ヘッダー

2017年 1月

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・頭痛治療専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回のブログでぎっくり腰の根本原因の1つが

骨盤・腰椎の歪みだと書きました。

 

そして、もう1つの原因が

『頚椎(首)の歪み』。

 

腰の症状の原因が、

なぜ首にあるのか?

 

これは、頚椎と自律神経の密接な関係からだと考えています。

 

自律神経とは、交感神経と副交感神経の2つに分類されます。

この2種の神経のバランス関係で人間の身体は機能しているんですね。

 

交感神経が優位な時は、活動(起きている)している時・緊張状態になります。

逆に副交感神経は、身体を休める働きがあるので、寝ている時・リラックスしているに優位になります。

 

胃という臓器で考えていきます。

胃のメインの働きは、皆さんがご存じのように

食べた物を消化する事。

 

交感神経が優位な状態だと

胃酸などの消化酵素を分泌し

胃を活発に動かして消化活動を行っています。

 

 

逆に副交感神経が優位な時は

胃を休めてあげようとするので

消化酵素の分泌を抑えます。

 

 

交感神経優位な状態ばかり続くと

身体が活発に動き過ぎて

休める事が出来ず

疲弊しきってしまいます。

 

また、副交感神経優位な状態ばかりでは

身体機能を正常に働かす事が出来なくなってしまいます。

 

 

骨格医学の観点では

頚椎が歪むと自律神経のバランスが崩れる

と考えられています。

 

頚椎が歪むと

多いのが

交感神経優位な状態が続いてしまうケース。

要するに神経が興奮状態という事ですね。

 

交感神経優位な状態から副交感神経優位な状態に

スムーズに移行できないとどうなるか?

 

睡眠が浅くなったり、酷くなると不眠症になってしまいます。

副交感神経優位にならない事で

身体が休息モードに入れなくなり

疲労の蓄積・ダメージの修復が出来なくなるんですね。

 

 

その結果、身体の許容量を超えた際に

ぎっくり腰や寝違いなどの

急性の痛みが出やすくなると考えられるんです。

 

 

以上が当院が考えるぎっくり腰の

大まかな根本原因2つになります。

 

 

骨格の歪みは、美容的な見た目だけでなく

心身に様々な悪影響を及ぼします。

 

ご自身で出来る事は、歪みを作る日常姿勢をしない!

これに限ります。

 

どうぞお気を付け下さいね!!

 

 

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・頭痛治療専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回のブログで

ドイツでは“魔女の一撃”と呼ばれるぎっくり腰が

年末年始に多いという事を書きました。

 

 

当院が考えるぎっくり腰の根本原因は大きく分けると

2つあります。

 

1つ目は、骨盤・腰椎の歪み

これは分かり易いですかね。

 

骨盤や腰椎の関節が歪み

その部分で炎症を起こした時に

ぎっくり腰が発症するんですね。

 

最も多いのが、仙腸関節という

骨盤の関節がズレた時。

spine-01

 

仙腸関節は、骨盤を構成する仙骨と腸骨が

重なり合っている部分をいいます。

 

この重なっている関節が何らかの影響で

グラグラになってしまう事があるんですね。

 

そんな時にくしゃみや咳などの振動が引き金となり

仙腸関節部分で炎症を引き起こしてしまう事も。

 

DVC00132

また、上の写真のように

骨盤に大きな歪みがあるまま生活をしていると・・・

ある部分に偏った負荷が掛かり続けています。

 

偏った負荷が掛かり続けている部分の

許容量を超えた時に炎症を起こし

立っているのが辛い程の痛みが出てきます。

 

 

以上が骨盤・腰椎に根本原因がある

ぎっくり腰です。

 

 

では、次回はもう1つの根本原因について書いていきますね。

 

その原因は『頚椎(首)の歪み』なんです。

頚椎が原因で腰の症状が出る・・・!?

その詳細を次回に。

 

 

 

 

蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

さて、本日はぎっくり腰について。

 

ぎっくり腰とは

急に起きた腰痛の俗称です。

 

ある地方では

びっくり腰

なんて呼び方もあるみたいです。

 

ドイツ語では

「Hexenschuss」(ヘキセンシュス)

直訳すると”魔女の一撃”

と呼ばれています。

20100106_952995

それほど辛いぎっくり腰、

私も10代の頃に経験があります。

 

ぎっくり腰になった患者様に聞くと

重い物を持ち上げた時

下に落ちた物を拾おうとした時

くしゃみをした時

等がきっかけとして多いです。

 

くしゃみでぎっくり腰になるの?

なんて声が聞こえてきそうですが、

確かにこれがきっかけになる方も多いのが実際の所。

 

 

しかし、当院の考え方としては

上記のようなきっかけは

ぎっくり腰の原因ではないと考えています。

 

ギックリ腰がこの時期 

年末年始に多いのはある理由が考えられます。

 

この理由については

次回のブログに書いていきますね!

 

万が一 ぎっくり腰になってしまった際の注意点を1つ。

 

絶対にお風呂やカイロで温めないでください!!

温めると悪化してしまう可能性大!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます!

昨年もお世話になりました。

たくさんのご縁に感謝すると共に

皆様の2017年が素晴らしい1年になるよう

心よりお祈り申し上げます。

 

 

さて、当院の2017年の診療は

1月4日(水)9:30~スタートです。

 

 

今年も様々な医療機関で良くならなかった方々が

正常な骨格配列と

快適な身体環境を取り戻し

笑顔で毎日を送れるよう

私達宮島兄弟は

一診入魂の精神で全力サポートさせて頂きます!!

dsc_0784

本年もどうぞ宜しくお願い致します!!

 

 

 

 

いっしん


大阪府豊中市蛍池東町にお住まいの方で 痛みや歪みなど心身のお悩みをお持ちの方はお気軽にお越しください。
2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031