よりも女性の方が羅漢率が高いとされています。

 

職業でいうと、デスクワークの方が圧倒的に多いんですね。

最近は、パソコンやタブレットを使わないデスクワークは皆無と言って良いでしょう。

パソコンやタブレット、これ以外にもスマートフォンの使用過多も原因に挙げられます。

 

現代病と言っても過言ではないでしょう。

 

首(頚部)・肩・背部・腕にかけての痛みや異常感覚

以外でも、様々な症状が併発する可能性があります。

 

頭痛

めまい

耳鳴り

集中力低下

思考減退

睡眠障害

冷え症

倦怠感

握力・筋力の低下

などの症状が発症する事も。

 

 

当院にも頚肩腕症候群でお悩みの方が多数来院されています。

早期回復の為には早期治療が最も大切です。

お悩みの方は、当院にすぐご相談下さい。

現在、ご相談は無料でさせて頂いております!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

交通事故というと様々なケースが考えられます。

車 ― 車

車 ― 歩行者

自転車 ― バイク

自転車 ― 歩行者

車やバイクの単独事故

・・・・・

挙げればきりがないのですが、どの事故に関しても

ケガがつきもの。

 

また、事故の衝撃で歪んだ骨格は

放っておくとそのまま歪んだままになり

後々様々な症状の根本原因になる事があります。

 

 

事故後は、出来るだけ早急に専門家による治療を受けるべきです。

交通事故によるケガは、基本的に保険を適用できるので

患者様の負担額は¥0

でお受け頂けます。

 

ただし、事故に遭ってから数カ月痛みを我慢して医療機関に行っていない

なんてケースでは、事故によるケガかどうかの判断が出来ない為

保険での治療を受ける事が出来なくなってしまいます。

 

事故に遭ったらすぐに医療機関を受診する事をお勧めします。

 

当院は、むち打ちの根本原因である頚椎の歪みの矯正も専門として施しております。

万が一 交通事故に遭ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

※整骨院も併設していますので、自賠責保険も取扱しております。

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)

《交通事故専用フリーダイヤル》

0120-140-886

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

前回のブログでは

『むち打ち』に関して簡単な説明を書きました。

 

今回は、『むち打ち』の影響で引き起こされる症状に関して書いていきますね。

 

最も多いのが、首~肩の痛み

これは、皆さんも想像し易いですよね。

 

これ以外にも、背中や腕にも痛みが出てくる事も多いです。

また、背中や腕に“しびれ”が出てくる事も。

 

 

他には、

・頭痛

・めまい

・ふらつき

・耳鳴り

これらも『むち打ち』による訴えとして多い症状です。

 

『むち打ち』だけではありませんが、

早期回復の為の必須条件は『早期治療』になります。

 

我慢が美徳とされたりしますが、けがや病気は例外です。

 

当院は、むち打ちの根本原因である頚椎の歪みの矯正も専門として施しております。

万が一 交通事故に遭ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。

※整骨院も併設していますので、自賠責保険も取扱しております。

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)

《交通事故専用フリーダイヤル》

0120-140-886

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある
ストレートネック専門治療・交通事故治療専門の
骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)です。

 

もう5月も終わりが近づいてきました。
6月に入ると梅雨入りも近くなってきますね。
ジメジメと鬱陶しいですが、雨が多い時に気を付けて頂きたいのが
人も車も“滑らない”事。
人であれば“転倒”。
車であれば“スリップ”からの事故。

 

どちらの衝撃も骨格が歪む原因になります。

 

 

特に、交通事故は大きな歪みが生じてしまいます。

交通事故のケガで最もメジャーなのが
『むち打ち』
むち打ちとは、簡単に説明すると
“首の捻挫”です。

むち打ちという言葉は、交通事故による首の痛みの総称として使われるています。
この語源は、事故による衝撃で首から上の動きが
鞭を打つ動きと類似しているから。

 

頭の重量ってご存知ですか?
だいたい体重の1/10といわれています。
体重60kgの人の頭の重量は約6kg。
6kgというと、お水2ℓのペットボトル3本分。
これを片手で持った時を想像して下さい。
かなり重たいのが分かりますよね・・・。

 

これだけ重たい頭が、事故の衝撃で振られると
首が鞭を打つようにしなる訳です。
その際に、頚椎に大きな歪みが発生します。
また首の関節周囲に炎症が起き痛みが出てきます。

これが『むち打ち』の簡単な説明です。

 

当院は、むち打ちの根本原因である頚椎の歪みの矯正も専門として施しております。
万が一 交通事故に遭ってしまった際は、すぐに当院にご相談下さい。
※整骨院も併設していますので、自賠責保険も取扱しております。

 

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)
《交通事故専用フリーダイヤル》
0120-140-886

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

 

「もっと早く来ればよかった・・・」

そんな声を患者様からよくお聞きします。

そう言って下さるのは

・病院や整骨院に通ったが良くならなかった

・仕事が忙しくて痛みを我慢し続けていた

・病院では「手術しかない」と言われた

方々です。

 

なぜ「もっと早く・・・」と思われたのか?

 「もっと早く来れば良かった・・・」

とおっしゃった患者様に“なぜ”そう思ったのか

をお聞きしました。

その中で多かったのが

①科学的検査で原因がハッキリしたから

②病院や整骨院と違い、その場しのぎではなく根本から治してくれたから

③手術や服薬を回避できたから

という3つのご意見です。

 

“推測”で治療を受けたいですか?

 身体の“痛み”や“しびれ”の根本原因は、骨格の歪みにある事がほとんど。

整形外科ではレントゲンを撮りますが、骨の歪みを診るのは専門外。

なので、同じレントゲンを診ても「異常なし」と診断される事があるんですね。

 

整体や整骨院で骨盤矯正などをしている所が増えていますが、

ほとんどの院では科学的検査をせずに矯正治療を施しています。

これは、とても怖い行為。

 

どれだけ熟練した治療家でも、科学的検査をしなければ

正確な骨格の状態は分かりません。

 

なので「歪んでいるだろう」と“推測”で施術

を施している事になります。

 

これが医療事故の原因になり、手足が麻痺してしまう事も…。

 

科学的検査をする事で正確な根本原因が分かるので、

早期改善や安全な治療が可能になります。

 

あなたの大切な人が「もっと早く・・・」

と思わないようこの記事の内容を早く教えてあげて下さいね!

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

 前回は、「骨がゆがむと」

関節・筋肉・神経・内臓への悪影響がある。

 

そして、その中の筋肉への悪影響について書きました。

 

骨格と神経の関係性

骨格と神経は、とても密接な関係にあります。

下図をご覧頂くと、骨と骨の間から出ている黄色い繊維が神経です。

 

骨格の歪みによる神経への悪影響

 骨格が歪むと、神経はどの様な状態になるのでしょう?

