TEL LINE

膝痛・変形性膝関節症 | 豊中市蛍池 骨盤矯正 猫背矯正 骨格矯正サロンいっしん

膝痛・変形性膝関節症

なぜ、様々な医療機関で
良くならなかった
膝痛・変形性膝関節症
当院の施術で良くなるのか?

\このようなお悩みございませんか?/
そのお悩みお任せ下さい!
膝痛の専門家
責任を持って施術致します!

医師の推薦

医学博士
吉村クリニック院長
吉村彰介先生
いっしんさんとは長年のお付き合いになります。
当院でレントゲンを撮影して、その写真を見ながら宮島先生が分かり易く説明して下さいます。
個人個人に合った的確で無理のない施術で
「長年の腰痛が改善された」
「猫背が治りました」等々
患者さんからの喜びの声をたくさん聴いております。
痛みやシビレはもちろん、骨盤などの歪み・猫背などの姿勢が気になる方は、骨格矯正の専門であるいっしんさんに相談される事をお勧めします。

来院したプロサッカー選手達の推薦

小西 洋平選手
ずっと治らなかった腰痛が、いっしんと宮島先生のお陰で、今では痛くなることがありません。
僕がサッカー選手としてケガなく思いっきりプレーできているのは、間違いなくいっしんのお陰です。
これからも身体のメンテナンスお願いします。
(元日本代表)
初瀬 亮選手
体が軽くなりました!
1回の治療で寝違いも治りました!
一美 和成選手
身体がすごい変化したのを実感しました!!
中原 彰吾選手
治療のお陰でパフォーマンスが上がりました!!
足の痛みも消えました!
(トゥーロン国際2019 U-22日本代表)
高 宇洋選手
体を改善したことでパフォーマンスが上がりました!

9カ月どこに行っても治らなかった膝痛が治り、階段が怖くなくなりました!

西原 美保子 様  女性・42歳・保育関係の仕事

最初は、どの様なお悩み(症状)がありましたか?

1月末自転車に乗って帰っている時に急ブレーキをかけた時に地面に着いた左足膝に激痛が走り、数日は歩くことができませんでした。病院、整骨院など色々な所でお世話になったのですが、膝・股関節が痛く痛みをこらえながら仕事や生活をしていました。痛みをこらえながら歩いている状態でした。

当院に通院されて上記のお悩みは、どの様に改善(変化)してきましたか?

保育所に40年間勤務しました。腰痛・背中の痛みは職業病と認識していました。この痛みは今後ずっと仲良く付き合っていかなければと思いながらマッサージなどに通う日々でした。しかし、9月いっしんさんで膝の痛みで治療してもらう事になり、確か1回目の治療後“あれ!腰・背中の痛みがない”と信じられないと思いました。
そして、膝の痛みで長い時間歩いたり、階段の昇り降りができなかったのですが、今では階段が怖くなくなりました。

お悩みが改善されて良かった事や嬉しかった事はありますか??

痛みがある時は日々が憂鬱になり笑うという事が少なくなり、痛みは取れるのだろうかという気持ちばかりでしたが、今では友人からもいい顔になったとか足の引きずりがなくなったとか声を掛けられます。今は本当に体と心が楽になりました。

同じようなお悩みをお持ちの方にメッセージやアドバイスをお願いします。

私の様に色んな所に行かれている方へ
もしまだ痛みや気分がスッキリしなかったらいっしんさんへ一度来られてみては!

当院に通院されてのご感想やご意見があればお書き下さい。

治療に入る前、最初に自分の骨格のレントゲンを見ました。生まれて初めて見た自分の骨格の歪みにとにかくビックリ!!レントゲンを見ながら院長先生から丁寧な説明を受けます。一人一人違うのでその人の治療をやっていきますねの言葉に納得ととても信頼できると思いました。
余談ですが
二人の先生たちはとても優しくステキです。
何故か何でも話したくなる、聞いてもらいたいと思うのです。(^0^)

※お客様個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

変形性膝関節症とは?

階段の昇り降りや歩行時に痛みを感じて整形外科を受診すると、膝のレントゲンを撮るのが一般的な診察方法です。そこで【軟骨の減少】や【骨の変形】が確認されると【変形性膝関節症】と診断されます。

病院では、変形性膝関節症と診断すると【ヒアルロン酸注射】をするのが一般的です。それを続けても良くならないと、人工関節にする手術を勧められます。

当院には、ヒアルロン酸注射で良くならず手術を病院で進められた方が来院されています。

一般的な施術で良くならないのは?

