ヘッダー

椎間板ヘルニアの記事

豊中市 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

前回のブログでは

『ストレートネックじゃなくストレートランバー!?』について

書いてきました。

 

頚椎同様 腰椎も側面からみると

前方にカーブしている配列が正常です。

 

この前方へのカーブがなくなり

真っ直ぐになっている状態を

ストレートランバーと呼びます。

 

本日は、ストレートランバーという歪みを患ってしまった際の

リスクを書いていきますね。

 

ストレートランバーになってしまうと

腰への負担が大きくなってしまい

腰痛や椎間板ヘルニアを患うリスクが高まります。

 

腰椎が前方にカーブしている事で

腰への負担を逃がす事が出来るのですが

ストレートランバーになってしまう事で

上半身の負担を逃がす事が出来なくなってしまうんですね。

 

この為、椎間板への負荷が大きくなると

椎間板が飛び出て“腰椎椎間板ヘルニア”を患うリスクが高まります。

 

 

また、腰にかかる負担を逃がす事が出来なくなると

腰の筋肉が頑張らなければ

上半身を支える事が出来なくなってしまいます。

 

頑張り過ぎた腰の筋肉は、柔軟性を失い

硬くなってしまうんです。

これが、腰の重さ(鈍痛)や痛みの原因になってきます。

 

また、ストレートランバー=骨盤の後傾

となります。

骨盤が後傾していると膝への負担も大きくなってきます。

この為、膝痛の根本原因になってしまう事も・・・

 

これら以外にもストレートランバーを患った際のリスクは

色々と考えられますが、

代表的なものを書いておきました。

 

当院では、ストレートランバーによる

腰痛・椎間板ヘルニア・膝痛の治療を行っています。

 

早期回復の為には早期治療が最も大切です。

現在、ご相談は無料でさせて頂いております!

お悩みの方は、当院にすぐご相談下さい。

 

骨格矯正サロンいっしん

06-6856-3087

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

 

前回のブログでは、坐骨神経痛の症状が出てくる疾患の1つとして

腰椎椎間板ヘルニア

に関する事をかきました。

 

 

本日は、腰椎分離症・すべり症に関するお話を。

 

まず腰椎分離症について。

 

脊椎と脊椎を繋ぐ為に椎弓と呼ばれる部分があります。

この椎弓部分に亀裂が入って骨折している状態を

分離症と呼びます。

 

分離症にはには、先天性のものとものと後天性のものがあります。

後天性の場合は、成長期に激しいスポーツをしていた人に多く発症すると考えられています。

 

 

次にすべり症。

 

腰椎すべり症は、↓写真のような状態です。

DSC_0945これは、腰を側面から見たものになります。

右側がお腹側。

左側が背中側。

 

4という数字が書かれた腰椎が

前方に滑っているのが分かりますか?

 

この状態が、すべり症と呼ばれる状態です。

 

 

この分離症とすべり症は併発するケースも多いんです。

 

これらの状態になると、腰から脚に繋がる神経が圧迫され

辛い痛みを引き起こす原因になりますなります。

 

 

当院にも分離症や分離症やスベリ症でお悩みの方がお悩みの方がたくさん来院されています。

病院や整骨院などで治療を受けても良くならない・・・

そんな場合は、当院にご相談下さい!

 

上記のような方々が、快適な身体環境と笑顔を取り戻しています。

 

0120-140-886

までお気軽にお電話下さいね!

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック専門治療・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです.

 

ここ最近

坐骨神経痛

を訴える患者さんが急増しています。

 

坐骨神経痛

”ざこつしんけいつう”

と読むのですが

聞いた事はありますか?

 

この坐骨神経痛は病名ではなく

症状を表すもの。

 

何らかの疾患(原因)があって

坐骨神経という神経に痛みやシビレなどを感じる状態を

坐骨神経痛と呼びます。

 

症状としては

「腰や臀部(お尻)が痛む」

「足が重たく動かしにくい、棒のように感じる」

「臀部から脚にシビレを感じる」

が代表的です。

中には、排便や排尿障害が出る事もあります。

 

片側に出る事が多いですが

両足に出る事もあります。。

 

では、これらの症状が出てくる坐骨神経痛は

どのような疾患(原因)が引き起こすのでしょう?