 骨が捻れたり、傾いたりする事で

神経の出口である“神経孔”が狭くなってしまうんです。

その結果、神経は圧迫されてしまいます。

 

神経が圧迫されると、その神経に沿った部分に

『シビレ』や『痛み』が出てくる訳です。

 

 

 坐骨神経痛や肋間神経痛など、いわゆる“神経痛”というやつです。

 

 

「神経痛ってお年寄りの病気ですよね?」

 神経痛という表現を聞くと、ほとんどの方が

高齢者の病気だと思われるみたいです。

これは、全くの誤解です。

 

神経痛とは、神経が“何らかの原因”で

圧迫されて出てくる症状です。

(※一部ヘルペスウィルスの後遺症などで出る事もあります。)

 

それを考えると、年齢に関係なく出てくるのが分かると思います。

 

実際の所、当院にも現在『足の神経痛』が主症状で治療に通っている

十代の患者様もいらっしゃいます。

 

ちなみに、この患者様のお悩みの根本原因は、

『骨盤・腰椎の歪みによる坐骨神経の圧迫』です。

 

この様な神経痛は、神経を圧迫している骨格の歪みを矯正する事で改善出来る方がほとんど。

 

また、骨格が歪んで神経の流れが悪くなると・・・

他にも悪影響が出てきます。

 

その詳細『骨格の歪みと内臓』の関係は次回書いていきますね!

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・頭痛治療専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

昨年一番ご相談が多かったのが『頭痛』

topics_vol083

ある製薬会社の調査によると

「日本人の四人に一人が週一回以上の頭痛で辛い思いをする」

というデータが出たそうです。

 

頭痛を感じた人の中で、医療機関に受診した人が7%、

イ●やバ●ァリンなどの市販薬を服用した人が60%以上との事。

 

 

この統計を見た時に感じたのは、頭痛薬に頼っている人が

非常に多いという事実。

 

確かに当院に頭痛改善の為に来院されている方々も

「頭痛薬を持っていないと不安」とおっしゃる方がほとんど。

 

 

 

確かに頭痛薬を服用する事で症状は一時的に治まるケースが多い訳ですが、

常用すると様々なリスクがある事を知らない方が多いのも事実。

 

なので、今回は頭痛薬を常用した際のリスクを書いていこうと思います。

 

まず1つ目。

これはご存知の方も多いと思いますが胃腸障害。

 

そして2つ目は、肝臓障害。

 

その他にも腎臓などへの副作用も出てくるといわれています。

 

3つ目は最近分かった事らしのですが、

頭痛薬を常用していると長期間の難聴

につながるという恐ろしいデータ。

 

 

身体の為にと思って服用していた薬で、

逆に身体を壊しているという現実。

 

昔からよく言われていますが

「“薬”を反対から読むとリスク」

 

要するに何らかの症状を抑える為にはリスクを伴うという事なんですね。

 

「たかが頭痛」

「頭痛薬を飲めば大丈夫」という考えは、

非常に危険だというのがお分かりだと思います。

 

 

中には脳の疾患などが原因で頭痛が発症する事もありますが、

頭痛でお悩みのほとんどの患者様が、

頚椎(首)の歪みを矯正する事で頭痛薬を手放す事が出来ています。

 

 

 

様々なリスクを冒して薬に頼っている

ご家族やご友人がいらっしゃいましたら、

すぐに頚椎の歪みを

当院のような骨格の専門家に診てもらうよう

伝えてあげて下さいね!

そして、一刻も早く“リスク”から救ってあげて下さい!!

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

  

前回に引き続き『スマホ症候群』について。

 

スマホを長時間使用すると

首・肩・背中の強いコリ、緊張型頭痛、

めまい、自律神経失調症、うつ、パニック障害、

慢性疲労症候群、ドライアイ、多汗症、

不眠症、機能性胃腸症等の症状が

引き起こされる可能性があります。

 

スマホ使用時の不良姿勢が首~背中の強いコリを引き起こす…ここまで前回に書きましたね。

 

では、自律神経失調症・うつ・パニック障害・不眠症が、

なぜスマホの使用過多で起こるのか?

 

これは、スマホ使用時の不良姿勢から

頚椎(首)が歪んでしまう事に根本原因があります。

 

前回の写真のように、スマホを見る時に

首が前屈して頭が垂れ下がる姿勢になっている

人がほとんど。

 

この姿勢で長時間いると、本来

前方にカーブしていなければいけない頚椎が、

カーブが無くなり真っ直ぐになってしまいます。

 

この歪みを『ストレートネック』と呼びます。

 

頚椎がこのように歪むと、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

 

自律神経のバランスが崩れる事で、

自律神経失調症・うつ・パニック障害・不眠症

などの症状が引き起こされてしまうんです。

 

 

では、スマホ症候群にならないようにする為の注意点を!

まずは使用時の姿勢。

横から見た時に『肩と耳が垂直ラインに並ぶように』

そして、

『スマホを持つ腕の下に一方の腕を差し込んで支え、

持つ腕の肘を直角に保つようにして、

目の前に画面を持ってくる』

これを意識して頂く必要があります。

 

この姿勢にする事で首や肩だけでなく腕の負担も軽減する事が出来ます。

要するに首の前屈姿勢・頭が垂れ下がらない状態が必要という事です。

 

これをふまえて考えると、パソコンを使う時も

頭と首の位置関係を意識しなければ同様の危険性がある

という事も頭に入れておいてくださいね。

 

ただ、この姿勢をしていれば大丈夫なのかというと・・

長時間使用すれば、目・腕や肩も当然疲れます。

長時間使用しなければいけない時は、

合間合間で休憩したりストレッチなどをして下さいね!

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

 

少し前に『高1の80%以上がスマホ所持』

というデータが出ていました。

便利で用途も多いことからユーザーも増えているのでしょう。

 

そこで、スマホ使用時に気を付けて頂かなければいけない事

について書いていこうと思います。

 

 

スマホを使用されている方のほとんどが、

「ガラケーの頃より、電話を触っている時間が増えた」

とおっしゃいます。

 

【スマホの使い過ぎで起きる症状】の事を

『スマホ症候群』なんて呼ばれたりしています。

 

では、どんな症状がスマホの使用過多で出てくるのか?

 

列記してみると

首・肩・背中の強いコリ、

緊張型頭痛、

めまい、

自律神経失調症、うつ、パニック障害、

むち打ち、

更年期障害、

慢性疲労症候群、

ドライアイ、

不眠症、

機能性胃腸症、

過敏性腸症候群

などなど…様々な症状が発症する可能性があるといわれています。

 

 

肩こりや疲れ目なんかは分かり易いと思いますが、

うつやパニック障害・不眠症なんかの症状は意外なのではないでしょうか?

 

では、なぜスマホの影響で様々な症状が発症するリスクがあるのか

を考えていきましょう。

 

まずは、下の写真をご覧下さい。

スマホ不良姿勢側面

ここで注目して頂きたいのが、

スマホを触っている姿勢。

 

この姿勢の中でも、特に首の辺りをよくご覧下さい。

スマホの画面を見るために、首はかなりの前屈姿勢。

 

そして、両肩が前方に入り込んでいるのが分かりますね。

この姿勢が『スマホ症候群』を引き起こす原因になります。

 

頭って、ものすごく重たいのはご存知ですよね?

