ヘッダー

2017年 8月

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回『股関節の痛みの原因』について書きました。

今回は、『股関節の痛みの症状の出方』について書いていきますね。

 

股関節の痛み

特に変形性股関節症で多い症状は

●立ち上がりや歩き始めに脚の付け根(股関節)に痛みを感じる

●和式トイレで座りこめない

●正座が出来ない

●靴下をはく姿勢がしにくい

●脚の爪を切る姿勢がしにくい

●歩いている時に股関節が痛む

●長時間立っていると股関節が辛い

●寝ている時に股関節が疼く

などの症状が代表的です。

 

上記のような症状を感じた際に

最も重要なのが

股関節に変形はないか?

股関節の軟骨が減っていないか?

臼蓋形成不全はないか?

をレントゲンなどの画像検査から判断していく事です。

 

なぜかというと、

股関節の変形・軟骨の減少などがある場合と

それらが無い場合では治療方針が変わってくるからです。

 

また、上記のような症状が出てきた際に

親御さんなどに聞いておいてほしい事が1つ。

 

それは

「先天性股関節脱臼はなかったか?」

という質問。

 

先天性股関節脱臼とは

赤ちゃんの頃に股関節が脱臼してしまう疾患です。

 

これがあると、変形性股関節脱臼などに

なる可能性が高くなってしまいます。

 

 

以上が股関節痛の症状の出方と

気を付けて欲しい注意点でした。

 

次回は、股関節痛を骨格矯正の視点から考える

を書いていきますね。

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)

06-6856-3087

 

 

 

 

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は『股関節の痛み』について書いていこうと思います。

 

まず股関節とは、どこか?

股関節は脚の付け根にある関節です。

骨盤のくぼみ(寛骨臼)に大腿骨の上端(大腿骨頭)がはまり込むような関節になっています。

 

股関節は、球関節と呼ばれる関節の形状になっており、

この球関節は股関節と肩関節の2か所のみ。

 

球関節は、形状的に可動域が大きい関節で前後左右、回旋など自在に動けるのが特徴です。

 

股関節に痛みが出てくる場合、大きく分けると

1:骨や軟骨など関節自体の痛み

2:股関節周囲の筋肉の痛み

3:腰椎椎間板ヘルニアなどの腰部疾患による痛み

の3つが考えられます。

 

3つ目の腰部疾患に関する股関節痛は、

又の機会に書かせてもらいますので

今回は割愛させて頂きます。

 

まず1の関節自体の痛み。

これには、臼蓋形成不全と変形性股関節症の2つが有名です。

これが悪化し酷くなってくると

『人工関節』に変える手術の対象になってしまう事も。

この関節の痛みは、男性よりも圧倒的に女性に多いんですね。

これは、男性と女性の骨盤の形状が違う事に影響していると考えられています。

ちなみに男性の骨盤と女性の骨盤の形状が違うのは

女性には妊娠しお腹の中に赤ちゃんを宿せるように。

その為に男性よりも幅広の形をしているんですね。

 

次に2の筋肉の痛み。

これは、股関節に付着する筋肉が

何らかの原因で負荷が大きくなり

過緊張から炎症を起こし痛みを感じます。

 

次回は、これら股関節の痛みの症状の出方について書いていきますね!

 

 

骨格矯正サロンいっしん(整骨院いっしん併設)

06-6856-3087

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

本日は「産後の骨盤ベルトと出血」

に関するお話を。

 

 

当院には、産後の骨盤矯正を受けに来られる方も多いのですが

そんな方々から

「産後に骨盤ベルトを巻いていると出血する時があるんです。

こんな時は、ベルトを巻かない方が良いのでしょうか?」

というご質問を時々いただきます。

 

まず最初に答えは

「基本的にNO」

です。

 

当院に来院されている産婦人科のドクターにも確認しました。

 

その理由としては、

出産時の出血は想像以上のもの。

 

出産時にこれらの血が体外に全て出てくれれば良いのですが

どうしてもお腹の中に残ってしまうんですね。

 

 

お腹の中に残った血には、様々な雑菌などがあります。

なので、出来るだけ早く残った血を体外に出してしまいたいんです。

 

その為、骨盤ベルトなどでお腹を圧迫し

少しでも早く

残った血を体外に出してしまう方が良いんですね。

 

産後の骨盤ベルトは、体型的・腰痛予防以外にも

この様な役割があるんです。

 

ただし、

あまりにも出血量が多い

出血が長引く

場合は、すぐに婦人科で診てもらって下さいね!

 

万が一 他の異常があれば早期に対応するに越した事はないので!!

 

 

ちなみに産後の骨盤矯正を受けるタイミングでベストなのは

産後1~2ヶ月です。

その理由は、またの機会に書いていきますね!!

 

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

 

 

 

 

 

8月13日~15日まで休診とさせて頂き、

16.17日は午後からの診療となります。

ご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

 

8月13日(日)   休診

8月14日(月)   休診

8月15日(火)   休診

8月16日(水)  15:00~20:00

8月17日(木)  15:00~20:00

8月18日(金)   通常通り

 

休診中も転送サービスを利用し電話は繋がるようにしております。

ご予約・ご相談があればお気軽にお問い合わせ下さい!

0668563087

また、『症状が悪化した!』・『急に腰を痛めた!』など

体調の変化がありましたら、すぐにお電話下さい!!

出来うる限り最良の対応をさせて頂きますので。

 

 

 

 

いっしん


大阪府豊中市蛍池東町にお住まいの方で 痛みや歪みなど心身のお悩みをお持ちの方はお気軽にお越しください。
2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031