坐骨神経痛の治療 | 大阪府豊中市蛍池東町 最先端骨格矯正サロン いっしん

H O M E 患者様の声 最先端骨格矯正 当 院 紹 介 スタッフ紹介

頭   痛
腰   痛
ぎっくり腰
椎間板ヘルニア
膝   痛
股関節痛治療
肩こり・手のシビレ
猫背・姿勢矯正
坐骨神経痛(脚のシビレ)
メニエール・めまい・耳鳴り
冷え性
寝違い
産後骨盤矯正
美脚矯正
足のむくみ・だるさ


交 通 事 故 治 療
むち打ち治療
自動車事故
バイク事故
自転車事故
人身事故
自損事故
物損事故
自賠責


料金・治療の流れ
アクセスマップ
お問い合わせ・ご相談





大きな地図で見る

交通事故提携法律事務所

■坐骨神経痛



坐骨(ざこつ)神経痛は、「病名」ではなく「症状」の表現です。
普段の生活の中でも、比較的よく耳にするものではないでしょうか?

この坐骨神経痛は、とても痛く苦しいもので、当院にも坐骨神経痛でお悩みの方が多くご来院されます。坐骨神経痛について最先端骨格矯正からの視点で記していきます。

■坐骨神経痛とは?
坐骨神経痛は、腰椎4番目・5番目の神経と仙骨の前面から出て、大腿(太もも)後面中央を下行、膝の裏〜下肢〜足裏に走行する、人体の中で最も大きい神経です。(右下図参照)

坐骨神経痛とは、簡単に説明するとこの「坐骨神経」が何らかの原因で圧迫され感じる神経痛です。
■最先端骨格矯正による坐骨神経痛へのアプローチ

 (1) 関節に対してのアプローチ
坐骨神経は、腰椎と腰椎の間から出ています。最先端骨格矯正では、レントゲン分析を基に坐骨神経が圧迫されている部分を徹底的に探し出します。骨盤や腰椎が歪む事で、坐骨神経が圧迫されるケースが非常に多いです。これに対して最先端骨格矯正を施すことで、坐骨神経への圧迫が無くなり痛みやシビレの改善が期待できます。

 (2) 筋肉に対してのアプローチ
坐骨神経痛を引き起こす疾患の一つに「梨状筋症候群」があります。梨状筋とは、骨盤部に付着する筋肉です。この梨状筋が、何らかの原因で柔軟性を失い硬くなると坐骨神経が圧迫されてしまいます。一般的に梨状筋症候群の原因は、「打撲などの外傷」か「スポーツなどでのオーバーユース(使い過ぎ)」であるとされています。これら2つの原因でも、「オーバーユース」の割合が高いのが実情です。しかし、オーバーユースが原因で梨状筋が硬くなるにもかかわらず、痛みやシビレが出るのは片脚であることが殆どです。では、なぜ片脚にのみ坐骨神経痛が出現するのでしょうか?これを最先端骨格矯正の視点で考察すると、左右のバランスが崩れ荷重のかかり方が均等でなくなるからだと考えています。

左右の荷重バランスが崩れる原因の多くが、骨盤の歪みが原因で左右の脚の長さが変わってしまう事です。最先端骨格矯正を施すことで、骨盤の歪みを矯正し、左右の荷重バランスを均等にすることで梨状筋症候群による坐骨神経痛の緩和が期待できます。

▲ページの先頭へ
CASE1.