 

 

次回は、その辺りについて書いていきますね!

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

 

前回のブログで

椎間板ヘルニアと病院で診断され

右臀部(お尻)~脚にかけての痛みやシビレを主訴とした患者様が

初回の施術後に

「ヘルニアの症状も楽になっているのですが・・・

先生に言い忘れていたのですが

右手のバネ指まですごい楽になっているんです!

手なんて一切触られていないのに・・・

なぜなんですか?

ビックリしています!!」

とご報告頂いたと書きました。

 

 

 

なぜヘルニアにより脚の痛みだけでなく

バネ指という手の症状まで楽になったのか・・・

 

 

その理由は、当院は

患部だけでなく全身のバランスを重視し

根本原因である全身の骨格の歪みを矯正していくからなんです。

 

この患者様は、もちろん腰や骨盤にも歪みがありました。

 

しかし、様々な検査から頚椎(首)にも歪みがある事が判明したんです。

 

そこで、頚椎の矯正を行った事が

バネ指の改善にも繋がったんですね。

 

でも、ここで首を触って

なぜ手の痛みが取れるの?

と思われると思いますが、

これは骨格と神経の関係にあります。

 

神経は脊椎の間から出ています。

手に繋がる神経は、頚椎から出ていくんですね。

頚椎の歪みから手に繋がる神経の流れが悪くなっており

バネ指が発症していたんです。

 

その為、頚椎の歪みが矯正された事で

バネ指も楽になったのだと考えられるんです!!

 

 

患部だけでなく、全身を診る!

これを当院の治療方針の根っこにしています。

 

患者様が喜んでくれたことが何より嬉しい事実。

病院などの医療機関で良くならなかった人を

これからも1人でも多く笑顔に出来るように

日々精進です!!!

 

 

 

 

 

豊中市蛍池 蛍池駅から徒歩3分にある

ストレートネック・骨盤矯正専門の

骨格矯正サロンいっしんです。

 

先日 病院で腰の椎間板ヘルニアと診断され

治療に通うもあまり変化なし。

 

訴えておられた症状は

右臀部(お尻)~大腿部(太もも)の痛みとシビレ。

 

この症状に関しての根本原因は

骨盤の歪みにありました。

 

そこで、骨盤も含めた骨格の歪みを矯正。

 

初回の施術が終わり

2回目のご来院時に

「その後 経過はいかがですか?」

と問診をすると

「ヘルニアの症状も楽になっているのですが・・・

先生に言い忘れていたのですが

右手のバネ指まですごい楽になっているんです!

手なんて一切触られていないのに・・・

なぜなんですか?

ビックリしています!!」

 

 

という報告を頂きました。

 

 

バネ指とは、手の指を開こうとしても引っかかって

伸びにくくなってしまう状態をいいます。

バネ指の詳細を知りたい方は

ググってみて下さい。

色々なサイトで絵も使って詳しく説明されていますので。

 

 

なので、バネ指の詳細は他サイトをご参照いただき

患者様が不思議がられていた患部である手や腕は一切触っていないのに

なぜバネ指の症状まで改善されたのか?

 

患者様からすると不思議でも

私からすると特別不思議な事でもないんです。

 

その理由は・・・

次回に!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の3大欲に含まれる睡眠。

この睡眠がちゃんととれない・・・これほど辛いものはないですよね。

 

(下に続きます)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

 

 

毎月先着10名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

子供骨格矯正の詳細は

↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/1330

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

冒頭にある「眠れない」というのは、いわゆる不眠症と呼ばれるものではありません。

ここ数か月を振り返ってみると、

首の異常で睡眠がキチンととれない

という患者様が多数いらっしゃってます。

 

首や肩のコリが辛すぎて、ちゃんと眠れない・・・

首の痛みで目が覚めるんです・・・

寝返りを打つ度に首の痛みで起きてしまいます・・・

この様な訴えをされる患者様方の中には、病院で

頚椎(首)椎間板ヘルニア

と診断された方も。

 