 

日本人の平均が約6㌔といわれています。

6㌔というとお水二㍑入りのペットボトル三本分。

 

これだけ重たい頭が、スマホの画面を見る為に垂れ下がると、

それを引っ張っているのが首や肩・背中の筋肉。

 

長時間この姿勢を続けていると、

重たい頭を引っ張り上げている首や肩の筋肉が

疲れて強いコリが出来てしまう訳です。

 

首や肩のコリを引き起こすの原因は分かり易いですよね。

 

では、その他の症状はなぜ起きるのか?

 

そして、スマホを触る際に負担の少ない姿勢はどの様なものか?

は、次回に!!

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

頭痛治療・産後の骨盤矯正が得意な

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は、小さいお子さんとお付き合いのある方は必見です!

当院には産後の骨盤矯正を受けに来られる方が多いので

この記事を書く事にしました。

 

お子さんや、お孫さん、姪っ子ちゃん、甥っ子ちゃん等の為に、

ぜひお読み下さいね!

 

まずは、下の写真をご覧下さい!

無題

お父さんらしき人物が、カワイイ我が子と戯れている

一見微笑ましい写真。

 

しかし、

この写真には

『カワイイ我が子を痛めつけている』

という恐ろしい現実が隠されています。

 

では、どの様な恐ろしい現実が隠されているのでしょうか?

この写真は、お子さんを

「たかい たかーい」

しているのは一目で分かりますよね。

 

この「たかい たかーい」は、

やり方を間違えると『むち打ち』を引き起こしてしまいます。

 

『むち打ち』というと交通事故で起こる怪我だと思われがちですが、

一概にそうとは言えません。

『むち打ち』とは、交通事故やスポーツだけでなく

何らかの大きな力が加わった際に、

頭の重みで首が前後(又は左右)にムチの様にしなって起こる病状です。

 

その結果、首~背中の痛み・頭痛・めまい・手のシビレ・吐き気・めまい等の症状を伴います。

 

上の写真をご覧頂くと、

お父さんの手からお子さんの体が離れ宙に浮いていますよね。

 

例え地面に落してしまわなくても、

お子さんを投げた際・キャッチした際に首が

『ガクン』となるのは想像し易いですよね。

 

この時に、確実にむち打ちが引き起こされています。

 

子供の頃は関節も筋肉も柔らかいので

受傷後すぐに症状が現れない事も多いようです。

 

しかし、この動作での衝撃で頚椎(首)に歪みを作っている事は間違いありません。

 

それに、幼少期は身体大きさに対して頭が大きいのはお分かりだと思います。

 

頭の比率が大きければ、それだけ首に掛かる負担も大きいですからね。

 

この時作られた頚椎の歪みが、後々様々な症状の根本原因なり兼ねません。

 

 

では、「たかい たかーい」をしてあげる時に、どの様にすれば良いのか?

それは、お子さんを手から離さずに、ゆっくり高い位置まで抱き上げる!

 

これしか方法はありません。

お子さんの笑顔を見たいのは分かりますが、

お子さんの将来的な健康を考えて可愛がって下さいね♪

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

頭痛治療・ストレートネック専門治療の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は、前回に引き続き『ストレートネック』についてのお話。

 

前回は、ストレートネックとは

どの様な歪みなのかを書きました。

 

本日は、

『ストレートネックが引き起こす身体への悪影響』

について。

 

これは、大きく分けて三つあります。

 

まず1つ目は、TVなどでもよく言われている

「慢性的な首・肩・背中のコリの原因」

 

頚椎(首)を横から見ると顔側にカーブしているのが正常。

 

そして、顔側へのカーブがなくなり真っ直ぐになっている

頚椎が「ストレートネック」。

 

なぜ頚椎が顔側にカーブしていなければならないのか?

それは、頚椎の重要な役割である

バランス良く『頭を支える』為。

頭って、とっても重たいんです。

 

一般的に言われているのが体重の1/10の重量。

 

体重が60㎏だと約6㎏。

 

水2ℓのペットボトル三本分・・・

片手で持つととっても重たいですよね。

 

そして、頭と頚椎の関係を見てみると、

頭が大きいのに対して、

それを支える頚椎は細長い。

単純に考えて、この関係は元々バランスが悪い訳です。

 

その上、地球上で二足歩行をしようとすると

『重力』がかかり頭の重みが頚椎に掛かります。

 

重力って、地面に向かって垂直に働く力ですよね。

頚椎が顔側にカーブしている事で、

頭の重みを逃がすことが出来るんです。

しかし、ストレートネックになってしまうと、

頭の重みが、

骨を含む関節にダイレクトに掛かってしまいます。

 

こうなると、頚椎への負担を減らす為に他の部分で補わなければいけません。

その補う部分が「首・肩・背中の筋肉」なんです。

この為、首~背中の筋肉への疲労が蓄積し続け

慢性的なコリを生み出してしまいます。

 

これが「悪影響」の1つ目。

 

次回は、残り2つについて書いていこうと思っています。

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

骨盤矯正・ストレートネック専門治療の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

 “ストレートネック”

って耳にした事ありますか?

最近テレビや雑誌なんかでも取り上げられる事も多いですよね。

本日は、このストレートネックについてのお話を。

image (1)

ストレートネックとは、そのまま和訳する通り

「真っ直ぐな首」です。

「真っ直ぐなら、歪んでないからいいのでは?」

とお思いの方もいらっしゃるでしょうね。

 

ストレートネックって、身体にかなりの悪影響を及ぼします。

 

その理由について書いていきますね。

 

頚椎(首の椎骨)の正常な骨格配列(歪んでいない状態)は、

正面から見た時には真っ直ぐでなければいけません。

 

しかし、横から見た時には前方にカーブしている必要があります。

 

この前方へのカーブが消失した歪みが“

ストレートネック”と呼ばれているんです。

 

では、なぜ頚椎は横から見た時に前方へのカーブが必要なのでしょうか?

 

これは、脊椎動物の中でも人間のみの特権

“二足歩行が出来る”事と“重力”が関係します。

 

重力は、地球の地面に対して垂直に掛かります。

 

人間以外の脊椎動物は、

前後四本の脚を使って頭を含めた身体の重みを支えることにより、

身体の重みは背中側→お腹側にかかります。

 

この為、関節に掛かる負担が少ない訳です。

 

しかし人間は二足歩行をする為、

頭→足底に身体の重みが掛かります。

 

その為、重力は関節に対して垂直に掛かってしまう

のが想像できるのではないでしょうか?