  

変形性膝関節症に対して、一般的に病院で行われる治療法は

・手術

・投薬(痛み止めの投与)

・注射

・運動療法

などになります。

次に一般的な整骨院では

・マッサージ

・電気治療

・鍼灸

が行われる事が多いです。

これらの治療・施術を受けても良くならならない方達が当院に来られる訳ですが、とりわけ「手術は避けたい!」といわれる方が多い印象です。確かに手術はせずに済めば、それ程良い事はありませんよね。

一般的な病院や整骨院での治療を受けても良くならない原因何か?それは、そもそも根本原因が違うケースが多いんです。では、どこに原因があるのか?

痛みの原因が膝に無い?

25年以上もの間、膝の痛みでお悩みの方をたくさん施術してきました。その中で気付いた事の1つに「膝の変形レベルと痛みレベルがイコールではない」という事です。

どういうことか簡単に説明してみます。

例えば、右膝の痛みを訴えていても、変形レベルが右膝より左膝の方が高い場合があったりするんです。当院では根本原因を探る為に、提携病院でレントゲンを撮影してもらうのですが、これを見る事で分かってきます。

その他では、杖を突かなければ歩けないほどの膝痛がある方でも、ほとんど膝の変形や軟骨の減少が無かったりするケースも多々あるんです。

これらの事例を考えると、一概に【膝の骨が変形しているから】・【膝の軟骨が減っているから】膝の痛みを感じるとはいえないという事です。

これらの事例から、患部(痛む部位)以外に根本原因があるのでは?と考えなければいけません。

その根本原因は、どこにあるのか?

ほとんどが腰部(骨盤・股関節)にあると考えています。

なぜ腰部の異常が、膝痛を引き起こすのか?その大きな理由は3つ。

①骨盤・股関節が歪む事で、膝関節の角度が歪む。

②骨盤の歪みから、脚の長さに左右差が出て、片側の過重が増加する。

③腰から出ている神経は脚(膝を含む)に繋がります。この神経が腰部の歪みで圧迫され、膝周囲の筋肉が正常に働かなくなる。

当院での改善法は?

他の医療機関で良くならなかった膝痛が、なぜ当院の施術で楽になる方が続出するのか?

それは、膝痛の根本原因へダイレクトに施術するからです。

一般的な整骨院や病院では、膝痛に対して膝周囲の検査・施術しかしません。
しかし、当院では患部だけでなく全体のバランスから膝痛の根本原因を割り出していきます。

骨格矯正サロンいっしんでは、入念な検査を基に割り出した原因に対して、骨格矯正専用の【ベッド】と【治療器】を利用して施術していきます。施術実績が豊富な担当者(院長:25年 副院長:16年)が、坐骨神経痛の根本原因に対してダイレクトに施術する事で、多くの方が膝痛から解放されています。

膝痛でお悩みであれば、私達にご相談下さい!
痛みを感じずに快適に過ごせていたあの頃に戻れるよう全力でサポート致します!!

念願のフルマラソン完走できました!(膝痛・ランニング)

※クリックで拡大します

山田 龍様 大工 37歳 男性

最初は、どの様なお悩み(症状)がありましたか?

健康のためランニングをはじめたけど、すぐヒザが痛くなり悩んでました。

当院に通院されて上記のお悩みは、どの様に改善(変化)してきましたか?

いっしんに通院してから徐々にヒザのいたみもマシになり、少しずつ走れるようになりました。

お悩みが改善されて良かった事や嬉しかった事はありますか??

ヒザのいたみが改善されて、念願のフルマラソンを完走できました!

同じようなお悩みをお持ちの方にメッセージやアドバイスをお願いします。

まったく走ることができないほどのヒザのいたみでもいっしんにかよって治すことができました。

当院に通院されてのご感想やご意見があればお書き下さい。

あきらめずに通えば治す事ができると思います。

※お客様個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

ビフォーアフター

治療の流れ

Step1 ご予約

当院は完全予約制です。
フリーダイヤル【0120-140-886】お問い合わせフォームからご予約下さい。
予約フォームからの場合は、折り返し確認の電話を入れさせて頂いております。

Step2 レントゲン撮影

早期改善の為には、“根本原因”を分析する必要があります。身心のお悩みの“根本原因”を科学的に分析する為に、当院では提携病院にて骨格配列分析用のレントゲン撮影をして頂きます。
※レントゲン撮影の前に、“無料 歪みチェック”を行う事も可能です。
“無料 歪みチェック”をご希望の方は、ご予約の際お申し付け下さい。

Step3 問診・説明

当院では、インフォームド・コンセントを徹底しています。
どの様な事にお悩みなのかを、しっかり時間をかけて問診させて頂きます。
そして、レントゲンから導き出された身心のお悩みの“根本原因”を分かり易く説明させて頂きます。

Step4 治療

レントゲンから導き出された“根本原因”である骨格の歪みに対して、最先端骨格矯正を駆使し改善していきます。

Step5 確認

治療継続後に、2回目のレントゲンを撮影。
初回のレントゲンと2回目のレントゲンを見比べる事で、治療の“結果”を患者様“ご自身の目”でもご確認いただけます。