 

痛みで目が覚める・・・これって、かなりのストレスですよね。

それ以上に、疲労回復の為に必須の【睡眠】がきちんと取れなければ、身体全体へ悪影響を及ぼすのを容易に想像できると思います。

 

この様なお悩みをお持ちの方々に、骨格矯正を施す事で

「いつも2~3時間位寝たら首の痛みで目が覚めていたのですが、朝までグッスリ眠れるようになりました!」

「朝起きる時は、いつも首の痛みで目が覚めていたのですが、骨格矯正を受けてから朝を気持ち良く迎えられるようになりました!」

「首の痛みが楽になって、最近では寝坊してしまう事も・・・(笑)」

などの声を患者様方から頂きます。

 

首の痛みで目が覚める・・睡眠がとれないという方々は、やはり首に歪みがある事がほとんどです。

骨格矯正では、当然この首の歪みに対してアプローチしていく訳ですが、歪みだけでなく関節の可動性に対してもアプローチしていきます。

 

首の骨(頚椎)は、7つあります。

この7つの頚椎の間には、関節があるわけです。

 

頚椎が歪むと、頭の重み(約6㌔)が関節に大きな負担になります。

すると、関節の可動域(動く角度)が狭くなってしまうんです。

分かり易くいうと、本来50°動かないといけない関節が、可動性を失って30°しか動かなくなってしまったりという事です。

 

関節の動ける範囲が狭くなると、寝返りを打った際などに可動域以上に動こうとしてしまった瞬間に激痛が走るわけです。

 

なので骨格矯正では、頚椎の歪みだけでなく関節の可動域を取り戻すようなアプローチも施すんです。

 

その結果、上記のように改善出来るんですね。

 

 

首の痛みが楽になった・・・こんなご報告は大変うれしいですが、眠れ過ぎて遅刻・・・これは、嬉しいような微妙なご報告(笑)

これから寒くなってくると、布団が気持ち良くなる季節です。

気持ち良い睡眠をとって、日々の疲労を溜めないようにしなければいけません!!

 

首の痛みでお悩みの方は、頚椎の歪みや可動性のチェックから始められることをお勧めします!

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

【診療時間】

月・水・木・金: 9時30分~20時 (13時~15時は休憩)

                                土・日: 9時30分~15時

【休診日】

火曜日・祝日

お問い合わせは、こちらからhttps://www.issin.biz/contact.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「2カ月以上痛みで首が回らなかったのが治りました♪」

 

豊中市 山田瑞枝様 (30代女性)

P1010092

拡大は↑click

 

 

1年前…朝起きると首がいたくてまわらない状態!!

23日してもなおらないので、病院へ行き、レントゲンをとってもらうと、ヘルニアと診断されました。

生まれつき首の骨がくっついている所があり、人より骨の数が少ない事が判明!!33才にしてはじめて知りました。その後CTをとり、脳に異状がないか検査し、その結果病院の先生は「脳には異常ないので、痛みがなおるまで薬のんで下さい。」と……

そんな薬だけでなおるんかい!!と思っている時、いっしんさんを知り、とりあえず行ってみる事にしました。

2か月以上も首がまわらない生活をしていたので、宮島先生に「お願いです!!何とかして下さい。」となきつきましたよね()

2回、矯正、鍼治療をしてもらうと、少しずつ首が回るようになり、すっかり痛みがなくなるまで回復する事ができました。

本当に感謝しています。

私はエステティシャンという職業がら、疲労がたまると、首腰に痛みが出てくるので、定期的にメンテナンスしなければいけません。これからもいっしんさんとは長い付きあいになると思いますが、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません

 


今朝は、とっても良い天気でしたね。

久しぶりに朝のジョギングをしましたが

気持ち良く走れました!