腰椎椎間板ヘルニアと右手のシビレ  42歳女性(当時)
半年前から左臀部(お尻)から左足親指にかけて、痛みとシビレが出現。3ヶ月程前からは、足の痛みで歩くのも困難に。病院でMRIやCT検査の結果「椎間板ヘルニア」と診断され、手術を勧められる。しかし、出来れば手術は避けたいという事で、当院に来院。
レントゲンを分析してみると、骨盤・腰椎(腰の骨)の捻れ・傾きが大きく、体の中心線から大きく外れていた為に、手術をしても2〜3年以内に再発する可能性があると判断し、治療を開始しました。また、右手のシビレも5年程前から抱えているそうで、一緒に治療する事に。
治療は、骨盤・腰椎・頚椎(首の骨)の配列異常を正す事をメインに施しました。上図の様に骨盤・腰椎・頚椎の配列は正常に戻るとともに、左臀部〜親指の痛み・シビレと右手のシビレも消失しました。
ヘルニアに関して、病院では手術を勧める事が多いようですが、出来れば手術は“最終手段”と考えたいものです。


CASE2.



坐骨神経痛と左首〜肩甲骨にかけての痛み  69歳女性(当時)
5・6年続く右臀部(お尻)〜右ふくらはぎの痛みと、2週間前から続く左首〜肩甲骨(ケンコウコツ)の痛みでご来院。
レントゲン分析の結果、右臀部(お尻)〜右ふくらはぎの痛みは腰から右足に続く神経の出口が、骨盤・腰椎(腰の痛み)の歪みで狭くなり、神経を圧迫している為に出現、と判断。
左首〜肩甲骨(ケンコウコツ)の痛みに関しては、頚椎(首の骨)が全体的に右側に捻れ・傾いている為に、左首〜肩甲骨の筋肉が引っ張られている為に出現、と判断。
最先端骨格矯正治療継続後、上図の様に骨格配列は改善され、訴えておられた症状も消失しました。
骨格の歪みから、神経の圧迫や、筋肉バランスが崩れたりすると、様々な症状が出現します。


CASE3.



頭痛と股関節の痛み  38歳女性(当時)
上図の左側の頚椎(首の骨)・骨盤のレントゲンを見て頂くと、何本もの線が引かれ、右へ左へジグザグに歪んでいるのがお分かりになられると思います。
これは、とある整体院でレントゲン撮影もせずに骨格の治療を施した結果です。腰も首も無理矢理捻られ、「ボキボキッ」と鳴らされると、この様に大変複雑な歪みを作ってしまいます。この様に人工的に作られた骨格の歪みは、治るまでの時間も長くかかってしまいます。  
骨盤の歪みから、右足の付け根(股関節)に痛みが出て、頚椎の歪みから慢性的な頭痛が出ていました。最先端骨格矯正治療後、上図の様に骨格配列が改善すると共に症状も消えていきました。
自分で首や腰を無理矢理捻って「ボキッ」・「ポキッ」なんて鳴らしている方を、街中なんかでも見かけますが、あの行為は自分自身で骨格の歪みを作っているのです。もし、ご家族やご友人で「ボキッ」なんて鳴らしている方を見かけたら、止めてあげて下さい!

当院では坐骨神経痛の原因を突き止めてから治療して早期回復を促します。

ぜひ一度最先端骨格矯正サロン「いっしん」へご相談ください。


▲ページの先頭へ
当院へのお問い合わせ・ご相談
当院では、一人一人丁寧に問診し、的確な施術を行うべく、しっかりとアドバイスいたします。
どんなご質問でも親切丁寧にお答えしますので、安心してお電話ください!
お電話でのご予約・お問い合せなら、すぐに対応させていただきますので、
お待たせ致しません。

また受付時間外など、メールフォームでも受付けておりますので、
あわせてご利用くださいませ。
最先端骨格矯正サロンいっしん 〒560-0032大阪府豊中市蛍池東町3-5-3-1F

大阪府豊中市の交通事故治療・“歪み”を正す専門サロン

〒560-0032大阪府豊中市蛍池東町3-5-3-1F
受付時間
9:30〜13:00 休診 9:30-
15:00
9:30-
15:00
休診
15:00〜20:00 休診 休診
※当院は完全予約制となっております。ご連絡の上、ご来院くださいませ。

Copyright© 最先端骨格矯正サロンいっしん. All rights reserved.