その関節への負担を逃がす為に、

下図の様に頚椎で前側、胸椎で後側、腰椎で前側と

S字のカーブを描いたような配列に本来なっています。

sekitui

ストレートネックは、これが崩れた状態をいう訳です。

 

ストレートネックによる身体への悪影響については

次回に続きます。

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

骨盤矯正・ストレートネック専門治療の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は前回の続きになります。

歯科の施術台や美容室のシャンプー台に寝た時に、

頚椎(首)に歪みが生じ“めまい”・“難聴”・“首が回らない”

などの症状が出る事があります。

 

その1つ目の原因として、シャンプー台や施術台の構造が、

その方に合わないケースがある為だと書きました。

 

本日は、2つ目の原因について書いていきます。

 

 

2つ目の原因は、『頚椎の可動域が、狭くなっている』事が考えられます。

 

可動域とは、関節の動く範囲・角度の事を言います。

 

簡単にいうと、本来60度動かないといけない関節が、40度しか動かない状態になっているのを『可動域が狭くなっている』と表現します。

 

要するに関節が硬くなっている状態です。

 

シャンプー台などに寝ると、首が少し後屈(頭が後ろに倒れる)

するのは想像できますよね。

 

正常な可動域があれば、通常シャンプー台などで軽く首を後屈させても問題ないように作られている訳です。

 

しかし、可動域が狭くなっていると関節に掛かる負荷が大きくなってしまい、“めまい”・“難聴”・“首が回らない”などの症状が出てしまうんですね。

 

 

では、なぜ関節の可動域が減少するのか?

 

それは、元々頚椎に歪みがあった為なんです。

 

頚椎の役割で重要なのは、頭を支えること。

 

前回も書きましたが、頭は重たくて(日本人平均が6キロ前後といわれています)、

なおかつ大きいですよね。

 

それに比べて、頚椎は細長く並んでいます。

 

なので、頭と頚椎の関係は元々バランスが悪いわけです。

 

 

そんな環境の中で、頚椎に歪みが生じると…

もうお分かりですよね!

 

首の関節に掛かる負荷が大きくなり、関節の機能が低下=可動域が狭くなるという現象が起きるんです。

 

シャンプー台や歯科の施術台に寝る時はお気を付け下さいね!

 

万が一違和感を感じたりしたら、すぐにご相談下さい!

頚椎の歪みから、様々な症状が出てきてしまうかもしれません。

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

骨盤矯正・頭痛治療の骨格矯正サロンいっしんです。

  

本日は、頭痛に関するお話を。

 

「頭痛」という症状は、ほとんどの方が感じた事があるのではないでしょうか?

 

発熱した際や、中には二日酔いで…なんて方も。

 

今回の記事では、片頭痛と緊張型頭痛

という二種類の頭痛を取り上げようと思います。

 

なぜ、この二種類の頭痛を取り上げたか?

 

それは、当院にご来院の患者様でお悩みの方がとても多いからなんです。

 

去年来院された患者様で一番多かった症状が、

日本人の八割以上が死ぬまでに一度は

経験するといわれる「腰痛」。

 

この次に多かった症状が、「頭痛」でした。

 

頭痛でお悩みの患者様の八割以上が、

頭痛薬を常用しているとの事でした。

 

確かに辛いんですよね、片頭痛も緊張型頭痛も。

 

私も、最先端骨格矯正という治療システムに

出会うまで片頭痛で悩んでいたので、

その辛さがよく分かります。

 

頭痛薬を服用すれば、

ほとんどの場合 1時間以内に

あの苦痛から解放されますから。

 

 

その一方で、

「薬に頼っていると

何かしら身体に悪影響が出るのでは?」

と不安に思われている方が圧倒的に多いのも事実。

 

『頭痛薬に頼らない生活』

を手に入れる為のサポートは、

当院の骨格矯正が得意とするところ。

 

骨格矯正を施す事で、

これらの頭痛が改善するプロセスをお話しする前に、

片頭痛と緊張型頭痛について簡単に述べてみます。

 

まず、片頭痛について。

一般的には頭の片側(稀に両側)の脈拍と一致して痛みます。吐き気があったり、光や音に敏感になるケースもあります。

 

次に緊張型頭痛。

これは、頭や首・肩の筋肉が緊張し、

血流が悪くなり疲労物質が溜まり、

神経を刺激して起こります。

 

これらの頭痛は、男性に比べ女性の方が多く、

三倍以上だといわれています。

確かに、当院の患者様でも女性の方が

男性よりも頭痛を訴える方が圧倒的に多いです。

 

次回は、これらの頭痛に対して

どのように当院がアプローチし

頭痛薬を手放せる方が続出しているのか?

を書いていきますね!

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

数回の治療で左半身の痛みで普通に歩く事ができなかったが、痛みが取れて普通に歩けるようになった!!(池田市・骨格の歪み)

 K.S 様 (64歳 男性)

img005
 

拡大は↑click

 

 

 

 

①   年齢・性別・お名前もしくはイニシャル・お住まい・ご職業を教えて下さい。

          64歳・男・K.S・池田市・公益法人役員

②   最初は、どの様なお悩み(症状)がありましたか?

      左半身に痛みがあった

③   当院に通院されて痛みなどのお悩みは、どのように改善(変化)してきましたか?

      数回通院して大いに改善された。

④   お悩みが改善されて良かった事や嬉しかった事はありますか?

       痛みで歩くのが辛かったのが、痛みがとれて普通に歩くことができるようになった。

⑤   同じようなお悩みをお持ちの方にメッセージやアドバイスをお願いします。

      骨格のゆがみがなおり、体が楽になったように思います。

  ⑥   当院に通院されてのご感想やご意見があればお書きください。

    感謝しています。

 

 


 

 

 

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません

 

 

当院がメディア(書籍)に掲載されました!!

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着10名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院が掲載された書籍は

書籍 表紙 半分

「JAPAN Beauty Therpist

~信頼できる美容整体院に出会える本~」

という書籍。

 

ページ内容は

書籍 ページ

↑クリックで拡大

というもの。

 

当院には、美容を目的に来院される方もいらっしゃいますが、

それよりも痛みやシビレ・頑固なコリなどの症状改善を目的に来院される方の方が圧倒的に多いんですね。

 

なので、今回オファーを頂いた時に

掲載してもらうかどうかを迷ったのが事実。

 

なぜ掲載を迷ったのかというと、

今回の書籍は美容整体に関するものだったからなんです。

 

迷っている時に思ったのが

 

O脚や猫背・ウェストのクビレの左右差など

美容的なお悩みが改善された時の患者様の”笑顔”。

 

頭痛薬を手放せた

長年の腰痛が改善された

手の痺れが無くなった

など様々な症状が改善された時の患者様の”笑顔”。

 

どちらの患者様の”笑顔”も、同じだけ美しいもの。

 

そして、私は

患者様の”笑顔”

を見る為に、この仕事を生業としている訳です。

 

”笑顔”ほど、人間の表情で美しいものはないでしょう。

 

エステなどが、外面から美を目的に施術されています。

当院では内面(骨格・筋)からの根本的な治療を施します。

 

内面からの根本治療を施す事で、

お悩みの症状が改善された”笑顔”

姿勢が改善され立ち姿などが綺麗に

なる訳で、

結果的に美に繋がるのでは?

