ヘッダー

2016年 2月

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

骨盤矯正・頭痛治療の骨格矯正サロンいっしんです。

  

本日も『頭痛』に関してのお話です。

 

前回も書きましたが、

『片頭痛』や『緊張型頭痛』でお悩みの方は

「頭痛薬に頼りたくない!」

とお考えの方が多いのが実際のところ。

 

頭痛薬を手放す為には、

頭痛が起きる根本原因から解決しなければいけません。

 

 

『片頭痛』や『緊張型頭痛』の根本原因は、

ズバリ『頚椎(首)の歪み』

にある事がほとんどです。

 

頚椎が捻れたり傾いたりすると、

いわゆる“頭痛持ち”になってしまいます。

 

では、なぜ頚椎の歪みが頭痛を引き起こすのか?

それを、当院の見解を述べていきますね。

 

血液は、心臓から様々な血管を通って

全身に運ばれていきます。

脳を含めた頭部へ血液を運ぶのは、

椎骨動脈という血管の役割。

 

椎骨動脈は下図の赤い部分になります。

s-vert_la

 

少し見にくいかもしれませんが、

椎骨動脈は頚椎の横突孔内を通り

脳内に入ります。

 

頚椎が捻れたり傾いたりした時に、

椎骨動脈がどの様な状態かを考えてみて下さい。

 

頚椎が歪んでいる部分で、

椎骨動脈が圧迫されているのが想像できると思います。

 

次に、血管が圧迫されるとどうなるか?

血管が圧迫されると、血液の通り道が狭くなり、

脳への血流が悪くなってしまいます。

 

 

動脈を通る血液には、

人体が生命活動を維持する為に大切な

“酸素”が含まれています。

 

血流が悪くなれば、当然酸素の供給量も減りますよね?

これが、頭痛を引き起こすメカニズムだと考えています。

 

頚椎が歪む→

椎骨動脈が圧迫される→

脳内の酸素が不足する→

頭痛が起きる。

 

頚椎の歪みを矯正する事で、

椎骨動脈の圧迫が取れ頭痛から開放される

という訳です。

 

頭痛で辛い思いをされている方は

ぜひ一度 骨格の専門家に首の歪みを

診てもらって下さい。

 

そうする事で、常備していた頭痛薬を

手放す事が出来るかもしれません。

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

骨盤矯正・頭痛治療の骨格矯正サロンいっしんです。

  

本日は、頭痛に関するお話を。

 

「頭痛」という症状は、ほとんどの方が感じた事があるのではないでしょうか?

 

発熱した際や、中には二日酔いで…なんて方も。

 

今回の記事では、片頭痛と緊張型頭痛

という二種類の頭痛を取り上げようと思います。

 

なぜ、この二種類の頭痛を取り上げたか?

 

それは、当院にご来院の患者様でお悩みの方がとても多いからなんです。

 

去年来院された患者様で一番多かった症状が、

日本人の八割以上が死ぬまでに一度は

経験するといわれる「腰痛」。

 

この次に多かった症状が、「頭痛」でした。

 

頭痛でお悩みの患者様の八割以上が、

頭痛薬を常用しているとの事でした。

 

確かに辛いんですよね、片頭痛も緊張型頭痛も。

 

私も、最先端骨格矯正という治療システムに

出会うまで片頭痛で悩んでいたので、

その辛さがよく分かります。

 

頭痛薬を服用すれば、

ほとんどの場合 1時間以内に

あの苦痛から解放されますから。

 

 

その一方で、

「薬に頼っていると

何かしら身体に悪影響が出るのでは?」

と不安に思われている方が圧倒的に多いのも事実。

 

『頭痛薬に頼らない生活』

を手に入れる為のサポートは、

当院の骨格矯正が得意とするところ。

 

骨格矯正を施す事で、

これらの頭痛が改善するプロセスをお話しする前に、

片頭痛と緊張型頭痛について簡単に述べてみます。

 

まず、片頭痛について。

一般的には頭の片側(稀に両側)の脈拍と一致して痛みます。吐き気があったり、光や音に敏感になるケースもあります。

 

次に緊張型頭痛。

これは、頭や首・肩の筋肉が緊張し、

血流が悪くなり疲労物質が溜まり、

神経を刺激して起こります。

 

これらの頭痛は、男性に比べ女性の方が多く、

三倍以上だといわれています。

確かに、当院の患者様でも女性の方が

男性よりも頭痛を訴える方が圧倒的に多いです。

 

次回は、これらの頭痛に対して

どのように当院がアプローチし

頭痛薬を手放せる方が続出しているのか?

を書いていきますね!