 

話は変わりまして

今日は、椎間板ヘルニアに関するお話を。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今最先端骨格矯正 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★子供骨格矯正★

初回¥0キャンペーン開催中!★

毎月先着40名様限定

詳細は↓をclick

https://issin.biz/blog/archives/579

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

少し前から来院されている50代女性の患者様。

 

ご来院の動機は

20年前に椎間板ヘルニアの手術をしました。

その当時は、左足の痛みで歩く事も出来ず・・・

手術を止む終えず受けました。

手術後は、歩く事は出来るようになったのですが

左足のシビレが残っていました。

手術をしてくれた先生に左足のシビレに関して聞いてみると

「シビレは一生付き合っていかないといけないかも・・・」

と言われてしまったんです。

シビレがあるのは嫌ですが、

歩けるようになったので良しとしなければいけない

そう自分に言い聞かせました。

手術後しばらくすると

左足の膝から下の痛みが出てきました。

疲れが溜まると膝から上も痛くなる事もあります。

手術前の痛みに比べると軽いのですが・・・

手術は出来るだけ避けたいので

整骨院・鍼灸院・整体院・カイロなど

たくさんの治療院に通ったのですが・・・

治療効果を感じる事があまり出来ませんでした。

いっしんさんでは、レントゲンを撮影して

身体の歪みの分析をしてくれると聞きました。

最近 自分でも以前より身体が歪んでいる様に思います。

なので、一度レントゲンを撮って

ちゃんと診てもらいたくて来ました。

という事でした。

 

確かにレントゲンを撮らずとも

歪みがあるのが分かるほどバランスの悪い状態。

 

この歪みが、何から来ているのか?

それを分析する為に提携病院でレントゲンを撮影してもらう事に。

 

明後日のブログでは、

椎間板ヘルニアとは何ぞや?

というお話と共に

この患者様のお話しを書いていこうと思います。♪

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 



 

 

昨日の続きです。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 2回目の治療から数日後に

3日間連続でレッスンがあったそうです。

 

レッスン1日目・2日目は、特に痛みも再発せず

調子良くレッスンに励めたそうです。

 

レッスン3日目。

この日は、レッスンの時間も1番長かったそうで、

4時間ほとんど休憩なし。

 

レッスン終盤に

右臀部(お尻)と右のスネ

の痛みが再発。

 

当然 足も上がらなくなり

出来る範囲でレッスンは何とか最後まで続けたそうですが・・・

 

3日目のレッスン翌日に

これらの経過を聞きました。

 

1回目の治療後に痛みなどの症状がなくなっても、

患部の状態が完治した訳ではありません。

 

完治するまでレッスン中止を勧告するのも1つの方法だと思いますが、

私は患者様の意見を尊重するようにしています。

もちろん、絶対に中止しなければいけない状態であれば、

何が何でも止めますが。

 

その後、治療後は症状が無くなり、

レッスンで再発し

を5回目位の治療まで続きました。

 

現在10回目の治療が終わったところですが、

6回目の治療以降は臀部の痛みもスネのシビレ・痛みも再発していません。

もちろん この間もレッスンは続けておられます。

 

「最近は、痛みなど気にせずにレッスンが出来て

本当に嬉しいです♪」

 

と喜んで頂いています。

 

この患者様が

「私と同じような症状を持っている人

同じスクールでも、とっても多いですよ。

でも、

こんなの当たり前

ってほったらかしにしている人が多いです。」

そんな事をおっしゃていました。

 

確かにクラシックバレエやダンス等をされている方は

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などを患うケースが非常に多いです。

 

放っておけばおくほど、改善する事が難しくなります。

 

もし、同じような症状で

満足にバレエやダンスが出来ていない方は

すぐに専門の治療院で診てもらって下さいね。

 

最悪 手術しなければ治らない・・・

そんなレベルまで悪化したら大変ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 昨日の続きです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

同僚達が、椎間板ヘルニアや股関節の痛み、ギックリ腰などで仕事が出来なくなっている中

「自分は大丈夫か?