そういう経緯で、今回の書籍掲載に至った訳です。

 

当院の待合い室にもおいていますが、

もし書店などで見かけたら44~45ページをお読み下さい。

当院・そして私が大きく載っています(笑) 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません

 

 

先週は、現在岐阜在住の両親が当院にやってきました。

頼み事をしていたので、そのお礼に両親共に治療を。

この仕事をしていて良かったと思う事は多々ありますが、

両親の身体のケアもしてあげられる事もその一つ。

両親には、いつまでも元気でいてもらいたいものです♪

 

さて、本日のブログは

「首が歪むと・・・・」

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着10名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近は、TVや雑誌などのメディアに取り上げられる事の多い

歪みといえば骨盤ですね。

 

確かに骨盤の歪みが引き起こす症状は多々ありますが、

実際のところ骨盤よりも頚椎(首)の歪みの方が、身体へ及ぼす悪影響は大きいんです。

060609_095852

レントゲン画像 010

上図は、頚椎のレントゲン。

側面から撮影したのが上の写真。

下が正面から撮影したもの。

 

ちなみに頚椎は、7つあります。

上から順番に1番~7番まで。

 

頚椎が歪むと、どの様な症状や疾患が出ると思いますか?

一般的には、

・首や肩のコリ

・寝違い

・頚椎椎間板ヘルニア

などが思い浮かぶのではないでしょうか?

 

これらの症状や疾患も、確かに根本原因が頚椎の歪みにある事が多いですね。

 

上記以外の疾患で、患者様や一般の方が

「えっ!?頚椎が原因なの?」

と意外に思われる症状や疾患もあります。

 

前回のブログにも書いた、頭痛なんかもその一つではないでしょうか?

 

では、頚椎の歪みが根本原因の可能性もある症状や疾患を書いていきますね。

・めまい

・耳鳴り

・メニエール

・顔の歪み

・自律神経失調症

・顎関節症

・難聴

・手足のしびれ

・不眠症

・無呼吸症候群

・・・などなど。

挙げればきりがありませんので、この辺にしておきます。

 

意外な症状や疾患があったのではないですか?

 

もちろん、上記の症状や疾患の全てが、頚椎に根本原因があるとは限りません。

なので、症状や疾患別に専門の病院で検査してもらう事も大切です。

しかし、専門の病院で

「異常なし」

「原因不明」

「通ったが改善しない」

などの場合、一度 頚椎の歪みを我々のような専門家にみてもらう事をお勧めします。

その結果、頚椎に歪みがあるのであれば、矯正してもらう事でお悩みが改善する可能性もありますよ!!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

ゴールデンウィークも終わり、1週間以上が経ちましたね。

 

連休明けは、お仕事もお忙しい方が多いようです。

体調管理をしっかりして、お仕事など頑張って下さいね!!

 

さて、本日のブログは

「手や足のシビレや痛み」

についてです。

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着10名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院には

「首~左腕が痛くて痛くて・・・」

「右のお尻~足にかけて痛いというか痺れるというか・・・」

などの訴えをされる患者様が多数お越しです。

 

これらの手や足のシビレや痛みは、いわゆる

神経痛

という症状です。

 

読んで字の如く神経の痛み。

 

神経痛のほとんどは、何らかの原因があり神経が圧迫される事で発症します。

info_1_2

上図の黄色部分が神経なんですね。

頚椎(首)から出ている神経は、手に繋がっていますね。

そして、腰椎から出ている神経は足に繋がっているのが分かると思います。

 

頚椎から出ている神経が圧迫されると、腕や手先などが痺れたり痛みが出たりします。

腰椎から出ている神経が圧迫されると、臀部(お尻)や足が痛んだり痺れたりするんです。

 

という事は、頚椎や腰椎・骨盤などが歪むと神経が圧迫され神経痛が発症するのは想像できますよね。

 

なので、当院には手や足のシビレや痛みなどの神経痛の治療に来られる患者様が多いんです。

 

手や足のシビレや痛みでお悩みの方は、ご相談下さいね!

この道19年の専門家が、あなたのお悩みを解決する為に全力サポート致します!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

??????

上の写真は、ご覧の通り薬ですね。

一度も薬を口にした事がない・・・

そんな方って、ほとんどいませんよね。

薬といっても様々な種類がありますが、今日のブログは鎮痛剤(痛み止め)に関するお話。

 

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着10名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院にお越しの患者様は、鎮痛剤に頼っていた・・・という方が非常に多いんです。

 

実際、腰痛や神経痛・五十肩など様々な痛みに悩まされ整形外科などの病院に行くと、ほとんどのケースで鎮痛剤を処方されます。

 

薬に頼るのは良くない・・・

そう頭で分かっていても、痛みに耐えられず鎮痛剤に頼ってしまうという方がほとんど。

 

痛みが強い時に鎮痛剤に頼るのは仕方がないかもしれません。

しかし、頼り続けるのは・・・

 

「先生 お陰様で鎮痛剤をやめられました!

前は薬を飲まないと痛くて寝れなかったんですが、今は朝までグッスリ眠れます。」

こんな嬉しいご報告をして下さったのは60代の男性。

3年前のある日、急に首~右腕の痛みとシビレを感じるようになり、整形外科を受診。

レントゲン・MRIなどの検査結果から

「頚椎椎間板ヘルニア」

という診断を受けたとの事。

 

手術の対象内だと医師から言われたが、手術は受けたくないと患者様の意見を尊重し、首を引っ張る牽引治療や電気治療・そして鎮痛剤などの投薬を続けていたそうです。

 

一向に良くなる兆しもなく、首から右腕の痛みやシビレは悪化する一方。

 

そんな時に、インターネットで色々調べていると

『レーザー治療』

を見つけて、危険が少ないとの事から受けてみたのが1年半ほど前。

 

レーザー治療を受けたにもかかわらず、ほとんど変化は無し。

 

この痛みと一生付き合わなければいけないのか・・・

そう思っている時に、息子さんから当院の事を聞いて来院されました。

 

当院に来院された時は、鎮痛剤を飲んでから寝ても、痛みで2時間も続けて寝ることが出来ない状態。

 

そこから治療を開始して1ヶ月が経過した頃

「先生 鎮痛剤をやめてみようと思うんですが。」

とご相談を受けました。

 

それから以降、鎮痛剤に頼らずとも睡眠もしっかり取れるようになり、日常生活でも支障がなくなるところまできています。

 

”痛み”や”シビレ”などの症状は、身体からの信号です。

鎮痛剤で痛みを抑えても、悪くなっている箇所が治っている訳ではないんです!