 

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

骨盤矯正・頭痛治療の骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回までに「骨格が歪む原因」を2つお話ししてきました。

IMG_1541

 

残る2つは「関節が弱る」事が原因になると考えられています。

 

 

関節とは二つ以上の『骨』と、その間にある『軟骨』で形成されています。

(厳密にいうとその他にも関節を構成する組織はあります。)

 

ということは、関節を形成している『骨』か『軟骨』が弱ると歪み易くなるんです。

 

関節が弱くなる原因は、食生活と密接な関係にあります。

 

まず『骨』が弱る原因。

骨は、カルシウムでできています。

カルシウムを弱らすモノ・・それは『糖分』です。

甘いものを摂り過ぎると、骨が弱り易くなります。

 

これ以外に、ミネラル不足

その中でも特にマグネシウムの不足も当てはまります。

詳細は、また今度書こうと思いますが、

マグネシウムが不足しているとカルシウムを吸収する事が出来ません。

 

次に『軟骨』を弱らす原因ですが、

お肉(特に牛肉)や揚げ物・ジャンクフードに含まれる

『リン酸物質』が関係していると考えられています。

 

私の、今までの経験上、

特に幼少期の食生活が大きく関係しているようです。

 

特に最近は、ジャンクフードといわれるインスタント食品やファーストフード・スーパーなどの惣菜

の摂り過ぎで、骨や軟骨が弱っている若い子が増えています。

 

糖分やお肉にも、身体に必要な成分は含まれていますので、

絶対に摂取するな!

とは言いません。

 

しかし、必要以上に摂取する事で、

関節は弱ってしまい、

ちょっとした衝撃や不良姿勢(癖)などで骨格を歪めてしまいます。

 

良い姿勢・歪みの無い身体を手に入れる為には

日常の姿勢だけでなく

食生活を見直していく事も大切だと

いっしんは考えています。

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

骨盤矯正・頭痛治療の最先端骨格矯正サロンいっしんです。

レントゲン画像 009

前回に続き、本日も「骨格が歪む原因」について書いていこうと思います。

 

四うつある「歪む原因」の二つ目は

【人工的に作られた歪み】です。

 

人工的に作られた・・・とは、

簡単に説明すると腰や首を「ボキボキ」鳴らす行為の事です。

 

ご家族やご友人にもいらっしゃいませんか?

腰や首を無理矢理捻って「ボキボキ」鳴らしている方。

 

それからTVなんかで

整体やタイ式マッサージの先生が、

患者さんの腰や首を捻って「ボキボキ」鳴らす治療

を見た事ありませんか?

 

これらの行為で、人工的に骨格を歪めてしまうんです。

 

「ボキボキ」鳴った瞬間が気持ち良かったり、

一瞬“スキッ”とした感じがするので、

癖になっている方が多いんです。

 

ボキボキ鳴らす行為は、

骨格を歪めるだけでなく、

神経を傷つけてしまう事もあるんです!!

 

神経が傷つくとどうなるか・・・

それは、手や足にシビレを感じたり、

それより酷くなると【麻痺】してしまう事も・・・。

恐ろしい・・・。

 

もし、そんな癖があるなら、今すぐに止める努力をして下さい!

いや、努力じゃなく強制的に止めて下さい!

“いっしん”からのお願いです。

 

次回も『歪む原因』の続きになります。

 

豊中市蛍池から徒歩3分にある、産後の骨盤矯正・頭痛根本療法の骨格矯正サロンいっしんです。

本日のブログは、『骨格の歪む原因』について。

DVC00132

“歪み”を作る原因は、大きく分けると4つになります。

まず一つ目が『外傷』によるもの。

 例えば「交通事故」

 

事故の大小に関らず、『重たくて大きい頭』と『細長い首』の

アンバランスな関係から頚椎(首の骨)に歪みが作られます。

事故の衝撃で起こる頚椎の歪みが酷いと“ムチ打ち症”を引き起こします。

 

 他にも『転落』『転倒』『打撲』なども『外傷』に含まれます。

 

『外傷』で骨格が歪むのは、何らかの衝撃が骨格(関節)に掛かる為です。

 

 これら『外傷』による歪みは、

『自転車でコケた』

『階段から落ちた』

『尻もちをついた』

『押し入れで頭を打った』

なんかが日常生活で多いのではないでしょうか?

 

また、『スポーツ』をされている、されていた方は、

競技中に『転倒』したり、

関節に衝撃を受ける事で骨格配列に歪みを生じ易いです。

 

ちなみに歪み易いスポーツとして

『身体を捻る』ゴルフテニス・野球

『コンタクトの多いスポーツ』サッカー・ラグビー・バスケット格闘技

『転倒が多い』スノーボードサーフィンが挙げられます。

 

 “歪み”を作る四つの原因の一つ目の『外傷』についてはココまでです。

 

これ以外の三つの原因は、『人工的に作られた歪み』・『骨の弱体化』・『椎間板の弱体化』です。

 

次回は、これら三つの“歪む”原因について詳しく書いていこうと思います。

 

少し寒さも落ち着いていますが、インフルエンザが流行しだしたようなので

皆様お気を付け下さいね!!

 

 

いっしん


大阪府豊中市蛍池東町にお住まいの方で 痛みや歪みなど心身のお悩みをお持ちの方はお気軽にお越しください。
2016年2月
« 12月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29