仕事が出来なくなってからでは遅いから

事前に診てもらいたい。」

と相談してきた友人。

 

予防する為には、まず身体環境の現状を確認する事が何よりも先決。

という事で、提携病院にてレントゲン撮影を依頼。

 

ここまでが、昨日の内容でしたね。

 

まずは、彼が最も心配している椎間板ヘルニアのリスクをレントゲンで確認。

椎間板ヘルニアを細部まで診ようとすると、MRIが必要ですが、レントゲンでもある程度は分かります。

椎間板ヘルニアとは、椎間板が飛び出して神経を圧迫してしまう病気です。

椎間板が飛び出してしまう場合、椎間板が変性し薄くなっています。

彼のレントゲンを診てみると、椎間板は厚みもしっかりしていました。

今すぐ椎間板ヘルニアになる可能性は0に近いと判断。

この話をして友人は

「良かった~ ホッ」。

 

しかし、腰に関しては心配な部分が2点。

腰椎は本来横からみると、お腹側にカーブしていなければいけません。

彼の腰椎は、お腹側へのカーブが緩くなり、直線に近い状態に。

 

そして、もう1点。

正面からみた際に、腰椎が”くの字”に歪んでいました

 

横側からみた腰椎カーブの減少・・・

腰椎がお腹側にカーブしているのは、上半身の重みが腰椎や椎間板などに負担が掛かりにくくなる為。

このまま放っておくと、腰(椎間板も含む)への負担が大きくなり、腰痛や椎間板ヘルニアのリスクが高まります。

 

正面からの歪みは、左右でのバランスが崩れてしまうだけでなく、

神経を圧迫してしまう可能性も考えられます。

 

これらのリスクを話していると

「結構やばいやん・・・

治してくれるんかな?」

と不安げに尋ねる友人。

 

「ちゃんと治療に通えたら治してあげるよ!」

と私。

 

「じゃあ、頑張って時間作るからヨロシク!」

と、建築関係の仕事が続けられる身体環境作りの治療が始まりました。

 

現在 特に欧米では、「病気を 予防 する」という感覚が浸透してきています。

日本では、まだまだこの様な観点でご自身の健康を考えている方は少ないようです。

当院が出来る事は、痛みやシビレなど身心のお悩みの根本原因である

”骨格の歪み”を改善する事です。

 

彼の様に

「これから先、○○が出来なくなったら困る」

と、現在は酷い症状がなくても

健康で好きな事・しなければいけない事などが出来るよう

予防的見地で来院される方も増えてきました。

 

もし、ご自身の身体環境が心配でしたら

現在HP上で行っている

初回無料キャンペーン

https://www.issin.biz/campaign.html

をご利用頂き、ご自身の骨格配列を確認される事をお勧めします。

 

何をするにも身体が資本ですからね。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

先日 友人から電話がありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★只今 初回無料キャンペーン開催中!★

詳細は↓をclick

https://www.issin.biz/campaign.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

電話の主は、建築関係の仕事をしています。

そんな友人からの電話内容は

「実は、最近 仕事の同僚達が

”ヘルニアになって立たれへん”

とか

”股関節を痛めて仕事が出来ない”

なんて話を良く聞くねん。

俺も、まだまだこの仕事頑張りたいし・・・

そんな状態になるの嫌やから、

1回診てくれへん?」

という相談でした。

 

どんなお仕事でもそうですが、身体が資本。

特に建築関係は、重たい物を持ったり、身体に負荷のかかる姿勢で仕事をせざるを得ない事も多々あります。

確かに、お仕事上 様々な部位を痛めやすいのが正直なところ。

 

現在の症状は、疲れが溜まると腰が重たくなる。

それ以外は、特にないそうです。

 

身体環境の現状を把握して、予防できるならしていきたい

とっても良い考え方だと思います。

 

いわゆる予防医学ってヤツですね。

 

そこで、まずは現状を知る為に

提携病院への紹介状を渡して、

レントゲンを撮影してきてもらいました。

 

 

そのレントゲンから分かった事は・・・・

明日に続きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前のブログは

https://ameblo.jp/mcoissin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

骨格矯正サロンいっしん

℡:0120-140-886

豊中市蛍池東町3-5-3-1F

HP:https://www.issin.biz/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いっしん


大阪府豊中市蛍池東町にお住まいの方で 痛みや歪みなど心身のお悩みをお持ちの方はお気軽にお越しください。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930