悪くなっている箇所があるから、”痛み”や”シビレ”などの症状を感じる・・・という事は、痛みを感じる動作や姿勢をする事で悪化するという信号。

それを考えると、痛みなどの信号を感じることが出来ない状態を作る鎮痛剤を服用する事で、知らず知らずの間に状態が悪化する可能性が高まってしまいます。

 

痛みを一時的に止めるのではなく、痛みなどを発症させている根本原因を明確にし、その根本原因から改善していかなければ意味がありませんよね。

 

ただし、鎮痛剤自体が悪いものと行っている訳ではありません。

手術後の痛みや、切り傷などの痛みなど時間と共に治っていく痛みに関しては鎮痛剤は必要な薬ですから。

 

今回のブログで書かせてもらった患者様は、根本原因から改善することが出来、笑顔が戻りました。

これほど嬉しいことはありません。

 

本日も1人でも多くの患者様が笑顔を取り戻せるよう一診入魂です!!!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

「えっ!?握力が2倍になってる!?!?」

 

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着10名様限定

 

 

 

 

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

ギックリ腰になってしまい、来院された患者様。

歩くのがやっとの状態で、奥様の肩を借りながらのご来院。

 

当院では、基本的にレントゲンを提携病院で撮影してもらい、お悩みの症状の根本原因を分析してから治療に入ります。

しかし、例外としてギックリ腰のように歩くのもやっと・・・

この様なケースのみ、とりあえず痛みを抑える応急処置的な治療を施します。

 

治療後は、

「スタスタ歩いてる!」

と奥様もビックリされる程の回復。

 

歩けるようになってから、根本原因を解明するために提携病院でレントゲンを撮ってもらいました。

 

その後、レントゲンをみてみると骨盤や腰椎辺りの歪みは当然確認されましたが、それ以上に気になるところがあったんです。

 

その気になるところ・・・

それは頚椎(首)!!

 

「骨盤よりも頚椎の歪みが酷いですが、過去に交通事故などに遭ったことはありますか?」

とお聞きすると

「そうなんです。若い頃にバイクのレースをしていて・・・

その時に、転倒して首を痛めてしまったことがあるんです。

元々50~60kgあった握力が、その事故以降20kg位しかないんです。」

 

この患者様は、建築関係の仕事をされていてガッシリした体型。

二の腕は丸太のように太いんです。

 

握力20kgといえば、女性くらいの握力。

この体型からは想像できない数字。

 

「握力は、右の方が弱いんじゃないですか?」

と質問してみると

「何でわかるんですか?

そうなんです。右手の方が弱いんです。」

と患者様。

 

なぜ右手の方が握力が弱いのかが分かったのかというと、それはレントゲンに映し出された頚椎の歪み方からなんです。

(ここの詳細は専門の人間しか分からないと思うので割愛します。)

 

「今からギックリ腰の根本原因に対しての治療を施していきますが、それと並行して頚椎の治療も施します。頚椎の治療を施すと、握力も改善すると思いますよ。」

といいながら治療開始!

 

治療前に握力を測ってもらうと、確かに両手ともに20kg前後。

 

その後、骨格矯正を施してから再度握力を測ってもらうと

「えっ!?倍になってる!?!?

確かに力が入りやすくなっているのが分かります!!」

 

治療後に握力を再度計測してみると、両手ともに

38kgを超えていました。

 

なぜ頚椎の矯正で握力が回復したのか?

それは、手を動かしている神経が頚椎から繋がっているからなんです。

事故の影響で頚椎が歪み、手に繋がる神経を圧迫していたんですね。

頚椎の歪みを矯正することで、神経の流れが良くなり握力も回復したというわけです。

 

こちらの患者様は、ギックリ腰も回復し元気にお仕事に行っておられます。

 

痛みなどの症状がきついと、どうしても表情が曇りがち。

患者様に笑顔が戻ってくれて何よりです。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の3大欲に含まれる睡眠。

この睡眠がちゃんととれない・・・これほど辛いものはないですよね。

 

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

 

 

毎月先着10名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

冒頭にある「眠れない」というのは、いわゆる不眠症と呼ばれるものではありません。

ここ数か月を振り返ってみると、

首の異常で睡眠がキチンととれない

という患者様が多数いらっしゃってます。

 

首や肩のコリが辛すぎて、ちゃんと眠れない・・・

首の痛みで目が覚めるんです・・・

寝返りを打つ度に首の痛みで起きてしまいます・・・

この様な訴えをされる患者様方の中には、病院で

頚椎(首)椎間板ヘルニア

と診断された方も。

 

 

痛みで目が覚める・・・これって、かなりのストレスですよね。

それ以上に、疲労回復の為に必須の【睡眠】がきちんと取れなければ、身体全体へ悪影響を及ぼすのを容易に想像できると思います。

 

この様なお悩みをお持ちの方々に、骨格矯正を施す事で

「いつも2~3時間位寝たら首の痛みで目が覚めていたのですが、朝までグッスリ眠れるようになりました!」

「朝起きる時は、いつも首の痛みで目が覚めていたのですが、骨格矯正を受けてから朝を気持ち良く迎えられるようになりました!」

「首の痛みが楽になって、最近では寝坊してしまう事も・・・(笑)」

などの声を患者様方から頂きます。

 

首の痛みで目が覚める・・睡眠がとれないという方々は、やはり首に歪みがある事がほとんどです。

骨格矯正では、当然この首の歪みに対してアプローチしていく訳ですが、歪みだけでなく関節の可動性に対してもアプローチしていきます。

 

首の骨(頚椎)は、7つあります。

この7つの頚椎の間には、関節があるわけです。

 

頚椎が歪むと、頭の重み(約6㌔)が関節に大きな負担になります。

すると、関節の可動域(動く角度)が狭くなってしまうんです。

分かり易くいうと、本来50°動かないといけない関節が、可動性を失って30°しか動かなくなってしまったりという事です。

 

関節の動ける範囲が狭くなると、寝返りを打った際などに可動域以上に動こうとしてしまった瞬間に激痛が走るわけです。

 

なので骨格矯正では、頚椎の歪みだけでなく関節の可動域を取り戻すようなアプローチも施すんです。

 

その結果、上記のように改善出来るんですね。

 

 

首の痛みが楽になった・・・こんなご報告は大変うれしいですが、眠れ過ぎて遅刻・・・これは、嬉しいような微妙なご報告(笑)

これから寒くなってくると、布団が気持ち良くなる季節です。

気持ち良い睡眠をとって、日々の疲労を溜めないようにしなければいけません!!

 

首の痛みでお悩みの方は、頚椎の歪みや可動性のチェックから始められることをお勧めします!

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回(11/28)のブログ

https://issin.biz/blog/archives/1756

の続きです。

 

この50代の患者様は

「やっぱり、ちゃんと診てもらって良かった!

僕は、基本的に整骨院とかカイロプラクティックを信用していないんですよね。

先生の所は、ちゃんとしてくれるって、なぜかピーンときたんですよ。」

と、おっしゃっていました。

 

なぜ、整骨院やカイロプラクティックを信用していなかったのか・・・

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

信用していなかった理由、

そして、なぜ当院の事は信用して頂けたのか・・・

その事が気になったので、お聞きしてみる事に。

 

「私は、学生時代から柔道をやっていて、現役引退後から数年前まで指導もしていました。

柔道をしていた人間って、柔道整復師(整骨院の資格)を取る人って多いですよね。

あとカイロプラクティックなどの治療家になる人間も多いですし。

そんな関係で、私の周りには整骨院やカイロプラクティックをしている人間も多いんです。

 

長年腰痛で悩んでいた私は、知り合いの治療院に何軒も行きました。

でも、どこに行っても改善した事がないんです。

 

身内だから分かる事ですが、プライベートなんかを見ていても全然勉強していない・・・

そりゃ改善出来る技術を身に付けられませんよね。

それでも商売上手な奴は、食べていけますから。

そんな内情を知ってしまってから、整骨院やカイロプラクティックを信用できなくなったんです。

 

なぜ、先生にお世話になろうと思ったか?

それは、レントゲンを提携病院で撮ってから治療に入る・・・

という事が1番の理由です。

 

いっしんさんの前は、車で良く通るんです。

それで、気になってホームページを探してみたら、レントゲンの事が書いてあって。

確かに先生のおっしゃる通り、レントゲンを撮らないと正確な歪みは分からないですよね!

自分の目でレントゲンを見て納得しました。

そら 長年腰の調子が悪い訳だ と。

 

それに、先生とお話ししてみて

この先生は、とても勉強してるな!

と分かったんです。

それで、ココは信用できる!と思ったんです。」

 

という事でした。

 

 

この患者様の周りにいらっしゃる方々のように、

柔道家出身の治療家=技術がない&勉強しない

という訳ではありませんよ。

 

私の知っている柔道家出身の先生で、勉強熱心で技術も高く、知識も豊富な先生はたくさんいらっしゃいます。

現に私の師匠も柔道7段で、治療所に柔道場を併設して指導もされていた方でしたから。

 

 

ここで思うことは、やはり

レントゲンの重要性

です。

 

どれだけ熟練した治療家でも、レントゲンを撮らずに体表から骨格の状態を100%把握することは不可能なんです。

 

という事は、骨格の状態を”推測”し、その”推測”を基に治療する訳ですから

とても危険な行為以外の何者でもないですよね。

 

治療を受けて悪化・・・

”推測”を基に治療を受けると、こんな事もあったりしますから。

 

なので、当院ではレントゲンを撮影してからでないと

骨格矯正を施しません。

 

限りなく”安全”に、

そして

限りなく”正確”に

治療を施すのが当院のモットーでもありますから。

 

何より、患者様に不利益になる事だけは絶対にしてはいけませんからね。

 

この辺りを、患者様が信用して下さったのだと思います。

 

本日も、上記のモットーをもとに

一診入魂で治療にあたらせて頂きます!!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

本日は前回のブログ

https://issin.biz/blog/archives/1667

の続き。

 

病院でストレートネック・頚椎症と診断され

首の痛みでお悩みの40代女性のお話です。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正を施す事5回・・・

お身体の状態を患者様にお聞きすると

「先生!首の痛みが,かなりなくなってきました!!

今までは、首が痛くてなかなか寝付けなかったんですけど

布団に入ったら一瞬で夢の世界(笑)

それに、朝まで首の痛みで目覚めることがなくなりました!!

朝までグッスリ寝れるようになったので、

身体全体の疲れ方が全然違います!!

先生 ありがとうございます。」

と、かなり順調に症状が軽くなっているよう。

 

頚椎(首)をメインに骨格矯正を施した結果、

上記の様に嬉しいお言葉を頂けるほどに回復。

 

こんなお言葉を頂ける時、

そして症状が緩和されてきた時に患者様が見せてくれる笑顔、

こんな時ほど、この仕事を選んで良かったと思う事はありません。

 

まだ、めまいという症状が残っているので

これも改善出来るよう一診入魂で

今後の治療にあたっていこうと思います!!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

ここ最近、ブログの更新頻度が落ち気味の

院長 宮島です。

頻繁にブログをチェックして下さっている方々・・・申し訳ございません。

 

さて、本日のブログは40代女性の患者様のお話です。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

この患者様は、当院のホームページをご覧になってご来院になりました。

 

どのような症状でお困りなのかをお聞きすると

「元々 首や肩は、常にこっている状態だったんです。

それこそ、学生時代から・・・

 

それが、1か月ちょっと前に目が覚めたら

首が回らなくなって・・・

最初は寝違いかな?と思ったので、2日ほどは我慢していたんです。

でも、痛みがマシにならないどころか

めまい吐き気までしてきたので整形外科に行ってみたんです。

レントゲンなどの検査をしてもらったら

ストレートネック”で”頚椎症”と

診断されました。

『とりあえず、痛み止めの薬と湿布を渡しておくね。

これは、一生治らないから上手に付き合っていってね』

と整形外科の先生に言われました。

一生治らない・・・

何か良い方法はないかな・・・

と思い、整骨院と鍼灸院に通ってみたのですが

一向に良くなる気配がなくて・・・

そんな時に、インターネットで色々調べていたら”いっしん”さんのホームページに辿り着いたんです。

この先生なら、何とかしてくれるんではないか・・・

そう思って、今日は1時間ぐらいかけて来てみたんです。

 

「少しでも楽になりたい・・・」と様々な努力をしてこられたようですが、

整形外科では治らないと匙を投げられ、整骨院や鍼灸院では効果の得られない施術をされ・・・

この方のように、前向きに治療に取り組もうと努力されている患者様には

私の治療家魂が燃え上がります!!

 

ご来院当日の症状をお聞きしてみると

・首が痛くて仕事に集中できない

・就寝しても首の痛みで目が覚め、寝ても疲れが取れない

・めまい

・吐き気

・頭痛

などの症状を感じておられました。

 

改善するためには、まずは根本原因を正確に把握することが必須です。

そこで、提携の病院でレントゲンを撮影してもらいました。

 

すると、確かに整形外科での診断通りストレートネックという歪みが存在していました。

 

 

ちなみにストレートネックとは

本来上の写真のように頸椎(首の骨)が、顔側にカーブしていなければいけません。

 

次にストレートネックの写真です。

上の写真と見比べてもらえれば一目瞭然ですが、

顔側に頸椎がカーブしていません。

(※ちなみに上の写真は、この患者様のものではありません。)

 

下の写真のように、頸椎の顔側へのカーブがなくなってしまうと

とっても重たい頭の重みが、頚椎や椎間板などにダイレクトにかかってしまい

痛みなどの症状が発症します。

 

 

という事は、頚椎のカーブを改善するような矯正を行えば良い訳です。

 

そこで、骨格矯正を施す事5回・・・・

 

続きは、次回のブログに書かせてもらいます。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

昨日の続きです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

レントゲンを提携病院で撮影してもらい

根本原因を分析した結果・・・

改善の余地充分にあり!!

 

整形外科では

「老化現象の1つで、完全に治るのは難しい」

と言われていたそうなので、

レントゲンの分析結果を伝えた時は

本当に嬉しそうでした。

 

「またバレーボールを目一杯やりたいんですが

そこまでは無理ですよね・・・」

そうなんです!

この方は70歳を過ぎてもバレーボールを楽しんでおられました。

しかし、1年近く前から首の痛みで思うようにバレーボールが出来ず・・・

 

「はい!またバレーボールを楽しんでもらえるくらいまで回復できますよ!」

そう伝えた時の、患者様の嬉しそうなお顔。

 

この期待に応えられるように全力で治療にあたらせて頂く事に。

 

1回目の骨格矯正の治療後に

「首の痛みが楽になっています。

右に向けなかったのが、治療前よりも回るようになりました!」

 

痛みが出てからの期間が長いのと、

頚椎の歪みが酷過ぎるのとで

完治までには時間がかかるのが正直なところ。

 

まだ1回目の治療が終わったところです。

出来るだけ早くバレーボールが出来る身体環境に持っていけるよう

そして、患者様から

「やっぱりバレーは楽しいです♪」

と心から言ってもらえるように

一診入魂の精神で治療にあたろうと思います!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

いきなりですが、首を左右に回して

同じくらい回りますか?

向き易い方・向きにくい方がある方は

頚椎が歪んでいる可能性が高いですよ!

 

今日は、この頚椎の歪みと関連した事で

お悩みの患者様のお話しを。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

当院にお越しの患者様から

「昔の私と同じように首の痛みで悩んでいる友達がいるから

いっしんの先生に診てもらい

と言ってるんですけどねぇ・・・」

と以前から聞いていたんです。

 

しかし、なかなか一歩が踏み出せない理由の1つに

自宅から当院までが遠い・・・

実は、この患者様もご友人の方も奈良県在住なんです。

 

確かに遠いです。

 

どうやら、鍼灸院でハリ治療をしてもらっていたそうですが効果なし・・・

整形外科では、痛み止めの薬と張り薬・そして注射を続けていたそうですが効果なし・・・

 

ここ最近は、特に首の痛みが強くなってきたそうで・・・

「遠いけど、首の痛みが辛すぎるから

 藁をもすがる想いで来ました 

と当院にいらっしゃいました。

 

最初に

触診や視診など色々な検査をしてみると

「これは、相当辛かっただろうな・・・。」

と分かるほど酷い状態でした。

 

「先生 治りますか?

 との問いに

「お力になれる可能性は高いです。

ただしレントゲンを撮って、科学的に根本原因を探し出さなければ

絶対に改善できるとは言い切れません。」

と正直にお答えしました。

 

レントゲンを撮らずして、骨格の歪みを正確に判断することはできません。

触診や視診などの検査だけでは”推測”をする事は出来ても

確実な答を導き出す事は出来ないからです。

 

という事で、提携病院にレントゲンを撮りにいって頂きました。

 

この続きは、時間の関係上 明日のブログに書かせてもらいますね♪

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「全然 痛くない・・・

こんな一瞬で良くなるんですね!」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日の続きです。

 

左首~左腕にかけての痛みは、

どこに根本原因があるのかを分析する為に

提携病院でレントゲンを撮影してきてもらいました。

 

その結果、

やはり頚椎の歪みに根本原因が見つかりました。

 

背骨と背骨の間からは神経が出ています。

頚椎から出ている神経は

腕~手の指先

まで繋がっているんですね。

 

頚椎が歪むと、神経孔(神経の出口)が狭くなり

腕に繋がる神経が圧迫されてしまいます。

 

その結果、この患者様のように

・上腕(二の腕)が痛む

・手の指先がシビレる

・首が動かしにくい

・腕や指先が動きにくい、力が入りにくい

などの症状が出てきます。

 

根本原因が分かれば、あとはそれを改善するだけ。

その前に、左腕の痛みが酷くなる動作を確認してみました。

 

「頭を後に倒してもらえませんか?」

とテストをしてみると

「い・いたっ。左腕の痛みが強くなります。」

 

やっぱり。

 

その後、骨格矯正の治療を施しました。

 

「もう一度 頭を後に倒してみて下さい。」

 

「痛くなるので嫌です。」

 

「一度 怖がらずに 後に倒してみて下さい。」

 

 

「分かりました・・・・あっ!

 

全然 痛くありません!!

えっ!?

こんな一瞬で痛くなくなるんですか?

す・すごいですね。」

 

と、喜んでお帰りになられました。

 

治療前は、症状が長引いていた不安と

当院に初めて来た緊張感とで

表情も硬かった印象がありました。

 

しかし、それらの不安が消えて

お帰りの際は笑顔に。

 

この患者様の笑顔ほど

「この仕事を選んで良かった!」

と思わせてくれる事はありません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「全然 痛くない・・・

こんな一瞬で良くなるんですね!」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日 不意に当院の玄関が開きました。

 

「あの~初めてなんですけど。

左腕が3週間前から痛くて・・・

玄関に予約制と書いてありますが

診てもらえますか?」

 

たまたま予約の合間で、私の手が空いていたので

「どうぞ どうぞ」

とお入り頂きました。

 

まずは、問診票を記入してもらい、

それを基に問診を。

 

(以下、患者様=か 院長(私)=い)

 

い「左腕が痛いということですが

いつからですか?」

 

か「3週間ほど前からです」

 

い「何をしていて痛くなりましたか?」

 

か「久しぶりに車の洗車を頑張ってしていたんです

その翌日から左の首~腕にかけて痛くて・・・

数日寝たら治るかな?と思っていたんですけど・・・

痛みも最初に比べると少し楽ですが

なかなか治らなくて来てみました。」

 

い「そうなんですね。

おそらく首に原因があると思います。

座っている姿勢を見ていると

首~左腕にかけて繋がる神経が圧迫

されてしまう頚椎の歪みがあるように見えます。

一度 全身の骨格配列の歪みをチェックしますので

こちらの専用ベッドに

寝てみて下さい。」

 

と、まずはレントゲンのない状態で

骨格の歪みが無いかをチェックする事に。

 

・・・・やはり。

頚椎の歪みがかなり酷い状態でした。

 

そこで、提携病院でレントゲンを撮影してもらう事になりました。

※当院では、骨格矯正の治療前に必ず提携病院でレントゲンを撮影して頂きます。

レントゲン撮影は、医療事故を防ぐために必須です。

触診や視診だけで骨格の歪みを判断するのは不可能です。

触診や視診だけでは”推測”で治療にあたる事になります。

”推測”で治療した結果、医療事故に繋がるのです。

 

レントゲンを診てみると・・やはり。

 

この続きは明日のブログに!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いっしん


大阪府豊中市蛍池東町にお住まいの方で 痛みや歪みなど心身のお悩みをお持ちの方はお気軽にお越しください。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930